正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

■写真【クリックすると拡大】
当時の上海バンド(埠頭近く中心街)。
上海は人口300万人で米、英、日などの共同租界とフランス租界があった。
1937年8月、支那軍は、共同租界(国際租界)の日本人居留区を包囲攻撃し、更にホテルやデパートを爆撃した。







Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし26 蒋介石が仕掛けた上海戦


これは「責任なし25 揚子江上流邦人引揚げ」の続きです。


 盧溝橋事件が起こると、蒋介石は本格的に戦争準備を始めました。

 そして、上海の外側の非武装地帯に、ドイツ軍将校指導の下、トーチカを築き、上海から南京に至る途中にはヒンデンブルクラインなる防御線を構築したのです。

 その上で、上海の外側に、遠巻きに保安隊を配置し、徐々に包囲網を狭めていました。
 これには8月6日、同盟通信上海支局長の松本重治氏が遭遇しています。

 松本氏は第一報を東京に打電したのですが、翌日、海軍武官室から呼び出され《戦争を煽る様な記事はイカン、今後もこの様な記事を書くなら上海から退去させる》と警告を受けました。当然この記事は没になります。

 その頃、保安隊の進出で戦争を察知した住民は外国租界へと避難を始めていたのです。
 これを裏付ける物として、毎日新聞社刊『大日本帝国の戦争2太平洋戦争』に8月6日の日付けで“住民が外国租界へ避難している”写真があります。

 一方、そんな事とは知らない日本は、通州で日本人居留民260人が虐殺されたにも拘わらず、中国へ和平の話を持ちかけていました。それも中国が呑みやすいように大幅に譲歩してです。

その内容は

(1)塘沽協定の解消
(2)梅津−何應欽協定の解消
(3)土肥原−秦徳純協定の解消
(4)冀察政権の解消
(5)冀東特殊貿易の廃止
(6)非武装地帯海面の中国側密輸取締りの恢復
(7)華北における自由飛行の廃止
(8)中国側が要求すれば上海停戦協定をも解消

というものです。

 ところが、中国は、和平会談の予定されていた8月9日に、海軍陸戦隊の大山中尉を惨殺して、これをぶち壊しました。
 実は、この日は、揚子江の奥地から居留民が陸戦隊ともども上海に引揚げて来ていた日です。

 大山中尉一行は、周辺地区の巡回に行き、虹橋飛行場近くの越界路で、進出していた保安隊に遭遇し殺されました。

 日本側は中国に抗議するのですが、向こうは日本に責任をなすりつけて、取り合いません。
 「大山中尉が中国兵の止めるのも聞かず、衛兵を拳銃で撃ち殺して飛行場に押し入ったので射殺した」と言うのです。

 大山中尉は拳銃を携帯しておらず、運転手の斉藤水兵は持っていましたがホルスターに入ったままで殺されているのにです。
 車は機関銃で蜂の巣にされ、その後中尉は、車から引きずり出されて、銃剣で胸を刺され、かつ大刀で頭を割られています。

 中国側の態度に危険を感じた海軍は、警備の為、陸軍の応援を要請するのですが、参謀本部の石原少将は《上海に陸軍を出すと戦火が拡大するので出せない》と断りました。

 仕方がないので海軍は、陸戦隊を1200名程増派します。
 ところが追加の陸戦隊が上海に着いた8月11日には、既に日本人居留区は保安隊に包囲されていました。

 そして、この日の夜、中国は上海付近の鉄道を抑えて、民間の使用を禁じ、軍用に切り換えて、上海に12万の大軍を送り込み、12日には通称日本租界を包囲し、保安隊に取って代わったのです。

 当時、上海にいたのは海軍陸戦隊四千名のみで、とても中国の大軍を相手に出来ません。
 そこで改めて陸軍の派遣を要請しました。

 またこの日、中国は上海の大河“黄浦江”に船を沈めて川を封鎖し、次いで揚子江の江陰という所にも船を沈めて川を封鎖しました。
 この為、最後の引き揚げ船は揚子江を下る事が出来ず、総領事達は一旦南京に戻り、陸路、列車で青島に脱出せざるを得なくなったのです。

 緊迫した情勢の中、13日、政府はやっと陸軍の派遣を決めます。
と言っても、これから準備するのですから、到着するまでに約20日は掛かります。
従って「絶対に先に手を出すな」と指令しました。

 ところが、この日、中国は既に上海への攻撃を開始しました。
 そして翌14日には上海市街を爆撃したのです。
 爆弾はキャセイホテルやパレスホテル等にも落ち、中国人や西洋人に大量の死傷者を出しました。

 あまりの暴虐さに日本政府は「暴支膺懲」を宣言し、海軍は台風の中にも拘わらず、日本本土から直接爆撃機を飛ばして、中国軍の飛行場や前線基地を叩き、邦人の命を永らえさせました。

 これが第二次上海事変の始まりであり、長く続く戦争の始まりです。

つづく










●関連記事

責任なし25 揚子江上流邦人引揚げ
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27283988.html

「第二次上海事変」(上海戦)
8月9日大山中尉惨殺事件→8月13日支那大軍が国際租界日本人居留区包囲攻撃→8月14日支那軍機がホテル爆撃→日本が「暴支膺懲」宣言→日本海軍が『渡洋爆撃』
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/23844075.html



1937年7月〜8月
反日テロの嵐・大山中尉惨殺事件・支那大軍が国際租界の日本人居住区域を包囲攻撃
第8章上海、その問題点
『シナ大陸の真相1931〜1938』K・カール・カワカミ7
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14535408.html
支那軍が上海の外国人区域を爆撃
外国の干渉を誘発するために空爆した支那が世界から同情
第9章ジュネーブ・ブリュッセル会議を拒否した日本の立場
『シナ大陸の真相1931〜1938』K・カール・カワカミ9
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14751885.html
支那軍が上海のホテルやデパートをわざと狙って爆撃して日本軍の仕業と逆宣伝
戦時下での虚偽
第12章 誹謗中傷運動
『シナ大陸の真相1931〜1938』K・カール・カワカミ13
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/15080822.html






ちなみに、同盟通信上海支局長の松本重治という奴は、コミンテルンの工作員(反日共産主義スパイ)だった。

これに関しては、三田村武夫著『大東亜戦争とスターリンの謀略』に詳しく述べられている。

1938年、松本重治は、萱野長知と孔祥熙(行政院長)などが纏めていた日支和平工作に対する破壊工作を行なった。

萱野長知と孔祥熙らの間で進めていた和平は、近衛首相、板垣陸相、蒋介石なども承知していた。

しかし、それを知った松本重治と国民政府の高宗武は、日本政府に対して、「支那側に全然戦意なし、このままで押せば漢口陥落と同時に国民政府は無条件で降伏する」と伝え、一方の国民政府に対して、「日本側に戦意なし、支那が飽迄抗戦を継続すれば、日本側は無条件で停戦、撤兵する」と伝え、その和平工作をぶち壊した。








人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00〜24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

最後には正義が勝つような気がする。もちろん正義は日本です。
「正しい歴史認識」に傑作!!

2007/11/10(土) 午後 11:44 虎巨人88 返信する

♪你ニイ (b´∀`d) ハォ好♪

蒋介石は將の器じゃ無かった。悲劇の始まりですね。

傑作・ランクリ

2007/11/11(日) 午前 0:07 honron 返信する

顔アイコン

余りにも自分の尺度で外交を考えていますね。この頃から現在まで外務省は無能なのでしょう。
通州事件などの不法行為を咎めるどころか譲歩してしまっては却って支那人に間違ったメッセージを送るような物です。
当方が譲歩すれば相手も譲ってくれるだろうという考え方は日本人の間でのみ通用する考え方かも知れません。
特に支那人は「あいつ等は徹底的にチキンだ」と考えて傘にかかってきます。
当時北支で戦火が拡大しなかったのは日本が3個師団増派したからですね。
その為に戦力の均衡が崩れた上海で戦争を仕掛けられたのでしょう。
戦力の均衡を保つ事は大事な事だという歴史的教訓です。
永田町は拳々服膺せよ。
傑作ポキ

2007/11/11(日) 午前 0:56 [ - ] 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2007/11/11(日) 午前 2:29 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

サヨは大山中尉の殺害を口実に日本軍が上海を侵略した。
と言うんですが、12万の大軍で4千人の守備隊を包囲した
蒋介石の侵略の事はスルーします。まるで日本から
援軍を呼んで来いと言ってるようなものです。ア○です。

傑作

2007/11/11(日) 午後 8:46 [ - ] 返信する

顔アイコン

>まるで日本から援軍を呼んで来いと言ってるようなものです。
ossanzettoさん、いいとこ突いていますね。
まさにその通りなんです。
当時第一次世界大戦の戦訓から塹壕に立て篭もる防御側が圧倒的有利と見做されていました。
日本から増援されてくるであろう援軍を第一次上海事変の停戦協定を破って構築した塹壕線と2万ヵ所以上のトーチカ陣地に誘い込み殲滅しようというのが蒋介石=ファルケンハウゼンの作戦計画でした。
この先は珈琲さんの続編を待ってみましょう。

2007/11/11(日) 午後 11:57 [ - ] 返信する

顔アイコン

>>平和主愚者
まぁ・・・・勝手に同じ文を人生が終わるまで書いてろや
まわりはあんたの事を永遠にシカトするつもりだから 削除

2007/11/12(月) 午前 1:21 [   ] 返信する

「一方、そんな事とは知らない日本は、通州で日本人居留民260人が虐殺されたにも拘わらず、中国へ和平の話を持ちかけていました。それも中国が呑みやすいように大幅に譲歩してです。」


旧日本軍は偉かった★ 傑作 くつくり

2007/11/12(月) 午前 1:40 naomi_shararan 返信する

顔アイコン

ナオミさんと同意です☆傑作・クリック☆

2007/11/12(月) 午前 9:47 fan*as*99w*rl*77 返信する

顔アイコン

松本重治は毛沢東の、というよりスターリンの工作員だったのですね!…関西の大財閥の出なのに…傑作クリック!

2007/11/12(月) 午後 10:19 カラカラ 返信する

顔アイコン

kanazawa 殿

解説有難う御座います。ちなみに近代戦の軍事知識ほとんど0です。
孫子の兵法なら多少解りますが(^^)

2007/11/12(月) 午後 11:34 [ - ] 返信する

[ kanazawa_sanetoki2004 ]さん。まさにそれが現実です。
昔も今も変わりません。
傑作ポキ ありがとうございます!

2007/11/13(火) 午前 7:27 coffee 返信する

[ 平和主義者 ]君。

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2007/11/13(火) 午前 7:32 coffee 返信する

[ ossanzetto ]さん。

>サヨは大山中尉の殺害を口実に日本軍が上海を侵略した。
>と言うんですが、12万の大軍で4千人の守備隊を包囲した蒋介石の侵略の事はスルーします。

お〜!サヨの言い分も良くご存知のようですね。
たった4千人の(しかも海軍)の陸戦隊が、敵の大軍によって包囲攻撃されているのに、侵略だなんて笑っちゃいます。
傑作どうもです。

2007/11/14(水) 午前 0:50 coffee 返信する

まったく、怒りが込み上げてくる話です。上記の8ヵ条の譲歩内容は具体的には詳しくは分からないのですが、支那にとって利益になる事ばかりだったというのは何となく分かります。それを蒋介石はブチ壊しにして。国民党も共産党もロクデナシですね。後、松本重治という奴も初耳ですが、「ゾルゲ事件」で処刑された尾崎秀実(おざきほつみ)と同類ですね。「傑作」!

2008/3/5(水) 午後 5:56 [ - ] 返信する

顔アイコン

そもそも日本軍が南京に侵攻したのは、一九三六年、張学良が蒋介石を西安で拉致監禁した西安事件をきっかけに、コミンテルンの指導で第二次国共合作が成立したことで、国民党政府軍は中国共産党への攻撃をやめ、国民党政府軍に共産党勢力が入り込み、日本軍を挑発して、日本を戦争へ引きずり込んでいったことが背景にある。

一九三七年七月七日、中国盧溝橋付近で北京議定書に基づき合法的に駐留していた日本軍の軍事演習中に、日本軍とその近くにいた国民党政府軍の双方に対して実弾が発射されたことをきっかけに、戦闘状態になった(盧溝橋事件)。
この双方への発砲は、後に中国共産党国家主席となった劉少奇(りゅうしょうき)が指示したものであることを、彼自身が告白している。事件不拡大を望んだ日本軍は、その四日後には停戦協定を結んでいる。
apaから引用

2017/2/26(日) 午前 7:20 [ 日中国交正常化45年南京80年に学ぶ ] 返信する

顔アイコン

ランクリ、転載させていただきました。
歴史的背景がふせられ日本だけが悪者です。
映画「太陽の帝国」などでも。知らぬは罪です。

2018/4/25(水) 午前 8:13 [ いかづちまる ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事