正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

映画「靖国」が公開、満席


映画「靖国」が公開=抗議行動なく満席で−東京・渋谷
5月3日12時0分配信 時事通信

 賛否両論が集まっているドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」(李纓監督)が、「憲法記念日」の3日午前、東京・渋谷のシネ・アミューズで全国に先駆けて公開された。2つのスクリーン(計214席)を使い、毎日4回上映するが、初回は午前9時前には観客が列を作り、すぐに満席になった。
 周囲は右翼団体の抗議行動などもなく、平穏な中で上映開始。終映後、会社員の花田信一郎さん(47)は「左右どちらの立場でもそれなりに考えられる作品」と印象を語った。また、大学生の田中善之さん(22)は「なぜこの映画で自主規制するのか分からない。タブーのようになっている靖国神社の問題を考える機会になると思う」と評価した。
――――――





出演者を騙して出演させたり、靖国神社の撮影禁止のモノを撮影したりしたままでの上映は許せない。

上映しても良いが、その場合には最低限、刀匠の登場部分および靖国神社から指摘のあった不当映像を削除しなければならない。

それと、やはり助成金を返還するべきだろう。

上の時事通信の記事で、この映画を評価している奴は、この映画の問題点を全く理解していないアンポンタンだ。



映画「靖国」騒動のウソ・すり替え・ダブルスタンダード

http://www.youtube.com/watch?v=ZyjPENa01CE







【正論】再論「靖国」 国学院大学教授・大原康男 アンフェアな製作手法も露呈
2008.4.23、産経新聞

 とうに靖国神社の桜の花も散って、花見の喧噪もどこかへ消えてしまい、新緑薫風の境内は再び静かなたたずまいをみせているというのに、映画「靖国 YASUKUNI」(李纓監督)をめぐる論議はまだ収まりそうにもない。

 その基調音は、上映を予定していた映画館が相次いで中止に踏み切ったことで表現の自由が危うくなるという懸念だが、新聞各紙が指摘しているように、それは日教組の集会を拒絶したホテルの対応と類似したケースである。

 したがって、映画館側の過剰な自己規制がそもそもの原因であるにもかかわらず、自民党若手議員らで構成されている「伝統と創造の会」(会長・稲田朋美衆院議員)が求めた上映の動きがその契機となっているとし、「政治介入」を非難する方向に論点がずらされてしまった。

 稲田議員が9日付本欄で指摘した通り、この映画には文化庁の所管する日本芸術文化振興会の「芸術文化振興基金」(642億円の原資のうち530億円が政府出資金)から750万円の助成金が交付されており、助成するにふさわしい映画であるかどうかを判断するための材料を得ようとしたに過ぎない。

 つまり、国会議員の国政調査権に基づく適法なものであって、有村治子参院議員が3月27日の参院内閣委員会で文化庁の文化部長に対し、交付に関わる審査の手続きや経緯を厳しく質(ただ)したのも同じ根拠に立っている。

 この映画に対する評価は人によって区々(くく)であろうが、何といっても、3人のキャストのうち2人は「小泉首相靖国神社参拝訴訟」の原告であり、しかも、その1人は現在係争中の「靖国神社霊璽簿等抹消訴訟」の原告でもある。

 ≪刀匠への重大な裏切り≫

 彼らの主張を正面から繰り返し取り上げ、思う存分しゃべらせているのを見れば、「政治的、宗教的宣伝意図を有するものを除く」と規定する助成金交付の「基本方針」に明白に抵触していると言わざるを得ない。

 有村議員の長時間にわたる追及に文化部長はまともに答弁することができず、審査が驚くほど杜撰(ずさん)であったことが明らかになり、最終的には「助成金返還の是非」の検討が求められたのは当然のことといえよう。

 有村議員による一連の質疑の過程で初めて公にされたことだが、残る1人のキャストであり、かつて「靖国刀」と呼ばれた日本刀を製作したことのある高齢の刀匠は、キャストになることを「全く知らされておらず」、また「美術品として純粋に靖国刀匠のドキュメンタリーとして撮りたい」という出演依頼の際に受けた説明と出来上がったものとは内容が違っているとして、自分が映っている「映像を一切外してほしい」と希望しているという。

 李監督は「承知しているのに(有村議員が)変心させた。許せない介入だ」と矛先を有村議員に向けて反論したが、思わぬトラブルに巻き込まれた老刀匠は重い口を開いて「監督はもう信用できない。出演場面をカットしてほしい」と明言した(4月11日付毎日新聞)。刀匠の夫人も有村議員の電話による問い合わせによって「影響をうけたことはない」と答えている(同日付東京新聞)。

 ≪道義的責任も加わる≫

 事実がこの通りならば、この映画が刀匠の気持ちをはなはだしく踏みにじったものであることは間違いないが、一方、映画の舞台となった靖国神社も4月11日に「撮影許可手続きが順守されていない」うえに「事実を誤認させるような映像等が含まれている」という理由で監督と配給会社に対して問題映像の削除などを求める通知を行った。

 おそらく、撮影が認められていない霊璽奉安祭や遊就館内部の無断撮影と靖国神社のご神体を日本刀と誤認している点を指しているのだろうが、こうした不誠実でアンフェアな手法によって製作された映画そのものの道義性も厳しく問われねばなるまい。重ね重ね公的助成に値する作品ではないというほかない。

 最後に一言。多くのメディアや文化人・各種団体などが今回の上映中止を激しく非難しているが、彼らは旧ソ連の樺太侵攻によって貴い命を失った9人の乙女を描いた「氷雪の門」がソ連の圧力によって上映中止になった昭和48年に同様な声をあげたのか。

 今回、いち早く抗議声明を発した映画演劇労働組合連合会は平成10年に封切られた「プライド−運命の瞬間(とき)」の上映中止運動を展開したのではなかったか。この点をとくと尋ねてみたい。












「上映しても良いが、刀匠の登場部分および靖国神社から指摘のあった不当映像を削除しろ!」
「出演者を騙して出演させたり、靖国神社の撮影禁止のモノを撮影したりしたままでの上映は許せない!」
「助成金を返還しろ!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします

この記事に

閉じる コメント(50)

顔アイコン

靖国神社の存在自体が言論の自由や民主主義に真っ向から反逆するものなのに、恥知らずのウヨクどもは利用できるものなら何でも利用する。

靖国神社や国家を批判できる自由が言論の自由なのに言論弾圧をして、自分達は歪曲宣伝をしている。過去に中国韓国に日本がしたことを反省しない言論が、どうして言論の自由になるのか。

ウヨクは言論弾圧をしながら言論の自由といっている。

2008/5/6(火) 午前 1:40 [ poi**t_pe*mitte* ] 返信する

顔アイコン

日本人としてなぜなら70年の前アメリカから受取った爆弾を食いました?理由は旧日本軍のアジアの侵略の所為。。。。 削除

2008/5/6(火) 午前 11:27 [ ] 返信する

顔アイコン

今中国の首脳の訪日はどう思いますか氷を溶かすたび? 削除

2008/5/6(火) 午前 11:48 [ そう ] 返信する

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2008/5/6(火) 午後 0:29 coffee 返信する

[ mattkanakeroyon ] さん。
平気で露骨なダブスタを行うマスコミ、映画関係者、その他の反日勢力には、本当に腹が立ちます。

2008/5/6(火) 午後 0:37 coffee 返信する

[ aikeiall ] さん。

>カットが無理ならば、パンフレットに詐欺行為の詳細を簡潔に説明した紙を加えるべき。

それも一案ですね。
でも、カットなんて簡単に出来るはずです。

>文化庁の無能さ・・・・いや、文化庁に半日分子でも混じってるんじゃないのか!?
>返還要求はもちろん、少なくても助成金交付に関する責任者の判び押された書類は公開すべきでは。

同感です。
これはするべきです。

>いまさらながら田原総一郎はテレビ界を去るべきででしょう。

同感です。

2008/5/6(火) 午後 0:41 coffee 返信する

[ johndoethepasserby ]さん。
残念でしょうが、カネを出して観に行ったら、敵の思う壺だと思います。
観た人の感想も芳しくないので、観に行かなくて正解です。

2008/5/6(火) 午後 0:45 coffee 返信する

なら、何故、サヨクは「南京の真実」を取り上げないんですか?
可笑しき猿固痔。
言論弾圧してるのは恥知らずのサヨクだろw
ウヨクがいつ、どこでどんな風に上映を妨害したのか実際にみてもいないくせに妄想だけで批判するなんて、よっぽどの礼儀知らずか
暇人ですね。ウヨクが嫌いだからってコーヒーさんに絡まないでよね。それと、痔はイボ痔ですか?早く治るといいねwww
別にウヨクを好きになってくれなくても結構ですが。
勝手にしろ!
まあ、わかりますけどね。あなたの気持ちは。
コーヒーさんに絡みたくて仕方ないんでしょw
けなげで可愛いね☆

2008/5/6(火) 午後 4:27 nag*1*ak*yuki 返信する

[ 靖国神社は取り壊せ ]

>戦争を推進させた戦争犯罪人を合祀させた靖国神社は取り壊すべき。

オマエ、馬鹿だろ。
戦争を始めて継続・拡大させたのは、支那、ソ連、米英などだ。

日本には戦争犯罪人は居ない。

靖国神社の年表・元戦犯の合祀の背景や経緯など
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9934017.html
(一部抜粋)
●1951年、サンフランシスコ平和条約調印。大橋武夫法務総裁「戦犯は国内法においてはあくまで犯罪者ではない」
●1952年、木村篤太郎法務総裁が戦犯の国内法上の解釈についての変更を通達。戦犯拘禁中の死者は全て「公務死」として、戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」に。(平和条約で戦争犯罪の撤回を認め、戦犯は国内法上の犯罪者とみなさず)
●1953年、「戦傷病者戦没者遺族等援護法の一部を改正する法律案」(遺族援護法)が衆議院にて全会一致で可決。「遺族援護法」の改正により、「戦犯」とされた人々を国内法上での犯罪者とはみなさず、その死を「戦争による公務死」と認定

2008/5/6(火) 午後 4:59 coffee 返信する

顔アイコン

言論弾圧してるのはやっぱりウヨクだと思う。
日本の旧悪を暴露する本が出ると、すぐに発禁にさせようとしたり、言論自体を押しつぶそうとする。街宣車で毎日おしかけられたらやめるしかない。従軍慰安婦問題や南京大虐殺関係、「レイプオブナンキン」のときもそうだった。
人権や民主主義が嫌いなくせに、中国や韓国を非難するためなら平気でそういう言葉を振り回す姿が醜い。 削除

2008/5/6(火) 午後 6:22 [ asian ] 返信する

顔アイコン

>asian
あなたの言っていることは非常におかしい。
言論弾圧だなんて言う前に、中国や韓国が日本に対して
あれほどひどい反日行為をどうして行うのか、
頭を冷やしてよ〜く考えてみてください。
戦後、日本の歩みは他国から見たら賞賛されべきではあっても
非難される筋合いのものではありません。
人権や民主主義があるからこそ、あなたもこうして好きなことが
書けるんでしょ。
竹島を不法占領している韓国で「竹島は日本のものだ」あるいは
中国で「中国には人権がない」と叫んでみてください。
そういう体験をしないとあなたには人権とは何か、民主主義とは
どういうものか分からないと思いますから。 削除

2008/5/6(火) 午後 8:18 [ HH ] 返信する

とある筋の情報で この映画、後日ユーチューブでも アップされるそうです。映画館で見るとサヨクの利益になるので絶対に見ません。

でも・・・匠や靖国神社さまの気持ちを考えると・・
coffeeさまのお考えは ごもっともですね。 傑作くつくり

2008/5/7(水) 午前 0:25 naomi_shararan 返信する

[ nikkyousokyuusai ] さん
支那人の金儲け=犯罪
です。

2008/5/8(木) 午前 2:12 coffee 返信する

顔アイコン

映画制作スタッフが殆どシナ人で日本から助成金を出すのに相応しいものになる訳がありません。日本を貶める勢力に文化庁はもっと敏感であるべきだと思います。

2008/5/8(木) 午前 7:15 haz*k*73ry 返信する

[ 猿固痔 ]

>何の権限があってそんなことを要求するんだ。

肖像権というのもあるが、基本的人権で十分だ。

>ところで昨日幕張メッセで開幕した「9条世界会議」は大盛況で会場に入り切れない人が3000人以上もいたぜ、護憲派は着実に広がりをみせている。

へ〜。
で、それが、何か(・0・)?

>自分たちが気に食わない映画や集会を暴力的に妨害したり恫喝することしか能がないなんてあまりに情けなくないか?

何か暴力事件でもあったの?
逮捕者出たの?

2008/5/8(木) 午前 7:49 coffee 返信する

[ poipet_permitted ]

>靖国神社の存在自体が言論の自由や民主主義に真っ向から反逆するものなのに、・・・

ハァ?
意味不明。
戦犯のこと?
●1953年、「戦傷病者戦没者遺族等援護法の一部を改正する法律案」(遺族援護法)が衆議院にて全会一致で可決。「遺族援護法」の改正により、「戦犯」とされた人々を国内法上での犯罪者とはみなさず、その死を「戦争による公務死」と認定

>過去に中国韓国に日本がしたことを反省しない言論が、どうして言論の自由になるのか。

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html

2008/5/8(木) 午前 8:01 coffee 返信する

[ 総 ]君

>日本人としてなぜなら70年の前アメリカから受取った爆弾を食いました?理由は旧日本軍のアジアの侵略の所為。。。。

君は、[ 平和主義者 ]のお友達かい?
日本は、アジアを侵略していないよ。

事変で領土を要求せず、支那に有利な和平案を何度も何度も提出
現地住民は日本側についた
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/18196773.html

20世紀前半、日本を虐めまくった米国
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8285224.html
米国の対日嫌がらせの歴史と日本人が生きるための開戦
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8387340.html
我らが祖先の偉大な功績
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8446589.html

2008/5/9(金) 午前 1:20 coffee 返信する

[ そう ]さん

>今中国の首脳の訪日はどう思いますか氷を溶かすたび?

国際社会からの非難を誤魔化す旅
日本に何かをたかる旅

2008/5/9(金) 午前 1:21 coffee 返信する

[ asian ]君
「レイプオブナンキン」は、日本の旧悪を暴露する本だから発禁させようとしたのではないだろ。
あれは出版しようとした側が明らかな間違いの訂正を求めても、アイリス・チャンが聞き入れなかったから出版できなかっただけ。

2008/5/10(土) 午前 1:36 coffee 返信する

[ HH ]さん
[ asian ]の相手してくれてありがとう。

2008/5/10(土) 午前 1:39 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


みんなの更新記事