正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

真実の歴史を認識し、国益最優先の外交や日本の核武装の実現を目指します。維新政党・新風を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

衆院本会議で改正A案が可決され、記者会見する推進派(右)と反対派。それぞれが「長かった」「むなしさがこみ上げてきた」などと心境を語った(18日、東京・永田町)(時事通信社)
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング



臓器移植法案 衆院でA案可決



一転、臓器移植法案「A案可決」賛成263票
6月18日13時25分配信 産経新聞

 子供の臓器移植に道を開くかどうかが焦点となっている臓器移植法改正4案は、18日午後の衆院本会議で採決が始まった。臓器移植をめぐる法案の採決は平成9年以来12年ぶり。採決は国会提出順にA〜D案が採決され、最初に採決にかけられたA案が263票と過半数を得て可決された。反対は167票だった。今後、参院で審議されるが、A案を成立させる流れが強まった。

 A案は「脳死は一般に人の死」と位置づけ、本人が生前に拒否しなければ、家族の同意で臓器提供を可能にする。また、15歳未満の臓器提供を禁じる現行法の年齢制限を撤廃し、子供の臓器移植に道を開く内容。

 共産党をのぞく各党は「死生観にかかわる」として党議拘束をかけず、議員個人の判断で投票した。共産党は「議論が尽くされておらず採決は時期尚早」として全員棄権した。与党と民主党は4案とも否決されれば全案を廃案とし、各案の獲得票数をもとに新改正案を作成して提出する方向で調整していた。

 4案は提出順に、A案のほか、移植可能年齢を12歳以上に引き下げるB案▽脳死判定基準を厳格化し、当面子供の臓器移植を認めないC案▽15歳以上は現行法を維持し、15歳未満は家族の承認などを条件に提供を認めるD案。

 4案は国会提出順にA〜D案の順に記名投票で採決する予定だったが、A案が可決されたため、残りの案は採決されなかった。
イメージ 2
衆議院でA案が可決された。

正直言って予想外だった。

脳死した場合に臓器を提供したくない人は予め意思表示をしておかないといけなくなる。普通に考えれば従来どおり提供したい人だけ意思表示すれば良いと思うのだが、今後は全く逆になる。
子供の場合には判断がつかないだろうし、大人でもいちいち生前に拒否する手続きをしておかない人が大半だろうから、事実上、今後は本人の意思が無視されて家族の同意のみで、呼吸をして心臓が動いている温かい身体から臓器を切り取ることが可能となる。

また、A案が他の3案と決定的に違うのは、「脳死は人の死」と一律に死を定義することだ。
現行法やD案も含めた他の3案は、臓器提供をする場合に限り「脳死は人の死」としているが、今後我が国では、呼吸をして心臓が動いている温かい身体であっても、脳死と判定されれば法的には脳死者の死亡が確定し、完全な死体として扱われることとなる。


>A案は「脳死は一般に人の死」と位置づけ、本人が生前に拒否しなければ、家族の同意で臓器提供を可能にする。また、15歳未満の臓器提供を禁じる現行法の年齢制限を撤廃し、子供の臓器移植に道を開く内容。

記事にある簡単な説明だと何気に良いように感じる。

しかし、この説明には次のような重要な情報が沢山抜け落ちている。
脳死判定をされた脳死者は、呼吸をし、心臓も動き、体も温かい他、手などの上半身を動かしたり、涙を流したりもする。
子供の場合には、脳死判定後に脳死状態が何年間も続き、身体も大きくなっていくようなケースも多い。

臓器提供は、呼吸をしていて、心臓も動いていて、体も温かい脳死者から、心臓などの臓器を切り取るものだ。
脳死体は、無呼吸テストの際や、切開して臓器を切り取ろうとする際に、手などの上半身を動かしたり涙を流したりする(ラザロ徴候)。
メスで腹を切り裂いたとたんに脳死体の全身から汗が吹き出すという情報もある。
イメージ 3

そこで、切開して臓器と切り取る際には麻酔や筋弛緩剤を使用するのだが、脳死体が本当に死体なら、なぜ麻酔や筋弛緩剤を使用するのか?脳死体は、摘出されているとき苦痛を感じている可能性があるのではないのか?


更に驚くべきことには、脳死判定後に回復(生還)して普通の生活に戻った事例も複数ある。
2007年には、米国で脳死と判定された青年が臓器摘出手術の直前に手足を動かし、集中治療の末に意識を回復したという事例もあった。
彼は脳死と判断したときの医師の言葉を聞いて記憶していた。

このようないい加減な脳死判定によって、呼吸をし、心臓が動き、身体が温かく、身体を動かし、涙を流す人体から、動いている心臓やその他の臓器を摘出してしまって本当に良いのだろうか。


衆議院でA案に賛成票を投じた263人の国会議員たちは、本当にこういう情報を承知した上でA案に賛成したのだろうか?

2ちゃんねるを覗いてみたら、
41 :朝ズボ:2009/06/18(木) 13:48:22 ID:oMbJimA9O
この法案の説明してる時に居眠りしてた国会議員がたくさんいたな
などという書き込みもあったが、あまり理解しないまま、最も強硬派が集うA案推進団体などの言いなりになったのではないだろうか。


余談だが、党議拘束がなかった今回の採決では、麻生太郎首相、民主党の鳩山由紀夫代表、公明党の太田昭宏代表は、可決されたA案に反対票を投じた。
一方、自民党の小泉純一郎元首相、民主党の小沢一郎代表代行は、可決されたA案に賛成票を投じた。
イメージ 4










「国会議員は投票する前に良く勉強してほしい!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

閉じる コメント(41)

顔アイコン

ドナー登録カードで人が集まらないから
拒否カード携帯無ければ移植可能とは
暴論だな。

家族の同意て家族に圧力だろ。 削除

2009/6/19(金) 午前 11:46 [ take ] 返信する

顔アイコン

今まで散々海外で買いまくってたのに偽善者ばかりだなw
臓器移植を待ってる患者は寿命だと思ってあきらめなさい (`・ω・´) 削除

2009/6/19(金) 午後 9:07 [ giz ] 返信する

顔アイコン

私は以前にも書き込みましたが、運命論者で有り、人様の臓器を移植してまでも生き長らえようとは思いませんが、・・・
然し生の執着が強いのは人間の常で臓器移植を求め、生前に同意し、更にドナー登録しカードを所持して居る方々の臓器移植には反対しません。

A案には大反対です。此れは悪用される可能性が大で危険!と言わざるを得ません。脳死を何の制限も付帯せず、単なる人の死と定義付ける神経は、余りにも人の命を軽々しく扱いし過ぎます。
矢張りリベラル派はダブル・スタンダーの本家と言える。

ドーナー・カード所持者はご注意!を・・不幸にして事故などに遭遇し、病院に担ぎ込まれた時、医師はカード保持者と見ると、
助かるべき命をわざと手を抜き死に至らしめる場合が有ります。
では、A案に賛成の方は、登録し常にドーナー・カードを所持して下さい・・・此れがせめて物、己の選んだ法案を信じ、鑑と成って下さい!。
☆傑作!〜

2009/6/19(金) 午後 10:44 [ gre*n*hub*32 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして、こんばんは。
トラバ、ありがとうございます。

私も、A案には、反対です。
やはり、脳死=人の死というのが、引っ掛かりますね。

もっと、論議をしても良かったと思ってます。
それと、特に重い心臓病の患者の場合、心臓移植の道しかないのでしょうかね・・・。
バチスタ手術というのは、実際は、夢の話なんでしょうか・・・。
誰かの死によって誰かが助かると言っても、永遠の命を持てるわけでもないし・・・。
この問題は、ほんと、難しいとおもいます。

2009/6/19(金) 午後 11:28 [ まぁちゃん ] 返信する

拙速すぎます。で、大事な会議の場で寝るな。

しかし、臓器を「提供された側」の子供はこういった事実を知ったら何を感じるのでしょうかね?
何かしら心にもやもやしたものが残ると思います。

一方で、子供に何か聞かれたら、親は「誰かが死んだから臓器をもらえたのよ。感謝しなさい。」とでも説明するのでしょうか?
正直に答えようが嘘を答えようが、子供は何かしら違和感を覚えるでしょう。

まぁ、少なくとも私は他人の命を犠牲にしてまで生きながらえるつもりはありません。

傑作、ランクリ。

2009/6/19(金) 午後 11:31 [ IKARI ] 返信する

顔アイコン

昨日の夜の会では5人集まり 激論でこの話題が出ました。
反対賛成で熱かったですー〜=! 時間かけて審議しないといけない内容だとおもうのですが 霧降の意見はと聞かれ、整理つかなくて返答は出来ませんとしか言えませんでした。

2009/6/20(土) 午前 1:50 [ 霧降散歩 ] 返信する

顔アイコン

脳死議論自体もう10年以上やっているのに短いって何だろうね?
来年にはWHOから渡航移植禁止勧告が出るからタイムリミットは1年ないのに。

2009/6/20(土) 午前 9:44 [ 4126 ] 返信する

顔アイコン

兵庫県(兵庫12区)選出議員「河本三郎」さんへ、

私は兵庫県神崎郡(兵庫12区)選挙民で、あなたの後援会員の一人です。
今までずっと「河本三郎」に投票してきましたが、今後、あなたとあなたの応援する政治家には投票しない。

これについては、妻も同意見であることを申し添えます。

私は子供の臓器移植に賛成した議員には、その人間が意見を変えるまで、今後どんな選挙であれ投票しない。

それが私の日本国民としての権利であり、わが子や孫に対する義務だと思ってのことであります。

2009/6/20(土) 午後 0:19 [ お遍路はぐれ ] 返信する

このラザロ徴候を動画で取り上げた番組を見ましたが、この状態で(麻酔をしたとしても)メスで切り開き各種の臓器を取り出せる医者の神経が判りませんでした。
臓器提供をする場合に限り「脳死は人の死」という時点で論理が破綻しています。
欧米で臓器移植が多く行われているのはラザロ徴候などの提供者側の症状の説明がが不充分であると想像します。
脳の働きが止まり、心臓が止まり、瞳孔が開いたままの状態、この三点が確認できてはじめて「死」であり、知れば知るほど
「脳死は人の死ではない」と思うようになりました。

傑作、ランクリ!!

2009/6/20(土) 午後 6:15 haz*k*73ry 返信する

顔アイコン

こんばんは。A案賛成者です。
すいません書き逃げみたいになってしまっていて。
体調不良のためネット世界におりませんでした。

coffeeさんおよび他の方にひとこと。
植物状態と脳死状態の違いを
正確に説明することができますか?
この記事にしてもそうですが
脳死と植物状態を混同している。

植物状態の人間からとることはもちろん間違っています。
脳死状態からとることがいいことなのか?
という議論です。
前提としてその2つの違いをみなさんわかっておいでですか?
このラザロ兆候については今は知る由もありませんが
私は植物状態であったのではないかと考えます。
また脳死からの回復は脳死からではなく
植物状態からの回復であると考えております。

2009/6/21(日) 午前 0:27 [ かんぞう ] 返信する

顔アイコン

小児医療の現場でどこぞかのTVがやってましたが
子供の脳死判定できますかのアンケートで
3割できます。7割わかりませんだったと思います。
3割できるのであればある程度理論は確立できるのでしょう。
それをもとに小児での脳死判定をきちんとすべきだと思います。

自分が脳死のときどうするかは個人の考え。
子供の意思がないのに親の勝手な都合で移植に走るのも間違い。
だから私はA案支持者でしたけど
子供に意思が表示できるのであればそれを尊重する。
図れないときは私一人で決めることができるのであれば
移植に行き、子供が本当は生きたかったのではないか
という罪の意識をもち十字架を背負い生きていきます。

2009/6/21(日) 午前 0:33 [ かんぞう ] 返信する

顔アイコン

ちなみに私はA案賛成でしたけど
脳死=死と法律で定義するのはどうかと思いました。
それをするのであれば三兆候死もきちんと法律で死とすべき。
今まで法律で死について定義していなかったのに
脳死だけ定義するから問題であるのだ。
本来であればそれを決めることができるのは医師だけ。
法律で決めることではない。
医者が逃げずにこの問題に対してきちんと議論し、
三兆候死を死とする慣例に基づいて死亡診断書を書くのだから
脳死についても医師会が定義付けをすべきだと思う。
それを関係ない政治家が決めるからこんな問題になるのだ。
生死を判断できるのは医師しかいないのだから。
医学会が脳死を死とすると言えば
最終的な結論を出すのが医者なのだから
しょうがないかと考えることになりませんかね、みなさん。
医学会が死としないと判断すれば
そこからの提供もなくなるわけだから。
まあその場合は現行法みたいに脳死の場合本人の意思が
臓器提供なら家族関係なく提供でいいと思うんですけどね。

2009/6/21(日) 午前 0:41 [ かんぞう ] 返信する

顔アイコン

すいません、長文続きで。
ちなみに子供の話。
脳死と判定されてから生きている子供たちは
正式に法的脳死判定を受けている子供たちは一人もいないそうです。
つまり臨床的脳死判定で脳死と判断されただけで
正確な脳死ではない可能性のほうが高いわけですな。
正確な脳死だったらたぶん数日から数週間で死んでいるので。
今も生きている子供たちに対して
法的脳死判定してみればいいと思う。
きっと法的脳死判定には引っかからず脳死でないという
判定になると思いますよ。
これが最初に私が書いた脳死と植物状態の違いです。
みなさんもここに書いてある記事すべてが正しいかどうか
きちんと見極めてくださいね。
ちなみに私の発言のすべてが正しいとも思わないように。
すべて自分で調べ正しいことは何なのか、を理解し、
意見をいうことが大事だと思います。
ウィキペディアでのってたは正確ではないですからね。
ちなみにいろいろな症例も日本での基準とあってないことも
ありますからね。

では、長文失礼しました。

2009/6/21(日) 午前 0:47 [ かんぞう ] 返信する

顔アイコン

こどもの臓器移植機会の提供を最優先に考えるべきである。また「脳死を人間の死」とする考えはグローバル・スタンダードであり、現行の日本の定義に固執することは、日本の一部反人民的勢力の「わがまま」である。

反対派の主張する「子供の場合に脳死判定からも生存している。」というのは脳死の定義を捻じ曲げて解釈している。

この場合は、昏睡状態が続いているのであって、脳死ではない。

2009/6/21(日) 午前 3:32 [ 日本スターリン思想党 ] 返信する

顔アイコン

「脳死は人の死ではない」〜私も、この立場から臓器移植の法制化に提言したいと連載を始めたところです。とても参考になります。
「生物としての人の死」と
「臓器提供候補者としての人の死」はおのずから異なるものです。そこの詰めを政治家はどう考えているのだろうか。

2009/7/9(木) 午後 9:17 [ yuu ] 返信する

この問題は定義が悪いとかそういうものでは無いと思います。確かに、定義そのままだと「人の死」というのは否めません。問題なのは脳死の判定基準をいかにするかです。

脳死の判定をされてから再び生活に戻っているという事は、「脳幹を含む全脳の不可逆的停止」と定義される脳死ではなかったという事になりますよね。
つまり、脳死判定の基準が曖昧である事が立証されているわけです。

つまりここで問題なのは、脳死の判定基準が曖昧であるにもかかわらず安易に「脳死=人の死」と一律に判断すべきかという話だと思います。

2009/7/12(日) 午前 1:43 [ IKARI ] 返信する

顔アイコン

A案が参議院でも可決成立しました。

2009/7/21(火) 午前 10:54 [ myt*2*hid* ] 返信する

顔アイコン

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2009/11/12(木) 午前 3:34 益荒男 返信する

顔アイコン

[ kan*tya* ]さん
>このラザロ兆候については今は知る由もありませんが
>私は植物状態であったのではないかと考えます。
>また脳死からの回復は脳死からではなく
>植物状態からの回復であると考えております。

ならば、医師とて脳死状態と植物状態の区別が明確につけることが出来ないということですよね。
そうだとしても、実際に医師による脳死判定後に回復(生還)して普通の生活に戻った事例も複数あるのですから、医師の脳死判定は信頼できないということになります。
結局、それはA案を否定する根拠にこそなれ、A案を支持する根拠にはなりません。

2009/11/12(木) 午前 3:35 益荒男 返信する

顔アイコン

皆様
いつもコメントありがとうございます。
全てのコメントを拝読させて頂きました。
ご賛同、応援、助言、情報提供、指摘、非難など、今後の参考にさせて頂きます。
また、「傑作」クリックや、「ブログランキング」クリックをして下さった皆様、本当に本当に大大感謝です!!

2009/11/12(木) 午前 3:36 益荒男 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事