正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

真実の歴史を認識し、国益最優先の外交や日本の核武装の実現を目指します。維新政党・新風を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「支那」は世界の共通語
【私の正名論】評論家・呉智英
2008.5.14,産経新聞

必ずや名を正さんか。孔子の言(げん)だ。名は言葉。言葉が正しくないと社会も文化も混乱してしまう。迂遠(うえん)なようでもまず名(ことば)を正す(正名)のがすべての基本である。

その孔子の故国に批判が噴出している。農薬まみれの野菜、毒入りギョーザ、少数民族抑圧、過剰な愛国主義…。批判も当然。私はこれに同調する。しかしまず名を正すべきだと思う。

昨夏、中国食品という会社が倒産した。健全な経営の食品会社であったが、農薬汚染食品の輸入会社だと誤解されて製品が売れなくなったのだ。この会社は広島にある。社名が中国食品で何の不思議もない。中国放送、中国新聞、中国電力、中国ガス、中国銀行…これらは全部日本の中国にあって、支那にあるわけではない。知名度の高いこれら公共企業であれば特に誤解も起きないが、それ以外の、岡山や広島や山口など中国にある中国何々といった会社や団体がみんな迷惑している。中国は「中国」、支那は「支那」とすれば、こんな混乱は起きるはずはない。中国食品も倒産などせずにすんだのだ。

この混乱の責任はどこにあるのか。第一に「中国」を日本に対してだけ強要する支那。第二に、この異常な主張に諾々として従い、言論機関にこれを強制した昭和二十一年当時の外務省。第三に、この言論抑圧に屈するのみならず、これをなにか「民主的な」改革だと正反対に勘違いしている自称良識人たち。この三つが連動して混乱をもたらしているのである。

詳論しよう。

まず第一の点。「支那」禁止は理不尽な言いがかりである。「支那」という言葉は最初の統一王朝の「秦」に由来し、世界中でその近似音で支那を呼んでいる。支那人自身が支那を「支那」と呼んだ記録もあり、清朝の公的文書にも「支那」は出てくる。しかし、かつての朝貢国である日本には自分たちを世界の真ん中にある国「中国」と呼ばせたいのである。

第二の点。「支那」が抹殺されたのは、戦後の混乱期である昭和二十一年六月の外務省次官・局長通達による。支那は形式上アメリカを中心とする連合国の一員であり、日本に対して戦勝国である。その力関係を背景に「中国」を強要してきた。外務省は従順にそれを受け入れ、各言論・報道機関に「支那」を禁止し「中国」を使うように通達を発した。その中にこんな文言がある。「今度は理屈抜きにして先方の嫌がる文字を使はぬ様に」。占領下では、正当な理屈さえ禁じられていたのである。

第三の点。明白な言論弾圧を、自称良識人たちは、侵略戦争への反省や民族差別解消の名目で歓迎した。二十世紀末まで支那を植民地支配していたイギリスでもポルトガルでも「チャイナ」「シーナ」と呼んでいることを知らないふりで。また「中国」が差別的な自国中心主義を意味することも知らないふりで。そもそも外務省通達の存在を、これは本当に知らないのである。

私は四十年前の全共闘の学生だった頃からこの不合理を批判し、支那は「支那」だと言い続けてきた。最近やっと「支那」解禁の動きが出てきた。六十二年前の言論抑圧通達は無効だと外務大臣に言わせる議員はいないのだろうか。






正論だ!





●関連記事

岡山市の「中国食品工業」が自己破産
社名が支那(中国)を連想?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/24697364.html

「支那」呼称を非難される謂れはない
「中国」「中華」は差別語だが、「支那」「シナ」は差別語ではない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/23060967.html

(一部抜粋)


結論から言うと、「中国」「中華」は差別語であり、「支那」が正しい。

支那人の伝統的な文明観は「中華主義」というやつで、これを「華夷秩序」と言う。

これは差別そのものだ。

「中華主義」「華夷秩序」という差別文明観を取り込んだ「中国」という国名を認めて使用することは、満州やモンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮などの周辺諸国を「野蛮な種族の地」と認めて呼ぶことを意味する。

「支那」「シナ」は差別語ではなく、「シーナ」(オランダ語、ポルトガル語)や「チーナ」(サンスクリット語)や「チャイナ」(英語)と同じなのだ。



支那の「国父」といわれる英雄「孫文」も日本に入国した時、国籍は「支那」と書いていた。


支那人が、「中華人民共和国」や「中国」と呼べと言う相手は、日本以外にあるのか?

日本以外の国は、「チャイナ」や「シーヌ」や「シーナ」で良くて、日本だけに「シナ」から「中国」に変更しろと言ってるのではないのか?

支那が日本に、「中国と呼べ」と言って来たのは、終戦の翌年1946年だった。

米国のお蔭で「戦勝国?」となった国民政府(蒋介石)が、占領統治で主権のなかった日本に対して要求したのだ。

「日本では敗戦直後の1946年に中華民国からの要望により、支那を中国と呼ぶように外務省から通達が出され、公務員が公務を行っている時のみは支那を使うことや公共電波での支那呼称は禁止されている(当時の外務省局長級通達による)。
ただし、上記通達で禁止されているのは「国名としての『支那』」呼称のみであり、歴史的・地理的および学術的呼称の場合は必ずしも従う必要はない。
上記通達でも「東シナ海」「支那事変(日支事変)」などの名はやむを得ないとされている(現実には支那事変は日中戦争に取って代わられた)。」




また、「支那」という言葉(表記)は、大昔からあった。

「支那」という表記を発明したのは古代シナ人だった。

――――
"支那"原是"Cina" 的音譯,是古代印度対古代中国的称呼,最早出現在梵文佛経中。梵文Cina進入不同的語言中,其読音変化不大,譯音是"China"、"支那"、"脂那"、"至那"或"震旦"。1999年5月7日付けの「人民日報、支那源流考」
――――
中国でも仏典や、「宋史」などに支那という語が使われているそうだ。北京かわら版 1999年3月 第90号 雑学 中国を繙く24「支那」は本当に悪くない言葉か(1) 櫻井澄夫(元JCB北京事務所所長)
――――




梵語(サンスクリット語)
チーナ,ティン

漢訳仏典
支那,脂那,チナ

フランス語
ラ・シーヌ

英語
チャイナ

ドイツ語
ヒーナ

イタリア語
ラ・チーナ

オランダ語
シーナ

ポルトガル語
シーナ

スペイン語
チナ

日本語
支那,シナ





参考

まず、「シナ」の語源ですが、支那史上最初の統一帝国「秦」(チン Ch'in 前221-207)から来ています。
この「チン」(秦)がインド(サンス クリット語)に伝わり、「チーナ」(Cina)・「ティン」(Thin)となり、更にヨーロッパへ伝わり、「シーヌ」(Chine 仏語)・「チャイナ」(China 英語)と変化していった訳です。
そして、戦前の日本で広く使用された「支那」もこれと同様で、梵語(サンスクリット語)の「チーナ」がインドの仏典と 一緒に支那に逆輸入されたもので支那人自身が「支那」・「脂那」と表記したのが起源です。
つまり、支那側が侮蔑用語としている「支那」の表記は、支那自身が編み出したもので、日本人は中世以来終戦までそれを借用していたに過ぎないのです。
また、日本人が使用していた「支那」が侮蔑用語だというならば、「シーヌ」も「チャイナ」も侮蔑用語となる訳で(語源は全て同じなのだから)、支那が自国の英語表記を「People's Republic of China」(支那人民共和国)とする事自体矛盾している訳です。

「中国」の呼称に潜む真の意味について書いてみようと思います。
支那の現国名「中華人民共和国」の「中華」ですが、この中の「華」とは古代支那の王朝「夏」が起源で、「中夏」とも書かれました。
そして、「中国」・「中華」の「中」とは、「世界 の中心」を意味しており、「中華」とは、「世界の中心である夏(華)」と言った意味なのです。
そして、この「中国」・「中華」とは裏を返せば、支那周辺の国々は「野蛮で非文化的な未開な地」と言う意味も込められています。
これが「中華思想」と呼ばれるもので、支那の周辺国は方角によって、東夷・西戎・南蛮・北狄と呼ばれました。
勿論、私たちが住む日本も例外ではありません。
「邪馬台国」や「女王卑弥呼」で有名な「魏志倭人伝」も、正式には「魏志東夷伝倭人条」と言います。
つまり元来、日本人が支那の事を「中国」と呼ぶ のは大義名分からしても不自然な訳で(あの「広辞苑」にもそう書かれています)、支那側が自国の呼称としている「中国」(及び「中華」)は、逆の意味で「支那」以上に侮蔑用語なのです。








『中華』『中国』は差別語、『支那』『シナ』が正しい世界の共通語だ!
と思う人は、↓クリックお願いします↓


人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑

この記事に

閉じる コメント(126)

[ 龍虎 ]さん
援護のコメントありがとうございます。
助かります。
内容的にも説得力があります。

2008/5/23(金) 午後 9:14 益荒男 返信する

[ johndoethepasserby ] さん

>申し遅れてましたが、私の支那認識は、宮崎市定の影響を多分に受けています。
>彼の亜細亜史は、実に見事です。

そうですか。
将来、私も勉強いたします。

2008/5/24(土) 午前 3:08 益荒男 返信する

はまかかさん

>シナ呼称を中国にうんと言わせるならばやっぱ中国を潰すしかないんじゃないですかね?

別に何が何でも支那にうんと言わせる必要はありません。
日本が自分の意思でマスコミや公務においても「支那」を使用すれば良いだけの話です。

2008/5/24(土) 午後 1:51 益荒男 返信する

はまかかさん

>敗戦国で理不尽な要求を突きつけられてない国があるんでしょうか?

日本は、日清戦争や日露戦争や第一次世界大戦などに勝利しましたが、第二次世界大戦後にアメリカや支那やソ連などが日本にしたような理不尽な要求を清国やロシアやドイツなどにしませんでした。

2008/5/24(土) 午後 2:10 益荒男 返信する

顔アイコン

日清、日露は日本が勝ったって言っても・・・・。

2008/5/29(木) 午後 6:24 ham**aka30*0 返信する

顔アイコン

はまかかさんへ
敗戦国で理不尽な要求を突きけられてない国なんてあまりないと私も思います(アメリカ以外)。
ここでの議論とちょっとずれているかもしれませんが、古代から近世・近代に至るまで負け戦は悲惨。オデュッセイアなど読むと負けた国の人は即、奴隷。蒙古襲来の時は壱岐・対馬の女・子供が手の甲にあけた穴に縄だか鎖だか通され繫がれてかの国に行きました。
日本はず〜っと謝り続けてきました。呆れるくらいに。それにつけこんでくるのが漢民族の習性なのです。仕事上彼等と接する機会がありますが、言い過ぎじゃないのと思うくらい断固として主張しないとなめられます。いかにして騙そうかって考えている彼等ですから。
数年前から、差別主義者と人に指さされてもいいと居直る事にしました。でも皆が同じ考え方だったらこれも怖いですね。色んな考えの人がいるから日本はいいんだと思います。
私は、はまかかさんと違った意味で支那とは呼びたくないのです。その名にふさわしい国?になってからと思ってます。

2008/5/30(金) 午後 10:34 [ おてもやん ] 返信する

顔アイコン

おてもやんさん
私もきっと、おてもやんさんのスタンスに近いと思います。支那には学ぶべき事が多々ありますが、中国にはありません。漢族に対する人種差別の心に揺らぐときもあります。
しかし、その一線だけは越えないように、必死で堪えています。

2008/5/30(金) 午後 10:58 [ joh*do*t*epa*ser*y ] 返信する

顔アイコン

johndoethepasserbyさん
コメントありがとうございます。私は十代の頃、支那の歴史・文化に惹かれ本を読み漁っていました。漢人に生まれたかったと思ったくらいです。今では考えられないことですが。

2008/6/1(日) 午前 2:28 [ おてもやん ] 返信する

顔アイコン

おてもやんさん
支那には良いところも沢山あります。ただ、その最も良い所をきちんと学び、今日に伝えているのは、日本だと思います。碌でもないところばかりが目立つのが、現代「中国」なのです。私も、中国を実際に体験してみて、つくづく、そう思いました。
また、支那の「忠実」な弟子である朝鮮は、ある意味、もっと悪いかもしれません。
日本人は、支那に対しても、欧米に対しても、その最も良質な部分のみを受け入れ、自らの精神の糧にして来た世界でも稀有の民族だと思います。

2008/6/1(日) 午前 3:02 [ joh*do*t*epa*ser*y ] 返信する

顔アイコン

johndoethepasserbyさんの仰るとおりだと思います。

2008/6/1(日) 午前 11:17 [ おてもやん ] 返信する

顔アイコン

おやおや、しばらくPCから離れていましたが、私の前回のコメント以降、こんなに続いていたとは・・・。

>凄い啖呵の切り方ですね。でも、正論です。

Johndoethepasserbyさん、私に賛同して下さり、今更おくればせながら、どうもありがとうございました。本当に、はまかかさんはミジメったらしいですね。

>アナタの態度がジャパニーズクール?新たな世界のスタンダード?ギャグでしょう?

なんて、小学生のガキじみた捨て台詞なんか吐いちゃって。人を幼稚だと罵倒しておきながら、こんなしょうもない事言ってるはまかかさんは、幼稚ではないとでも言うのでしょうかねえ?まったく、一体誰がそんな事言ったんだか。ちゃんと書いた事を読めというんですよ。いくら悔し紛れにしても、これは程度が低過ぎるでしょうに・・・・。 削除

2008/6/4(水) 午後 8:50 [ 龍虎 ] 返信する

顔アイコン

実は、美しい日本こそが「中華」ですね

2008/6/11(水) 午前 0:26 [ 親日支那人 ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。
g(http://gsns.seesaa.net/)です。

勉強になります

2008/7/18(金) 午後 2:54 [ - ] 返信する

顔アイコン

You can say whatever you want to satisfy yourself. Who cares? Most Japanese will use 中国 as ever. 削除

2008/8/7(木) 午前 10:34 [ haha ] 返信する

[ haha ]
I want all Janpanese people to sey SINA.
I think many Janpanese people say SINA in the near future.

2008/8/10(日) 午前 2:50 益荒男 返信する

顔アイコン

俺も大賛成だ!なぜなら江戸時代は使っていなかった、中国を唐(から)と読んでいた。支那という言葉を使ってた時代、中国が清国から中華民国になってから特に昭和は、支那事変、南京大虐殺、731部隊、毒ガス兵器、万人抗等々を思い起こされる倭国の倭寇軍による中国侵略の時代と重なる。支那と聞けば連想するのは、悪魔の中国侵略の事。使ってくれ!大いに支那を使ってくれ!未来永劫、倭寇軍が残虐な殺戮を繰り返した中国侵略を忘れない為にも支那という秦がなまった支那という語を使ってくれ。秦、漢、唐、宋、明、清とかいろいろ王朝の名があるのに「秦」のなまった支那を使うというならどんどん使ってくれ!残虐なジャップの軍隊、倭寇軍の残虐な殺戮を繰り返した中国侵略を未来永劫忘れな為にその当時の中国の日本での呼称を使い続けてくれ!未来永劫ジャップへの憎しみを忘れないように支那を使い続けてくれ!

2008/8/25(月) 午後 0:27 [ - ] 返信する

[ launchedthisuniquegadget ] 君

>支那事変、南京大虐殺、731部隊、毒ガス兵器、万人抗等々を思い起こされる倭国の倭寇軍による中国侵略の時代と重なる。支那と聞けば連想するのは、悪魔の中国侵略の事。

支那事変は支那が仕掛けて支那が継続・拡大させた戦争。

いわゆる「南京大虐殺」の犠牲者数はゼロ(0人)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/28371069.html

【731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)】
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/13578503.html

69・支那軍による虐殺9・違法毒ガス使用で住民諸共殺害
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11546935.html

2008/8/30(土) 午前 5:25 益荒男 返信する

顔アイコン

内藤湖南の支那学は、
京大の学宝とまで呼ばれましたね。

「中国」と呼ばせたがるのは、
満・蒙・回・蔵の支配権を正当化したがるからでしょう。

傑作、ピカッ☆!&Wランクリ!

2008/11/1(土) 午後 11:24 tatsuya11147 返信する

返礼TBさせてもらいました。

2008/11/16(日) 午前 11:09 [ - ] 返信する

顔アイコン

TBしときます。
ランクリ!

2009/5/28(木) 午前 1:00 tatsuya11147 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


みんなの更新記事