正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]


Google「嘘の新聞…もしかして朝日新聞?」
Googleで「嘘の新聞」と検索すると、「もしかして:朝日新聞

Yahooで「嘘の新聞」と検索すると、朝日新聞ではありませんか?」



http://netgeek.biz/archives/113327
【速報】Googleで「嘘の新聞」と検索すると「もしかして朝日新聞?」
2018年2月24日、netgeek

「嘘の新聞」と検索すると検索エンジンが朝日新聞を候補に出すことが分かった。どういうアルゴリズムなのかは分からないが、日本人の一般常識として正式に認定されたも同然だろう。

2月24日にnetgeek編集部が試してみた結果。
【速報】Googleで「嘘の新聞」と検索すると「もしかして朝日新聞?」

なんと不名誉なことにGoogleが朝日新聞を表示しているではないか。キャプチャ画像の下部にはちょうどYahoo知恵袋でも15時間前にこの現象について質問された投稿が確認できる。

どうやら最近アップデートされた新しい現象のようだ。

ネット上では早速、何人かの人が試し始めた。

▼スマホ版も同じ。
【速報】Googleで「嘘の新聞」と検索すると「もしかして朝日新聞?」


▼こちらはまた別の現象で、検索ワードが勝手に置き換えられる。俗に言うA/Bテスト中なのかもしれない。
【速報】Googleで「嘘の新聞」と検索すると「もしかして朝日新聞?」

▼そもそも「嘘の新聞」と入力すると「朝日新聞」がサジェストされる。
【速報】Googleで「嘘の新聞」と検索すると「もしかして朝日新聞?」

▼Yahooでも同じ。
【速報】Googleで「嘘の新聞」と検索すると「もしかして朝日新聞?」

netgeek編集部では他にも「嘘新聞」「フェイク新聞」「フェイクニュース新聞」で試したが、この現象は確認できず。現時点ではなぜか「嘘の新聞」というワードにだけ朝日新聞が紐付けられているようだ。

(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=LhNJ12gCDbw




こんな「嘘の新聞」=朝日新聞について、「朝日新聞の嘘の慰安婦報道によって名誉を傷つけれられた」などとして朝日新聞に対して謝罪広告の掲載などを求めた全ての裁判において「朝日新聞に謝罪広告の掲載などの必要なし」というふざけた判決が出そろってしまった!

すると、アホ丸出しの朝日新聞社(広報)は、ツイッターで「裁判がすべて、弊社の勝訴で終結したことになります。」と勝ち誇った!!


「朝日新聞の慰安婦に関する報道で誤った事実が世界に広まり名誉を傷つけられた」などとして、国内外に住む62人が弊社に謝罪広告の掲載などを求めた訴訟が、弊社勝訴で確定しました。これで慰安婦報道を巡り弊社を
https://twitter.com/asahi_koho/status/966961673440407552
朝日新聞社 広報‏
@asahi_koho
「朝日新聞の慰安婦に関する報道で誤った事実が世界に広まり名誉を傷つけられた」などとして、国内外に住む62人が弊社に謝罪広告の掲載などを求めた訴訟が、弊社勝訴で確定しました。これで慰安婦報道を巡り弊社を訴えた裁判がすべて、弊社の勝訴で終結したことになります。
18:03 - 2018年2月23日


念のため言っておくが、裁判所は名誉棄損の成立を否定しただけであって、朝日新聞の報道内容が嘘ではないとお墨付きを与えたわけではない。

原告たちへの名誉棄損は認められなかったが、朝日新聞の報道内容が虚偽や捏造だったことは間違いない!

また、朝日新聞が「嘘の新聞」であることも間違いない!


司法が「嘘の新聞」=朝日新聞の味方をして日本国民のための判決を下さない以上、日本国民は自分たちが一致団結して朝日新聞を経営破たんに追い込むしかない!


朝日新聞の勝訴、おめでとうございます。大メディアがどんなに国を貶め、国益を害しても、司法の場で裁くことはできないことが証明されました。かくなる上は、全国的な不買運動で朝日を経営破綻に追い込むしかありま

https://twitter.com/CatNewsAgency/status/966996503519674368
CatNA‏
@CatNewsAgency


返信先: @asahi_kohoさん
CatNAさんが朝日新聞社 広報をリツイートしました


朝日新聞の勝訴、おめでとうございます。大メディアがどんなに国を貶め、国益を害しても、司法の場で裁くことはできないことが証明されました。かくなる上は、全国的な不買運動で朝日を経営破綻に追い込むしかありませんね。余命を存分にお楽しみ下さいな。
20:21 - 2018年2月23日



司法が「嘘の新聞」=朝日新聞の味方をして日本国民のための判決を下さない以上、日本国民は自分たちが一致団結して朝日新聞を経営破たんに追い込むしかない!

全ては、朝日新聞の虚偽報道(捏造記事)から始まった!

1989年に韓国の済州新聞「1983年に吉田清治が書いた本は捏造だ」と報じた。

それにもかかわらず、1990年〜1993年頃に朝日新聞は吉田清治の捏造本を証拠として「従軍慰安婦強制連行」を大宣伝した!

特に、1992年及び1993年8月の「河野談話」の辺りまで、朝日新聞は1日平均2件のペースで「従軍慰安婦強制連行」に係る虚偽報道(捏造記事)を掲載し続けた!


━━━━━━━━━━
▼いわゆる「従軍慰安婦」捏造の経緯のまとめ▼

1947年、吉田清治が日本共産党から立候補。129票を獲得しつつ落選

1971年、『週刊実話』が「従軍慰安婦」という言葉を使用

1973年、千田夏光著『従軍慰安婦』という悪質な捏造本が発行

1977年、吉田清治著『朝鮮人慰安婦と日本人』という悪質な捏造本発行
吉田清治が 「日本軍人が朝鮮女性を強制連行して慰安婦にした」 と証言

1982年、吉田清治が 「朝鮮人の奴隷狩りがあった」 と証言


1983年、吉田清治著『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』という悪質な捏造本(韓国が強制連行された従軍慰安婦が居た証拠だと主張している本)を発行
以後、朝日新聞や赤旗が「従軍慰安婦強制連行」に関する記事を掲載。

1989年、韓国・済州島の済州新聞「吉田清治著『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』は捏造」と報じる

1990年〜1993年、朝日新聞は、1983年に吉田清治が書いた捏造本の「従軍慰安婦強制連行」というフィクションを真実であると大宣伝(テレビ朝日なども大キャンペーンを展開)

1991年、朝日新聞記者・植村隆が8月11日の紙面にて、従軍慰安婦について悪意ある捏造記事を掲載 !
裁判で「親に売られた」と証言した朝鮮人の言葉を、植村隆が「日本軍に強制連行された」と捏造して紙面に掲載した。


1991年、12/06にアジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件として、35人が慰安婦に対する賠償を求めて日本政府を告訴
原告団長は粱順任(ヤン・スニム)、原告代理人は、福島瑞穂、高木健一、林和男など
朝日新聞記者・植村隆の義理の母親が粱順任(ヤン・スニム)であり、植村隆は義理の母親が日本政府相手の訴訟で勝てるように、捏造して世論を動かそうとした。


1992年、韓国・済州島にて現地調査が行われる。島民からまったく裏付けとなる証言がでてこなかった

1993年、宮沢喜一と河野洋平が吉田清治や朝鮮人婆の虚言を事実であると認めて大宣伝
以後、南朝鮮の歴史教科書に「従軍慰安婦」が記述


1996年5月29日の週刊新潮のインタビューにて、「強制連行した」唯一の証言者である吉田清治はいろいろ言い訳しつつも「慰安婦強制連行がフィクションである」と認める。
吉田清治は「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と朝鮮での慰安婦強制連行を捏造と認めた。


1997年1月3日、「朝まで生テレビ」に出演した反日左翼の吉見義明は、「強制連行は確認されていない」ことと、「挺身隊が慰安婦にさせられた例も確認されていない」ことを認める。

1997年、日本の中学校の歴史教科書に慰安婦問題が記載される。

1998年、「人権屋に利用された私が悪かった」 と吉田清治が反省

2004年、11/29に日本最高裁判所にて、日本政府を告訴した原告の敗訴が確定

2006年、02/21にアメリカ最高裁判所にて、在米韓国人・在米中国人らが起こした従軍慰安婦訴訟の判決で、原告の敗訴が確定
アメリカ国内で慰安婦問題について日本に賠償・謝罪を求める訴訟は二度と起こせなくなった

2011年、05/09に韓国国内にて粱順任(ヤン・スニム)が日本政府から賠償金をとるからと弁護士費用を集めて、詐欺罪で逮捕

2014年、朝日新聞が吉田清治の証言について裏付け得られず虚偽と判断

━━━━━━━━━━

(参考)
▼朝日新聞が掲載した『従軍慰安婦』という語を含む記事の件数▼
――――――――――
年     件数   出来事  
1985(S60)  3 前年8月に朝日新聞がスクープした【「南京大虐殺」の証拠=元日本兵の日記と写真】捏造と判明!
1986(S61)  3
1987(S62)  2
1988(S63)  4 帝国陸軍の元将校などの親睦組織「偕行社」『南京戦史』「不法殺害の可能性があるのは捕虜処断最大約8百人の一例のみ(市民虐殺はゼロ)」と結論
1989(H01)  6 済州新聞「吉田清治著『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』(1983年)は捏造」と報道!
1990(H02)  8
1991(H03) 110 朝日新聞が「吉田清治著『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』(1983年)を証拠として「従軍慰安婦強制連行」を事実として大宣伝!植村隆は元慰安婦の証言を捏造した記事を掲載
1992(H04) 622 韓国の済州島にて現地調査が行われたが、慰安婦強制連行の証拠も証言も全く無し!
1993(H05) 350 宮沢喜一と河野洋平が、吉田清治や朝鮮人婆の虚言を事実であると認める!
1994(H06) 296 
1995(H07) 384 
1996(H08) 450 吉田清治が「従軍慰安婦強制連行」をフィクション(捏造)と認める!
1997(H09) 375 
1998(H10) 76
――――――――――




上記のとおり、朝日新聞が虚偽報道をした(捏造記事を書いた)ことは、紛れもない事実だ!

裁判所は日本国民の名誉棄損の訴えを認めなかったが、朝日新聞には1日も早く海外に向けて「従軍慰安婦強制連行」に係る報道が虚構(捏造)だったことを記事にして謝罪する責務がある!



朝日新聞は平成26年(2014年)8月5日と6日両日付記事で「慰安婦強制連行」に係る報道が「大誤報」【虚偽、捏造】だったことを認めた。
平成26年(2014年)8月5日、【朝日新聞】「済州島で連行」吉田氏の証言 裏付け得られず虚偽と判断
平成26年(2014年)8月5日、【朝日新聞】「済州島で連行」吉田氏の証言 裏付け得られず虚偽と判断
平成26年(2014年)8月5日、【朝日新聞】「済州島で連行」吉田氏の証言 裏付け得られず虚偽と判断


平成26年(2014年)9月11日夜、朝日新聞社長の木村伊量(ただかず)が記者会見!
平成26年(2014年)9月11日夜、朝日新聞社長の木村伊量(ただかず)が記者会見!
「吉田調書」記事を取り消し!
ついでに、慰安婦誤報(捏造)についても【読者に】謝罪!




ところが、朝日新聞は、海外で読まれている英文サイトには、未だに「慰安婦強制連行」に係る報道が「誤報」【虚偽、捏造】だったと認めたことについて掲載していない!

朝日新聞は、上述した「慰安婦誤報検証記事」(虚偽報道を認めた記事)を未だに英文サイト【AJW by The Asahi Shimbun】には掲載していないのだ!
朝日新聞は、上述した「慰安婦誤報検証記事」(虚偽報道を認めた記事)を未だに英文サイト【AJW by The Asahi Shimbun】には掲載していないのだ!
The Asahi Shimbun
http://www.asahi.com/ajw/



朝日新聞が英訳を掲載したのは、日本人しか読んでいない日本語サイトの【朝日新聞デジタル】だけだ。
朝日新聞が英訳を掲載しのは、日本人しか読んでいない日本語サイトの【朝日新聞デジタル】だけだ。
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/



そのため、アメリカなど海外では、今でも朝日新聞が「慰安婦強制連行」に係る虚偽報道を認めたことについて知られていない!

多くの日本国民が朝日新聞に対し、海外で読まれている英文サイトにも「慰安婦強制連行」に係る虚偽報道についての記事を掲載するよう求めてきたが、朝日新聞は日本国民の声を無視し続けている!

もう朝日新聞に自浄作用を期待するのは無理!

我々日本国民が一丸となって朝日新聞を叩き潰すしかない!



朝日新聞に対する日本国民の怒りは高まる一方だ!

朝日新聞、英語版での慰安婦虚偽報道をやめよ 「STOP朝日新聞プロパガンダ!」運動立ち上げ
朝日新聞、英語版での慰安婦虚偽報道をやめよ 
「STOP朝日新聞プロパガンダ!」運動立ち上げ


www.zakzak.co.jp/soc/news/180217/soc1802170001-n2.html
朝日新聞、英語版での慰安婦虚偽報道をやめよ 「STOP朝日新聞プロパガンダ!」運動立ち上げ
2018.2.17、夕刊フジ


朝日新聞、英語版での慰安婦虚偽報道をやめよ 「STOP朝日新聞プロパガンダ!」運動立ち上げ
朝日新聞の慰安婦報道への怒りが続出した特別報告会=8日、衆院第1議員会館

(一部抜粋)

 朝日新聞は1980年代から、吉田清治氏らの証言をもとに「日本軍は戦時中に朝鮮半島で朝鮮人女性を強制連行して無理やり慰安婦にした」という、史実と異なる虚偽報道を繰り返した。

 報道が真実であることを前提に、日弁連の弁護士らが国連でロビー活動を行い、国連人権委員会は96年、いわゆる「クマラスワミ報告」で日本政府を批判した。

 米国でも、カリフォルニア州選出のマイク・ホンダ下院議員(当時)が中心となり、2007年には下院外交委員会で、日本政府に慰安婦への謝罪と賠償を求める「下院121号決議」が可決された。そして、今日に至るまで多くの米国人は「日本軍は10万人規模の朝鮮女性を強制連行して慰安婦と呼ばれる性奴隷にした」と信じている。

 朝日新聞は15年8月、吉田証言などの慰安婦報道が誤りだったことを認めた。それは「誤報」、つまり過失だったとの主張である。
 だが、ネットの感想を見ていると、「朝日新聞の慰安婦報道は日本を貶めるために故意に捏造(ねつぞう)された」という声の方が強い。つまり、故意犯との主張だ。

 もし、朝日新聞がこの主張を否定したければ、慰安婦報道が誤りだった事実を世界中に周知させる努力をすべきだが、その意志は感じられない。

 それどころか、朝日新聞は今でも英語版のウェブ記事で、「慰安婦とは戦前及び戦中に日本軍部隊にセックスの供与を強制された女性たちの婉曲表現である。彼女たちの多くは朝鮮半島から来ていた」などと報じている。「ひきょう者!」などと罵倒しても事態は動かない。

 だから、私は有志と一緒に「STOP朝日新聞プロパガンダ!」という運動を立ち上げた。賛同者の署名を募集中である。ぜひ、右の言葉でネット検索してほしい。


https://stop-asahi-propaganda.jimdo.com/
STOP朝日プロパガンダ!

賛同署名

●関連記事
1989年に韓国の済州新聞は「1983年に吉田清治が書いた本は捏造だ」と報じたにもかかわらず、1990年〜1993年頃に朝日新聞は吉田清治の捏造本を証拠として「従軍慰安婦強制連行」を大宣伝した!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6884.html
朝日新聞「日本政府にできることを考え、行動せよ!双方が建設的な言動をとり続けるしか道はない」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6926.html
捏造!朝日新聞「散歩中の安倍首相に『憲法改正しないで』→無視」→秘書もSPも誰も聞いていない
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6989.html










★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。









この記事は、FC2ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」の約1日遅れのコピーです。

ランキングのクリックや、コメント、トラックバックなどは、FC2ブログ「
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」にお願い致します。

FC2ブログへのコメントの際には、コメント欄の「名前」にはお名前を、「URL」部分にご自身のブログのURLアドレスを入力するようお願い申し上げます。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事