正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

ブログ「おやじの独り言」の記事の地図には、永定河、壕、盧溝橋、苑平県城、一文字山、豊台などの位置が、示されており、とても分かりやすいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/moai33jp/26208316.html






Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし20盧溝橋事件2 反撃開始


これは「責任なし19盧溝橋事件1 日本軍銃撃さる」の続きです。


 一木大隊長は攻撃の許可をとった後、スッキリした気持ちで戦闘準備をしようとすると、嫌な人間がやって来ました。桜井29軍顧問です。彼は事態を不拡大に揉み消してしまうからです。

 一木大隊長も不拡大なのですが、不拡大の意味が違っていました。桜井顧問の方は戦闘をせずに丸め込むことが最良と考えてるのですが、作戦部隊の方は「それでは駄目だ、中国人はガツンとやらなければ、増長して却って悪くなる」という考えだったのです。

 そこで、一木大隊長は桜井顧問に「今度という今度は断固やりますよ」というと、桜井顧問は「イヤ今度は止めやせん。ただちょっと貴方にお話しておかにゃならん事があるんです」と切り出しました。

 「ここに来る前、私は秦徳純に会いました。ところが先方は『城外には一兵も配置しておらん』と言うんです」
 「そんな事は絶対ありません。現に…」

 「まー、私の話を聞いて下さい。それでもし城外で銃声がしたと言うなら、それは29軍の兵士でなく匪賊かもしれん。便衣隊の仕業かも知れん。あるいは西瓜畑の番人が泥棒と間違えて撃ったかも知れない、と言ってるんです」。

 「そんな馬鹿な…」 
 「まー待って下さい。それからこうも言っとるんです。もしかしたら29軍の兵士かも知れない。だとしたら上司の命令を聞かないワカラズヤどもだから、攻撃しようと討伐しようと、日本側のご自由に、とこう言うんです」

 「へー」
 「そこで私の意見を申し上げますと、宛平県城には一般民衆も住んでいますから、どうかこの城だけは攻撃しないで下さい」

 「承知しました。宛平県城に対しては銃先を向けません。その代わり城外にいる匪賊か便衣隊か西瓜泥棒か判らんやつは攻撃します」
 「そうして下さい。じゃあ私は宛平県城に入りますから」と言って二人は別れました。

 宛平県城に軍使一行が入り、中国軍営長金振中と話している時に戦闘が始まりました。
 第四回目の銃撃を受けたので、これをきっかけに反撃を開始したのです。
 時に昭和12年7月8日午前5時30分


 このため、交渉は打ち切りとなり、軍使は人質状態になりました。
 寺平補佐官は、人質状態の間、一旦始まった戦闘をいかにして停止させるかを考えていました。

 そこで考えついたのが、永定河を挟んで兵を別けるという方法です。日本軍を東側に、中国軍を西側にです。近くにいたら撃ち合いを始めますので、鉄砲の弾の届かない、この位の距離が必要なのです。

 これを金振中に話すと「同感です、これが一番理想的な解決方法でしょう」と賛成しました。ところが「ただ私はこの地区の警備を任されています。私が西側に行くと、職場放棄で命令違反となります。従って私の一存では動けません」と言ったのです。

 そこで北京に行って、話しをつけることになりました。

‐‐‐‐

 一方、日本軍の方は、中島から反対岸まで進んでいました。この間、日本軍が相手していたのはれっきとした中国軍です。西瓜泥棒などではありません。

 戦闘が始まったとき、宛平県城の中国兵は日本軍に向かって発砲しました。桜井顧問が「撃つな」と言っても聞きません「仲間が殺されるのを黙って見ておれるか」と憤っていたのです。

 それなら最初から「外の兵は中国兵」と認めていれば、こんな事にはならなかったのに、最初から認めていれば、謝罪だけで済んだものを。なぜか中国は嘘をつくわけです。そして事態をややこしくさせます。


 憲兵分隊長赤藤少佐は竜王廟一帯の敵陣地を視察し情報資料を探索しました。

 下士官らしき死体があったので書類ぐらい持ってるかも知れないとポケットを探らせると、手帳が出てきました。そこには直系上官氏名がずらっと書いてあったのですが、その中に、一つ気になる事が書いてありました。

 「諸情報を総合するに、日本軍は最近の機会において、演習の名目の下に宛平県城を奪取する企図を抱いているようである。
 この情勢はここ数日来、とくに緊迫したものが感ぜられる。
 該地の警備に任ずる部隊は、昼夜間断なく至厳なる警戒を実行し、防務の完璧に最善の努力を傾倒する事が肝要である」

 こんな訓示が出てるもんだから、にわかに堤防上の陣地を強化したり、夜間、配備についたりして、こんな事になったのか、と赤藤少佐は理解しました。

つづく










●関連記事

責任なし19 盧溝橋事件1 日本軍銃撃さる
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27071508.html


盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)1
なぜ日本軍が支那の盧溝橋付近で演習をしていたのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22260211.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)2
「盧溝橋事件」とその後に続く日支全面戦争は支那共産党が計画的に行なった根拠
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22301264.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)3
8日四回目の銃撃で反撃開始・『盧溝橋事件』寺平忠輔著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22324391.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)4
毛沢東、周恩来、小平、劉少奇(葛西純一)
「共産党が戦争を起こした!」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22327852.html








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

coffeeさん、記事の紹介感謝です。
宜しければ、このrekisisiranaiさんの書かれた掲示板のアドレスなど教えていただければと思います。

2007/11/4(日) 午後 11:49 もあい。 返信する

もあいさん。海外ニュースカテに有った「日本の戦争責任」というトピックだったのですが、今は落ちてなくなりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26285763.html

2007/11/5(月) 午前 0:34 coffee 返信する

顔アイコン

ここで登場する一木清直少佐(当時)は、後のガダルカナル攻防の先陣を切って、誤情報によって全滅・戦死してしまった部隊長です。勇猛で知られましたが、ガダルカナルではそれが裏目に出てしまいました。残念です…英霊に敬礼!
傑作クリ

2007/11/5(月) 午前 2:07 カラカラ 返信する

顔アイコン

盧溝橋事件についてはあまり自信がなかったので、色々勉強になります。でも見知った名前の軍人が出てきて、歴史のつながりが色々見えて面白いですね。 削除

2007/11/5(月) 午前 3:36 [ たか ] 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2007/11/5(月) 午前 5:08 [ 平和主義者 ] 返信する

なるほどねえ・・・・・、続きを楽しみにしてますよう!期待してますよう。

2007/11/5(月) 午後 1:22 [ ネオ若狭 ] 返信する

さっそくもあいさんのブログに飛んでみよう〜傑作 くつくり

2007/11/5(月) 午後 7:10 naomi_shararan 返信する

顔アイコン

私も飛んでみよう〜 削除

2007/11/5(月) 午後 7:29 [ y2 ] 返信する

顔アイコン

頭の中に地図を描けるまで読み込みます。

しかし南京のまとめも・・orz

大傑作

2007/11/5(月) 午後 11:27 [ - ] 返信する

カラカラ帝さん。お詳しいですね。
傑作クリ、ありがとうございます。

2007/11/7(水) 午前 7:25 coffee 返信する

[ たか ]さん。ありがとうございます。
これから更に面白くなってきます。

2007/11/7(水) 午前 7:26 coffee 返信する

[ 平和主義者 ]君。

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2007/11/7(水) 午前 7:27 coffee 返信する

[ y2 ]さん。その前後の記事も是非ご覧下さい。

2007/11/7(水) 午後 10:56 coffee 返信する

[ ossanzetto ] さん。ご愛顧ありがとうございます。
大傑作にも大感謝です。

2007/11/8(木) 午前 0:39 coffee 返信する

顔アイコン

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

君、狂ってない?

2008/8/5(火) 午前 4:31 [ 甲梨 ] 返信する

[ 甲梨 ]君
全然狂ってませんが、何か(・0・)?

2008/8/6(水) 午前 8:17 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事