正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

(つづき)
 
 
1.毎日新聞とクラスター爆弾
毎日新聞は五味宏基記者がヨルダンの首都アンマンの空港にクラスター爆弾を持ち込み6人を殺傷
しかし、日本国民の生命財産を護る自衛隊のクラスター爆弾には反対
スポニチを買うな
のつづき
 
 


http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/never03.gif
●毎日新聞記者クラスター爆弾ヨルダン空港爆破事件

2003年5月1日、ヨルダンの首都アンマンの国際空港で毎日新聞の五味宏基記者が持ちこんだクラスター爆弾が爆発し、空港職員1人死亡、並んでいた乗客など5人が負傷するという大惨事を起こした。

http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/2010080105193667b.jpg
犯人 毎日新聞記者五味宏基

http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20100801070405c5f.jpg
日本人で初めて毎日新聞の五味宏基が使用したクラスター爆弾の爆発現場



■事件後のテレビ東京のニュース(音声)
http://mainichi.tv/mod_uploader/download/1280584342.mp3

【要旨】
この事件では、ヨルダン側は日本との関係を考慮してアブドラ国王自らが保釈についてコメントするなど犯人の五味宏基に配慮した扱いをした。
ヨルダン人の被害者たちは、日本との関係悪化を恐れたヨルダン政府からコメントを禁止された。
空港で乗客として並んでいて被害に遭ったエジプト人のシャラシュさんだけがコメントできた。

「毎日新聞の対応は全て誠意に欠けていた。見舞いに来た斎藤社長は、『忙しいから』と2分間しか居なかった。私の体調を聞くこともなかった。」

シャラシュさんは、毎日新聞からは告訴を取り下げるよう求められ、ある金額が示された。

「私はこの話に憤慨した。私に対する侮辱だ。五味を投獄させたい。裁判に1万ドルや2万ドルかかっても良い。」


http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/201008010517558f5.jpg
毎日新聞の斎藤明社長(当時)




http://www.yomiuri.co.jp/features/gulf2/200306/gu20030602_01.htm
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20100801044359fa4.jpg
ヨルダン空港爆発 毎日記者に実刑

禁固1年6月 特赦申請へ


 【アンマン=久保哲也】アンマンの国際空港爆発事件で、爆発物不法所持、過失致死、過失致傷の罪に問われた毎日新聞元写真部記者(編集局付)、五味宏基被告(36)に対する判決公判が1日、ヨルダン国家治安法廷(軍事法廷)で開かれ、ボコール裁判長は「爆発は被告の不注意によるもの」と述べ、過失致死、過失致傷の罪で禁固1年6月の実刑判決を言い渡した。爆発物不法所持については無罪とした。

 毎日新聞社長室は同日、弁護側が「判決を尊重し、控訴はしないこと」、及びアブドラ国王への「特赦申請をヨルダン政府に提出する方針」を明らかにした。

 五味被告は、イラク戦争取材中に拾ったクラスター爆弾の子爆弾を記念品として持ち帰ろうとしたが、5月1日夜(日本時間2日未明)、クイーン・アリア国際空港の手荷物検査所で、この子爆弾が爆発、職員1人が死亡、近くにいた5人が負傷した。検察側は、五味被告が子爆弾を爆発物と認識していたと主張。五味被告側は、爆発物との認識はなかったとして無罪を主張していた。

 ボコール裁判長は、3罪のうち、最も量刑の重い爆発物不法所持(懲役15年―7年6月)については無罪とした理由について「(被告に)爆発の危険性についての認識はなく、使う意思もなかった」と説明した。

 裁判長はまた、五味被告とともに爆発物不法所持の罪に問われていたヨルダン人助手(32)については無罪とした。

 王室筋によると、国王は、五味被告に特赦を与える意向で、早ければ近日中に釈放されるとの観測も出ている。

 毎日新聞社は判決に対し、「判決を厳粛に受け止め、亡くなられた方、負傷者らに深くおわびする。法的責任に加え、記者として、職業人としての倫理上の責任があると考え、死傷者を出した結果の重大性から(五味被告に対し)厳正な処分をする」とのコメントを発表した。
(2003年6月2日 読売新聞)


>五味被告側は、爆発物との認識はなかったとして無罪を主張していた。

嘘吐け!
ふざけんな!
日本の恥だ!
腹斬って死ね!




>王室筋によると、国王は、五味被告に特赦を与える意向で、早ければ近日中に釈放されるとの観測も出ている。

アブドラ国王は日本に配慮し過ぎた。
毎日新聞の記者なんて、日本にとっても害なのに。





http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/never01.jpg

2003年5月1日アンマン国際空港爆破事件を忘れない!!

毎日新聞はアブドラ国王への「特赦申請をヨルダン政府に提出する方針」を、明らかにした。
国王は五味被告に特赦を与え、五味宏基は罪を償うことなく日本国へと帰国。

この特赦を出す代わりに日本はヨルダンに対するODA返済義務の棒引き……日本国民の納めた税金が元手



日本からヨルダンへのODA実績。無償資金協力の額。
2002年 30.53億円
2003年 68.68億円 ← 五味ボマー事件発生
2004年 67.45億円 ← 特別恩赦を出したアブドゥラ国王来日
2005年 8.67億円
2006年 27.77億円


http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/images.jpg




http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/201008010544178fb.jpg
FRIDAY 2003.6.6
P16-17

アンマン空港爆発事件 何が彼を誤らせたのか
毎日新聞カメラマン【五味宏基被告】の「悪のり【"ヌード"】写真」と「犯罪」

ズボンをずり下げ、下半身丸出しで"局部"をコピー機に押し付けるヒゲ面の人物がいる。"チン拓"でも取ろうというのか。写真のキャプションには「自分自身をコピーする五味カメラマン」とある。

この「五味カメラマン」とは、5月1日にヨルダンの首都アンマンの空港で爆発事件を起こし、6人を死傷させ逮捕された、毎日新聞の五味宏基被告(36)だ。
五味被告は事件の5日前、イラク戦の不発弾で手を失った少年の写真を日本に報じた。その一方で、自らは爆発物を「記念品」として持ち帰ろうとし、アンマンの空港職員を巻き添えにしたのである。

驚くべきことだが、五味被告のこの"ヌード"写真は、毎日新聞の「社内誌」に掲載されたものだ。

問題の社内誌は、毎日新聞が最近まで発行していた「季刊毎日」の2001年10月1日付西部号である。

「この冊子は全国の毎日新聞社員"交流の場"として、年に4回、東京・大阪・西部などの各本社が持ち回りで編集・製作していたものです。約3000人の全社員に配付されていましたが、今年1月号を最後に発行中止となりました」(ジャーナリスト・藤本順一氏)

写真が撮影されたのは、社内誌発行から1年前、ダイエーホークスがリーグ2連覇を達成した日の夜で、記事は社内で行われた宴会の模様を伝えている。

当時、西部本社(福岡県)に所属していた五味被告は、その日酒が入っていた。

「酔うとすぐに服を脱ぐクセがあった」(毎日新聞記者)という彼は、「オレの痕跡を残す」「これが本当の著者キン影」などと叫び、写真のような姿でコピー機にのしかかったという。

この約2年半後、五味被告は爆発物を「記念品」として帰国の機内に持ち込もうとし、6人の死傷者を出した大事件の被告となってしまったわけだ。当時からやや軽率な行動が目立つ社員だったということだろうか。しかし、前出の藤本氏は「一番の問題は、記者の脱線した行動を黙認する形で、社外の人間も見る可能性がある社内誌に、品位のない写真を平然と載せてしまう毎日新聞の『甘さ』にあるのではないか」と語る。

毎日新聞は爆発事件後、紙面を使って「検証」記事を繰り返し掲載している。だが、5月10日付の紙面によれば、「現時点での推測」とし、被告の軽率さを指摘しつつも、事件の原因について、「戦場取材をした者にしかわからない精神状況」「戦場という異常空間で、長期にわたる調査活動を継続したことによる精神的、肉体的疲労」などと分析してみせた。まるで、事件は戦争という特殊な環境が引き起こした、「不幸な出来事」といわんばかりである。記者の「非常識さ」を看過した毎日新聞という組織には、なんら落ち度はなかったというのか。

毎日新聞自体がその「責任」を認識しない限り、馬鹿げた悲劇は再び繰り返されるだろう。


>驚くべきことだが、五味被告のこの"ヌード"写真は、毎日新聞の「社内誌」に掲載されたものだ。


さすが、変態新聞だ。

その後2008年6月、毎日新聞は英文サイト「毎日デイリーニューズ」内のコラム「WaiWai」で長年にわたって日本人が変態だとする捏造記事を世界に配信していたことが明るみになった。

http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20100801055447f66.jpg



>毎日新聞自体がその「責任」を認識しない限り、馬鹿げた悲劇は再び繰り返されるだろう。


毎日新聞に馬鹿げた悲劇を繰り返させないよう、出来るだけ早く毎日新聞を廃業させよう。

スポーツニッポン(スポニチ)を買わないように気を付けよう!


http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/020205_mainiti.jpg




「クラスター爆弾廃絶キャンペーン」で毎日新聞取材班に表彰状 新聞労連ジャーナリスト大賞
2009年1月30日、毎日新聞

 過去1年間の優れた記事・企画を表彰する第13回新聞労連ジャーナリスト大賞の授賞式が29日、東京都内であり、大賞を受賞した朝日新聞志布志事件取材班や「クラスター爆弾廃絶キャンペーン」で優秀賞を受賞した毎日新聞クラスター爆弾取材班に表彰状が贈られた。「戦艦大和・シベリア抑留体験者を追う」で第3回疋田桂一郎賞を受賞した毎日新聞大阪本社学芸部・栗原俊雄記者にも表彰状が贈られた。


>「クラスター爆弾廃絶キャンペーン」で毎日新聞取材班に表彰状


?(´ヘ`;)ハァ
表彰状??
逮捕状の間違いじゃないのか?!

毎日新聞はヨルダンの国際空港でクラスター爆弾を爆発させて6人を殺傷したくせに、日本の自衛隊が日本国民の生命と財産を守るために保有していたクラスター爆弾に反対した。

そして、いけしゃーしゃーと「クラスター爆弾廃絶キャンペーン」で表彰を受けたのだから、絶対に許せない!


幸い、毎日新聞は、もう少しで倒産しそうだ。

こんな新聞社は一刻も早く倒産させなければならない!

今どき毎日新聞を購読している馬鹿は滅多にいない。

実際に、電車の中などでも毎日新聞を読んでいる馬鹿を見かけることはない。

毎日新聞が喫茶店や蕎麦屋やラーメン屋や定食屋や、病院などの待合室に置かれていることも滅多にない。

しかし、「スポーツニッポン」は、いろんな所で見かける。
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/201008010509570f8.jpg
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20090729org00m040034000p_size8.jpg

この「スポニチ」こそが「日本の敵」毎日新聞の【延命装置】なのだ。

TBSも仲間なので、
ニトリなどTBSのスポンサーの商品も買わないようにしよう!

スポニチを買うことは、日本を売ることだ。


絶対にスポニチを買ってはならない。

 
 
 
 
 
この記事は、FC2ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」のコピーです。

ランキングのクリックや、コメント、トラックバックなどは、FC2ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」にお願い致します。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

「人気ブログランキング」は、こちらのYah​ooブログでクリックしても、全くポイントが入らない仕組みになっております。

くつろぐブログランキングは、Yah​ooブログでOKです。
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

また、私のFC2ブログへのコメントの際には、コメント欄の「URL」の部分にご自身のブログのURLアドレスを入力するようお願い申し上げます。

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事