正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

支那大陸から日本へ稲作が直接伝来した裏付けとなる「RM1-b 遺伝子の分布と伝播」。日本の各所に点在するRM1-b遺伝子。
支那大陸では多くの品種に、RM1-b遺伝子を持つ稲が見付かったが、朝鮮半島ではRM1-b遺伝子を持つ稲は見付からなかった。

↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
https://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





5月9日(土)、4月26日(日)に放送されたNHKの『プロジェクトJAPAN ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」 第1回 古代 人々は海峡を越えた』の再放送を見た。
●番組HP
ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」
第1回 古代 人々は海峡を越えた
http://www.nhk.or.jp/japan/program/prg_090426_3.html




噂どおり、滅茶苦茶な内容だった。

ツッコミどころ満載で、1日では書ききれないため、今回は序盤部分の「水田稲作技術の伝播」と「紅花栽培や染色の技術の伝播」について反論し、中盤以降の「任那」や「鉄製品」などについての反論は後日改めたい。







●水田稲作技術の伝播に関する虚偽

ナレーション
「日本と朝鮮半島。その本格的な交流は米を作る技術を通して始まります。日本最古と言われる水田跡で発見された炭化米です。佐賀県菜畑遺跡です。復元された水田・・・。こうした水田稲作の技術はどのようにして日本にもたらわれたのでしょうか。それを探る手掛かりが福岡市で発見されました。菜畑遺跡とほぼ同じ時期の集落、板付遺跡です。集落の一角から現れた水田・・・。1994年、この遺跡の近くから人骨が見つかりました。……こうした顔立ちは大陸や朝鮮半島の人々に良く見られます。」
「大陸や朝鮮半島からもたらされた水田稲作の技術。それによって始まった日本列島の社会変動。古代、日本と朝鮮半島は玄界灘を通じて絶えずつながっていたのです。」





つまりNHKは、朝鮮半島から日本列島に水田稲作技術が伝播したと言いたいらしい。

しかし、これは真っ赤な嘘だ。

水田稲作技術は、朝鮮半島から日本列島に伝播したのではなく、日本列島から朝鮮半島に伝播したことが確定している。



水田稲作技術が日本から朝鮮半島に伝播したとする理由は主に2つ。1つは遺伝子工学の研究の成果で、もう1つは支那政府機関が20年以上かけて行った品種の調査だ。この2つが決定打になり朝鮮半島経由で日本に米が伝来した可能性がなくなった。

まず、近年、炭素14年代測定法によって、日本の稲作の方が朝鮮半島よりかなり古いことが判った。日本の稲作開始は陸稲栽培で6700年程度前まで、水稲栽培で3200年程度前まで遡ることが判明した。
これに対し朝鮮半島では水稲栽培は1500年程度前までしか遡れない。


次に、米には品種特性を決定づける遺伝子が7種類ある。

稲作の発祥地とされる支那では、NO.1からNO.7まですべて揃っている。

日本の場合、古代から現代に至るまで日本で発見された遺伝子は温帯ジャポニカと熱帯ジャポニカの特有遺伝子2種類しかなく、それぞれNO.1とNO.2としよう。

朝鮮半島の米はNO.2からNO.7までの6種類が揃っているが、NO.1だけは存在しない。これは気温が低いと存在できない遺伝子のため支那北部より北では存在できないためだ。
この辺の事情は「栽培稲に関する種生態学的研究」(松尾孝嶺著)に詳述されている。

往来が盛んになればなるほど、多くの種類の遺伝子の米が入る確率が高まるが、日本には2種類しかなく、これが稲作開始の初期から広く分布したため、米の伝来はごく限られた地域から限られた回数しか伝来していないと考えられる。

日本の米の起源と推定される支那南部の地域は熱帯ジャポニカも温帯ジャポニカも同時に存在しているので、両者を1品種ずつ持ってきたと考えられる。

往来回数が多くなると別遺伝子品種が紛れ込む可能性が高くなるので、古代人が遺伝子選別技術を持っていない限りはこの地域だけから流入したと考えるしかない。

一方、朝鮮半島の米はNO.2からNO.7までの6種類が揃っているが、NO.2の遺伝子が70%を占めるので、米が朝鮮半島に導入された初期段階でNO.2の遺伝子が多く伝わっていなければならない。
日本から2種類の米が朝鮮半島に伝播したものの、NO.1の温帯ジャポニカ種は朝鮮半島に根付かずNO.2の遺伝子のみが広まり、そこに支那大陸から米が入ってきて、NO.2の遺伝子を持つ米と交雑したと考えると朝鮮半島の米の遺伝子の説明が付く。

支那大陸にはすべての遺伝子が満遍なくあるので、特定の種類の遺伝子だけを多く朝鮮半島に伝えるのは無理だ。

また、朝鮮半島の水稲栽培は、九州北部と栽培法が酷似していることや、遺伝子学的に日本の古代米に支那大陸から入った米が交雑した米が多いことなどから、水稲は日本から朝鮮半島へ、陸稲は満州経由で朝鮮半島へ伝わったことが判明した。支那政府の研究機関でも調査が進み間違いないという結論だ。

●詳細な関連記事
日本から朝鮮半島への米の伝播について
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12585608.html



NHKが主張するように、福岡市の田んぼの遺跡から渡来人の人骨が出土したことは、朝鮮半島人が日本列島に稲作を伝えた証拠には全くならない。

ちなみに、揚子江河口の漁労民などは、何千年も前から今日に至るまで断続的に九州に流されて来ている。







●染色技術の伝播に関する虚偽

ナレーション
「長年に亘る調査によって、3〜4世紀、ここ(奈良県桜井市の纏向遺跡)がヤマト政権と呼ばれる政治勢力の中枢だったと考えられています。」
「この春から遺跡の中心地の発掘が始まりました。その周辺で紅花の花粉が見つかっています。衣服を紅く染める染料だった紅花。その栽培や染色の技術は、当時の日本にはありませんでした。」

桜井市教育委員会の橋本輝彦
「今考えられてますのは、朝鮮半島あるいは中国を経由した人がこの纏向の場所に入って来て、紅花の栽培の技術的指導、あるいは染物の指導をやっていたのではないか。」





番組では紅花栽培や染色の技術が朝鮮半島から伝わったと言いたいようだが、これも真っ赤な嘘だ。

――――
【正論】筑波大学大学院教授・古田博司 増殖する韓国の「自尊史観」
2008/12/17 産経新聞

≪「チャングム」のまやかし≫
(一部抜粋)
ドラマでは李朝時代は色彩にあふれているが、ほんとうは顔料がないので民間に色はない。中国の清朝でも日本の江戸時代でも陶磁器に赤絵があるが、朝鮮には白磁しかないのはそのためで、民衆の衣服が白なのも顔料が自給できないからである。民芸研究家による「朝鮮の白は悲哀の色」というのも、今では真っ赤なウソである。上流階級だけは中国で交易する御用商人から色のある布を買っていた。
――――



つまり、朝鮮には16世紀になっても衣服を紅く染める技術がなかったのだから、3〜4世紀に染色技術があったわけがない。




この番組は、この後、スタジオで、NHKの石澤典夫キャスター、笛木優子という韓国通の女優、立命館大学名誉教授の山尾幸久、韓国のホンイク大学教授のキム・テシクの4人の会話を中心に進行されていく。




●「日本人が朝鮮半島に先進文物を求めた」という虚偽

キム・テシク
「ヌクト(韓国南部の島)から日本の弥生人たちが住んでいた痕跡が発掘されています。当時の日本人が積極的に先進文物を受け入れようとして、ヌクトに住み付いていたのです。」
「1〜3世紀にかけて日本列島に小国が沢山生まれました。そうして国々は勢力を拡大するために大陸や朝鮮半島に先進的な文物を求めました。しかし、小さな国ではより多くの優れた文物を手に入れることは困難でした。そこで他の国よりも優位に立つために小国の連合体が整えられて行きます。その過程で、3世紀頃、日本列島に大和政権が形成されたと思われます。」





韓国人の妄想炸裂!

日本人が朝鮮半島に先進的な文物を求めていたって・・・


;`;:゛;`(;゜;ж;゜; )ブッ♪

・゜・(ノ∀゜)・゜・ブワッハッハッハ




人類史上、朝鮮半島が日本列島よりも先進地域だったことは一度たりともない。
●詳細な関連記事
土器、鉄器、水稲、勾玉、前方後円墳…
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12625685.html







この後、山尾幸久やキム・テシクなどは、
「『日本書紀』も、高句麗の『広開土王碑文』も、両方とも嘘だ。」
「『日本書紀』や『広開土王碑文』には【任那などが日本に服属した】と書かれているが、そんな事実はない。」
「日本は伽耶から鉄製品を得るために、人間(労働力)を伽耶に提供した。」

などというキチガイ説を唱え出す。

それらに対するツッコミは、明日以降に改めて。








「嘘吐きは、朝鮮人・支那人・NHKの始まりだ!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
https://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

閉じる コメント(91)

顔アイコン

東アジアのみならずすべての国際交流の歴史を紐解く際、私たちはその時々の交流のベクトルによる国家間、或いは民族間の優劣の是非をエポケーしなければならないと思います。そうすることが、新たな交流の一面とその意義付けの発見につながると思います。

私は、古代大陸の先進文化のほとんどが、朝鮮半島を経由して倭(日本)にもたらされたと思っています。しかし、だからといって「朝鮮から文化が伝わったのだから朝鮮は凄かったのだ」とか、「日本は文化をもたらした朝鮮に感謝しなければならない」というような短絡的な考え方をすることは、非常に嘆かわしいことだと思います。文化を伝えたことを誇るのではなく、人的・文化的交流によって日本・朝鮮における古代王権・社会・文化はどのような影響をそれぞれ受けたのか、それによって当時の国際情勢はどのように推移し、どのように規定されていたのか、このようなことを考えて然るべきだと思います。NHKの番組もそのような視点に拠って見れば、仮にNHKがあなたの批判するような意図で放送を行っていたとしても、ほとんど惑わされる人はいないのではないでしょうか。

2009/5/16(土) 午前 3:06 [ moresleep ] 返信する

顔アイコン

眠男氏よ、真実に目覚めなさい
・稲作の遺伝子の観点から言っているのに、栽培方法や工具なんか関係ないって。
・古墳壁画に色が付いてたって、当時の古墳は支配者階級のみが作れるもんだ。だから当然書かれているものも支配者階級の服になるのは当たり前だろう?。それどころか、戦前の写真を見たって韓国一般民の服には色なんか付いてないじゃん。
・相互に交流は有るとしても、旺盛な情報収集意欲、開発意欲、仕上げへのこだわりは一貫して常に日本が勝っていた。これは事実であり、差別でもなんでも有りません。
それを一方的にベクトルをつけようとした、これはいけない、という論法ですが、そんな事を言っているのではなくてcoffeeさんが言っているのは、本来の日本の業績に対するごく正当な史実の提示とそれにふさわしい自然な評価を取り戻そうとしているだけで、それを朝鮮が劣等だと言っていると妄想に耽るはおかしいと思うよ。それと自分はあなたみたく暇人じゃないから、これ以上くだらないレス付けるのは控えてね。

2009/5/17(日) 午前 6:36 [ hermitsum ] 返信する

顔アイコン

NHKOBの人が「NHKを正す会」を結成し、
今回の件に抗議するため署名活動をしている
趣旨に賛同してくれる方は署名お願いします
http://www.shomei.tv/project-1030.html
−呼びかけ文より−
NHKに対し良識ある国民の思いを突きつけるため当署名サイトを立ち上げました。
NHKが私たちの批判に誠実に対応しない場合は受信料の支払いを停止する計画であり、
ご賛同いただける場合は当署名サイトで
ぜひともNHKへ「NO!」を突きつけていただきたく、お願い申し上げます。
−−

2009/5/17(日) 午前 11:21 [ aaa*nin*_a*a ] 返信する

顔アイコン

この方は
今回のデモ(5/16開催)にも参加されたそうだ
http://nhk-tadasukai.iza.ne.jp/blog/entry/1025142/
今日、桜チャンネル主催のNHKの抗議するデモに参加しました。
私は学生時代から「左がかったこと」は嫌いで、デモ行進は75歳にして初めての体験でした。
しかし約1500人の参加者。デモの前の文化講演会でNHKが未だに反省していない偏向放送の数々を知りました。
今度の「台湾」番組でも新事実の手がかりを得ました。
順次、このNHKを正す会のホームぺージでお伝えしながら、
あの「偏向番組」の「作り直し再放送」を要求して戦います。

2009/5/17(日) 午前 11:22 [ aaa*nin*_a*a ] 返信する

顔アイコン

「眠男」さんよ[ gwi*_na*ki ] さんの言う通りだね

揚げ足取りの正論気取りではいけない!
朝鮮やNHKまで擁護したいのだろうが、真意を読まずして自分の色眼鏡で批判ばかりすべきではない。
荒らし行為として通報され兼ねないですよ…もしくはあなたに批判が帰って集中するかも

2009/5/17(日) 午前 11:58 [ izu*o*aeg*kitu*a*omi ] 返信する

顔アイコン

眠男さんへの[ hermitsum ]さんの意見にも同感!
まったくそのとおり!!!

2009/5/18(月) 午後 6:37 [ izu*o*aeg*kitu*a*omi ] 返信する

顔アイコン

16世紀に染色技術がなかったのは、4世紀に無かった証拠にはならないという主張に賛成します。
青磁が代表例でしょうが、彼の地は過去に持っていた技術でも時とともに失いまくっていますから。
一方で「染色技術が日本に伝わったのは朝鮮からである」という証拠は、今のところどなたも提示していないように
見受けます。 削除

2009/5/19(火) 午後 1:52 [ 雑魚 ] 返信する

顔アイコン

>hermitsumuさん

>coffeeさんが言っているのは、本来の日本の業績に対するごく正当な史実の提示とそれにふさわしい自然な評価を取り戻そうとしているだけで、

だから、そのcoffeeさんの主張に関して、少なくとも古代朝鮮における染色技術の有無については何ら論証できていないということを述べているのです。

中世に技術がなかったからといって、古代も同じだとは限りませんし、高句麗の装飾古墳における顔料の存在や描かれた人々の服飾、『日本書紀』おける記述がそれを裏付けているといっているだけです。

身分差による服飾の差異や、「旺盛な情報収集意欲、開発意欲、仕上げへのこだわり」なんぞは私の論旨とは関係ありません。染色技術を当時の朝鮮が保持していた可能性が高いということを立証すれば、十分にcoffeeさんの反論として成り立ちます。

2009/5/19(火) 午後 9:58 [ moresleep ] 返信する

顔アイコン

>izumoyaegakitumagomiさん

まったく意味がわかりません。どこが揚げ足取りなのか、説明してもらいものです。

>雑魚さん
染色技術全般が伝わったというのではなく、NHKで放送されたのは染料としての紅花の伝来についてのようです。弥生時代から植物を用いての布を染めるということ自体はしていたでしょうから。ちなみに紅花は、7世紀はじめに高句麗の僧曇徴が伝えたという説が最も有力らしいです。

参照HP:http://www.lib.yamagata-u.ac.jp/benibana/mame.html

2009/5/19(火) 午後 9:59 [ moresleep ] 返信する

顔アイコン

紅花の渡来についても大陸からの直接輸入の可能性についてお考えになったほうがいいんじゃないですか。呉から来たから呉の藍、くれないです。
紅花の花粉が大量に発見された古墳、藤ノ木古墳は六世紀に作られたものですが、曇徴が日本に来たのは七世紀。
紙の起源も同様のことが言えて、七世紀以前にも日本各地ですでに作られていたそうですよ。
ところで、日本では例によって平安期以降、織も染色も国内で独自の変化を遂げ、堅牢度や染色の技術そのものが非常に上がるにつれて忘れられた原始的な技術が、朝鮮ではまだ使われていたりして、染色をする人間としてはなんだかタイプスリップをしたようで面白いですよ。そういう朝鮮の技術を見て、温故知新できるのは非常に楽しく、ありがたいと思ってます。
それから、壁画の人物の衣服に使われた色=実際に着用された衣服の色、ではないでしょうね、多分。
染料の色数よりも、顔料の色数のほうが当時少ないですし。 削除

2009/6/26(金) 午後 11:44 [ おら ] 返信する

顔アイコン

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2009/8/8(土) 午前 5:40 coffee 返信する

顔アイコン

[ moresleep ]=眠男
あれ?
ブログを閉鎖したの?
閉鎖する必要は全くないと思うのだが、どうして閉鎖するんだろう?

水稲稲作が日本列島から朝鮮半島に伝播したことは間違いない。
染料が朝鮮半島にあったというが、色の付いた服は上層階級の一部が支那から入手していた。
染料もはっきりしているところでは、常に日本列島の方が朝鮮半島より先進していた。
古代朝鮮半島にある染料の痕跡も、もしかすると日本列島から伝播したのかもね。

余談だが、高句麗は、朝鮮の国でも支那の国でもなく、北方民族の国だから。

2009/8/8(土) 午前 6:33 coffee 返信する

顔アイコン

皆様
いつもコメントありがとうございます。
全てのコメントを拝読させて頂きました。
ご賛同、応援、助言、情報提供、指摘、非難など、今後の参考にさせて頂きます。
また、「傑作」クリックや、「ブログランキング」クリックをして下さった皆様、本当に本当に大大感謝です!!
今後とも、よろしくお願い致します。

2009/8/8(土) 午前 6:35 coffee 返信する

顔アイコン

皆さん、

大陸と島嶼の関係は、私の感じでは、

自然的なもの
黒潮に乗って、インドネシア→フィリピン→台湾→(南)九州
熱帯稲作、漁業関連の南方縄文人(偶然)

人為的な物
古古代では、サハリン(樺太)→北海道→本州(縄文人)
中国浙江省→北九州→朝鮮(弥生人)

古代では、 中国南部 → 北九州(古古代から連続)
稲、その他の食料
中国北部→朝鮮→北九州(日本歴史時代直前)
製鉄、養蚕、武器

今、私は、この仮説の正しさを色々な角度から見当しています。
言葉、顔立ち、自然条件

2009/12/15(火) 午後 6:06 [ 出野行男 ] 返信する

顔アイコン

敗戦ヒステリー。
「帝国は悪くない!」
それだけの思考停止。とにかく都合の悪い歴史を否定する。
番組の内容は正しいと考える。それがどうして大和民族の恥なのか!
歴史は単純ではない。時代により国家・文化の進捗度は“進んだり遅れたり”があたりまえである。
終戦に言い訳せず、自決した“将兵”の潔さを汚す“国賊”どもの書き込みは嘆かわしい。
このような国賊が増えてしまったこと、
平和を希求される陛下になんとお詫びしてよいか、申し訳なさで一杯である。 削除

2009/12/31(木) 午前 11:27 [ 救国 ] 返信する

顔アイコン

とにかく、以下を直ちに止めるべきだ。

1.言い訳
2.都合の悪い歴史は無理にでも否定・改ざん

とかく最近の若い者は、過去の言い訳ばかり。未来を考えていこうという姿勢が全くない。
「悪いのはそっちだ…その歴史研究はまったくデタラメだ…」と。

“怒り”のレベルが、
あたかも…隣接中学の生徒同士のケンカ…である。

北鮮などはもともと相手にする必要はないし、
韓国に存在する“言い訳ばかりの自称愛国者”も無視すればよい。

大方の韓国・中国の国民は、基本的に反日ではない。一部の過激な“自称愛国者”が目立っているだけだ。報道ではそういった者達の蛮行しか映らぬから、全員が反日だと思い込んではいないか? 削除

2009/12/31(木) 午後 0:16 [ 救国 ] 返信する

顔アイコン

若者よ、実際に海を渡れ。交流経験がないから、闇雲に反中・嫌韓に
なっているだけだろう。

行けばわかるのだ。自分の数えきれぬ程の経験では、
一年中“竹島”のことを考えている韓国人は、皆無に近かった。
日本人だから“難癖をつけたい”と考えている中国人も皆無に近かった。

現在の祖国を信じ、陛下の望まれる国際の友好を推し進め、国家の発展に邁進すべし!
また、中国・韓国とのつまらぬ対立は、北鮮を利するだけである。この点も良く考えることだ。 削除

2009/12/31(木) 午後 0:18 [ 救国 ] 返信する

顔アイコン

自分は別のWebサイトで、以下を訴えたことがある。

「自分たちが正しいというのなら、ソウル市庁舎前の公園で、北京の街頭でその意見をのべてみよ」

その返答たるや、
「…民度の低い国民に何をいっても…」
「へーとにかくあいつら○○なんだよ、おまえ在日だろ! でなきゃチャ○コ○だろー」

まったく恥ずかしい。日本もここまで落ちたか。

これでは“怖くて”、安全なネットや国内のみで、同好の志をあつめて、戯れているだけの臆病者である!

双方の“自称愛国者”たちに言いたい。
実際に会って“紳士”に語らえ。
私の経験では、白熱すれども、後腐れはなかった。 削除

2009/12/31(木) 午後 0:36 [ 救国 ] 返信する

顔アイコン

君子は刑人に近付かず
刑をうけた人は恨みをいだいていて危険なので、君子はそのそばに近付かない。
故事ことわざ辞典より

2010/1/1(金) 午後 8:19 [ お遍路はぐれ ] 返信する

顔アイコン

十年位前のNHKスペシャル【日本人はるかな旅】より内容が後退していますかね 削除

2010/6/27(日) 午後 4:20 [ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事