正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

韓国、「今年3回、日本が威嚇」 強く糾弾と非難
韓国
「今年3回、日本が低空威嚇飛行をしたニダ!」
「韓国軍の駆逐艦は無線でおよそ20回艦艇から離れるよう警告したものの応答がなかったニダ!」
「また再びこのような行為が繰り返される場合、軍の行動規則に従って強力に対応していくニダ!」



https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011788301000.html?utm_int=all_side_ranking-access_001
韓国軍「日本が再び低空で威嚇」 防衛省「事実ない」
2019年1月23日 17時14分、NHK

国軍「日本が再び低空で威嚇」 防衛省「事実ない」 韓国軍合同参謀本部のソ・ウク(徐旭)作戦本部長は、23日午後4時半から緊急の記者会見を開きました
(動画)

韓国軍の幹部は、緊急の記者会見を開き、海上自衛隊の哨戒機が、23日午後、東シナ海で韓国軍の艦艇に対して、低空で威嚇飛行をしたとして、強く非難しました。

韓国軍合同参謀本部のソ・ウク(徐旭)作戦本部長は、23日午後4時半から緊急の記者会見を開きました。

この中でソ作戦本部長は、23日午後2時すぎに東シナ海にある暗礁のイオ(離於)島付近で「海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の艦艇を明確に識別したにもかかわらず距離およそ540メートル、高度60から70メートルの低空で接近する威嚇飛行をしたことは明らかな挑発行為と見なす」と述べました。

そのうえで、韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題で、韓国側が、自衛隊機が低空で威嚇飛行したことが問題だとしていることに関連し、「韓国は抑制した対応をしたにもかかわらず、日本はことし、1月18日と22日にも、韓国軍の艦艇に接近する威嚇飛行をした」と主張しました。

そして「このような事実に対して、日本政府に再発防止を要請したのに、きょう再び、このような低空で接近する威嚇飛行をしたことは、友好国の艦艇に対する明らかな挑発行為であり、日本の真意を疑わざるをえず、これを強く糾弾する」として、非難しました。

そして「また再びこのような行為が繰り返される場合、軍の行動規則に従って強力に対応していくだろう」と警告しました。

韓国国防省は23日午後、ソウルにある日本大使館の防衛駐在官を呼んで今回の問題について抗議したということです。

イオ島は、韓国と中国が管轄権を争っている東シナ海の暗礁です。

■岩屋防衛相「適切な運用を行っている」」

岩屋防衛大臣は23日午後6時半ごろ、防衛省で記者団に対し、「報道は承知している。詳しい中身は確認中だが、報道にもあった60メートル、70メートルの高度というのは正確ではないと思う。私どもは記録をとっているが、150メートル以上を確保して従来どおり、国際法規や国内法にのっとって適切な運用を行っている」と述べました。

■防衛省幹部「低空飛行の事実はない」

防衛省幹部は、NHKの取材に対し、「自衛隊の哨戒機は、通常の警戒監視活動を行っていたと報告を受けており、低空飛行を行ったという事実はない」と話しています。

また別の防衛省幹部は、「照射問題があって、日韓関係が悪化している中、現場では、通常より一層、注意して活動を行っており、低空での威嚇飛行などありえない。韓国側が事実関係を変えてまで、嫌がらせをしてきているようなもので、今回の発表は非常に残念だ」と話しています。

■海上自衛隊「距離を保ち適切に警戒監視の活動」

海上自衛隊によりますと、当時、東シナ海のイオ島付近を飛行していたのは、鹿児島県の鹿屋基地に所属するP3C哨戒機だということで、韓国の艦艇とは高度150メートル以上の距離を保ち、適切に警戒監視の活動を行っていたとしています。

防衛省によりますと、東シナ海のイオ島付近は、日本の防空識別圏の範囲に含まれ、ふだんから海上自衛隊の哨戒機などが警戒監視の活動を行っているということです。

また、韓国側が今月18日と22日にも哨戒機による威嚇飛行があったと主張していることについて、防衛省はいずれのケースも高度150メートル以上の距離を保っていたことを確認しているとしています。


>韓国軍の幹部は、緊急の記者会見を開き、海上自衛隊の哨戒機が、23日午後、東シナ海で韓国軍の艦艇に対して、低空で威嚇飛行をしたとして、強く非難しました。


韓国による数々の悪逆暴虐に対して日本が一切制裁をせず、1月22日には岩屋毅防衛相が記者会見で、韓国との防衛協力について「未来志向で進めるよう真摯に努力したい」と強調し、引き続き連携を図る考えを示したため、日本は完全に韓国に舐められたのだ!

日本が韓国に厳しい制裁をせず、それどころか未来志向で韓国との防衛協力を継続すると表明したら、韓国から舐められて駄目押しの攻撃が来ることは火を見るより明らかだった!

そもそも1月22日付当ブログ記事でも述べたとおり、日本が韓国に厳しい制裁をせずに韓国との防衛協力を継続すれば、全く韓国軍による火器管制レーダー照射事件の再発防止策にはならない!






>そのうえで、韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題で、韓国側が、自衛隊機が低空で威嚇飛行したことが問題だとしていることに関連し、「韓国は抑制した対応をしたにもかかわらず、日本はことし、1月18日と22日にも、韓国軍の艦艇に接近する威嚇飛行をした」と主張しました。
>そして「このような事実に対して、日本政府に再発防止を要請したのに、きょう再び、このような低空で接近する威嚇飛行をしたことは、友好国の艦艇に対する明らかな挑発行為であり、日本の真意を疑わざるをえず、これを強く糾弾する」として、非難しました。
>そして「また再びこのような行為が繰り返される場合、軍の行動規則に従って強力に対応していくだろう」と警告しました。



これは、韓国が「日本の自衛隊が次にまた韓国軍の駆逐艦などに近づいたらミサイルで撃墜するニダ!」と恫喝しているのだ!

本来、日本が先に「再び火器管制レーダーを照射された場合、その艦艇を撃沈させる」と警告するべきなのに、それすらしないので逆に韓国から警告されてしまった!

要するに、韓国に対して全く報復も制裁もしない日本は、韓国から完全に舐められているのだ!

結局、韓国に対して厳しい制裁するべきなのに全く制裁せず、「未来志向」で防衛協力を継続すると表明したことは、火器管制レーダー照射事件の再発防止策とならずに逆に益々韓国軍から実際に攻撃を受けるリスクが高めたのだ!!

日本は、今からでも韓国に対して厳しい制裁をしろ!


韓国、「今年3回、日本が威嚇」 記者団の取材に応じる岩屋防衛相=23日午後、防衛省
記者団の取材に応じる岩屋防衛相=23日午後、防衛省




さらに、韓国は、韓国軍の駆逐艦に対して低空で威嚇飛行した自衛隊に対して韓国軍の駆逐艦は無線でおよそ20回艦艇から離れるよう警告したものの応答がなかったと主張している!

そして、韓国は、日本の哨戒機がわざと射撃管制用レーダーを照射させようと接近したのではないかという見方を示している。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011788661000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008
韓国 海自哨戒機が威嚇飛行 無線に応答しなかったと説明
2019年1月23日 20時38分、NHK

韓国 海自哨戒機が威嚇飛行 無線に応答しなかったと説明

韓国軍の関係者は、日本の哨戒機が韓国軍の艦艇に対して威嚇飛行をしたとする発表について、23日夜、韓国の記者団に対して説明しました。

それによりますと、海上自衛隊の哨戒機が、23日午後、韓国軍の駆逐艦に対して、低空で威嚇飛行し、これに対して韓国軍の駆逐艦は無線でおよそ20回にわたり、艦艇から離れるよう警告したものの応答がなかったとしています。

また、哨戒機の飛行の意図について「射撃管制用レーダーの周波数を収集しようとしたのではないか」と述べて、日本の哨戒機が、わざと射撃管制用レーダーを照射させようと接近したのではないかという見方を示しました。

また日本の哨戒機が今月18日と22日にも威嚇飛行をしたとの主張について韓国軍の関係者は、18日は、艦艇に対して、高度60から70メートルで距離1.8キロ、22日は、高度30から40メートルで距離3.6キロまで接近したと説明しました。




上述した韓国からの因縁は、日韓外相会談でも繰り返された!
「元徴用工判決」後、初の会談へ 日韓外相23日夜スイスで

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190124/k10011788871000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_008
日韓外相会談も関係改善の糸口見えず
2019年1月24日 4時29分、NHK

日韓外相会談も関係改善の糸口見えず

日韓外相会談が23日夜行われ、河野外務大臣は、「徴用」をめぐる判決で、日韓請求権協定に基づく協議に応じるなど韓国側から前向きの姿勢を引き出したい考えでしたが、カン・ギョンファ(康京和)外相は対応を検討していると述べるにとどまりました。
その一方で、自衛隊機による韓国軍の艦艇に対する威嚇飛行が相次いでいると新たな主張を持ち出したことから、悪化した日韓関係は改善の糸口が見えない状況となっています。
(以下略)



日本が一歩退けば、二歩、三歩と押して来るのが、支那人や朝鮮人の特性だ!

日本政府は、いい加減に学習しろ!


(参考)
併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達
■併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達

一、朝鮮人には対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心掛けること。
一、朝鮮人には絶対に謝罪してはならない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い、決して情を移さぬこと。
一、裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖あり。

一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること実に多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える傾向あり、重々注意せよ。
一、朝鮮人は虚言を弄する習癖を持っているので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
一、朝鮮人と商取引を行う際には、正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
一、盗癖があるので、金品貴重品は決して管理させてはならない。
一、職務怠慢、手抜きは日常茶飯事であるので、重要な職務は決して任せてはいけない。食品調理、精密機械の製作等は決してやらせぬこと。
一、遵法精神がなく規則軽視、法規無視は日常の事である。些細な法規違反でも見逃さず取り締まること。
一、朝鮮人には日常的に叱責の態度で接すること。勝利感を持つと傲岸不遜となるので決して賞賛せぬこと。
一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みを抱き後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。危険を感じたる場合、即座に通報すること。
一、朝鮮人と会見する場合、相手方より大人数で臨むこと。武術等の心得ある者を最低二名から数名は随伴すべし。婦女子が単身及び少人数で会見することは、強姦及び秘密の暴露を言い立てての脅迫を受け、隷属化を招く危険があるので絶対に避けること。武術心得あるか、大柄強面にして強気なる男子を必ず複数名随伴同席せしむること。
一、争議に際して、弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については、関係各所への身元照会を行うこと。
一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。子女の独り歩きは厳に戒めて禁ずべし。交渉に先立ち人質を取る習癖あり。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。
一、不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので、関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
一、不当争議に屈せぬ場合、近隣や職場等周辺に誹謗中傷する例多々あり。 隣人と職場に不審者との係争を周知し、流言蜚語により孤立せらるることなきようにせよ。
一、差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。
一、無理の通らぬ場合には器物を破損し暴れ出す習癖があるから、日本人十名で一名の朝鮮人を包囲し制圧せよ。
一、排便してはならない場所をよく教えること。
一、排便、汚物取扱後は手を洗浄することをよく教え、かつ毎回確認すること。
一、食物と汚物の区別をよく教えること。一旦床に落ちた食物は既に汚物であることを十分認識せしめるように。
一、塵芥(じんがい。主に生ゴミのこと)の廃棄に関する規則を遵守するよう折に触れて繰り返し強く命じること。

一、朝鮮漬の製作は厳に戒めて禁じること。
一、調理器具と掃除道具の区別をよく教えること。
一、食器と洗面器の区別をよく教えること。
一、毎日入浴する習慣をよく教えること。


2019/01/19(土) 00:53:52 | URL | たつや #- [ 編集 ]



自民党の一部には上記のような朝鮮人の特性を承知した上で、韓国への制裁や防衛協力の見直しを訴える議員もいるのだが、なぜか日本政府は全く韓国に対して制裁をせずに防衛協力を継続するのだから理解に苦しむ!
自民党・山本朋広 国防部会長
自民党・山本朋広 国防部会長

自民党・国防部会(1月22日 自民党本部)
自民党・国防部会(1月22日 自民党本部)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010015-fnnprimev-pol
韓国に「仏の顔は使い切った!」 自民党でさらに強まる独自制裁や防衛協力見直しの声
1/22(火) 19:30配信 FNN PRIME

韓国に「仏の顔は使い切った!」 自民党でさらに強まる独自制裁や防衛協力見直しの声
写真:FNN PRIME

■韓国の“虚偽説明・約束の反故”に「仏の顔は使い切った」

自民党は1月22日、韓国軍の駆逐艦による自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題を議題について、岩屋防衛相出席のもとでの国防部会を開催した。

この件については、もはや韓国側の主張は二転三転した挙句に、レーダー照射した側の韓国が、された側の日本に「謝罪を求める」摩訶不思議な事態に陥っている。そうした韓国とやり取りすることが、もはや馬鹿らしくなったのか、防衛省は21日に最終見解を公表して、韓国側との交渉を打ち切った。

山本朋広国防部会長は、「礼節をもって韓国に相対していたにも関わらず、韓国政府は嘘をつく、虚偽の内容を公表する、約束を反故にする。こともあろうに向こうがこちらに謝罪を求めてくる。無礼であると言わざるを得ない!仏の顔も使い切った!」と述べた。先週は「仏の顔も三度まで」と発言していたが、その先の段階に突入したということで、「もう堪忍袋の緒が切れた」とさらなる怒りを露わにした形だ。そして、山本氏は韓国に対して、独自の経済制裁や具体的な対抗措置に向けた動きを前に進めるべく、出席議員に訴えた。

■出席議員からは「韓国との防衛協力は一定期間はやめるべき」との声

出席した議員からは、韓国への制裁を求める声がさらに強まり、徴用工問題や慰安婦問題とレーダー照射問題を切り離さず、一括して韓国に対する制裁を行うべきだとして、「韓国艦船の日本の港への入港拒否」や「国連安保理の場で協議し、国際社会の下で制裁を実行すべき」などの意見が出された。

また別の議員からは、「事実がはっきりするまでは防衛協力をやめるべき」「防衛協力には違和感があるのが国民感情だ。一定期間は(防衛協力を)やらないとかしないと、確実に政権批判になる」などと、日韓の防衛協力自体の一時見直しを求める声があがった。


■協議打ち切りには支持が多数の一方で疑問の声も

また、防衛省が、「これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らない」として日韓の協議を打ち切ったことについては、支持する声が多く上がった一方、疑問の声も出た。ある出席議員は「出るところに出ると思ったら、幕引きになった。それこそ遺憾だ」と怒りを示した上で、交渉を打ち切った以上、次の制裁措置などに話を進めるべきだと主張した。
(以下略)



とにかく、自衛隊の安全を確保して日本国民の生命や財産を守るためには、日本政府に韓国との防衛協力をやめさせ、韓国に対して厳しい制裁をさせなければならない!


日本政府や自民党に対して、「韓国に対して、すぐに厳しい制裁をしなければ、もう自民党には投票しない」と声を届けよう!

現在、韓国に対する制裁としては、次のような具体策が考えられている。


韓国への防衛協力の即時停止

NOビザの廃止

留学生ビザの廃止

「フッ化水素」などの半導体原材料の禁輸

半導体製造装置や工作機械などの禁輸

韓国からの輸入品に対する関税引き上げ

韓国企業資産や韓国政府資産の差し押さえ

みずほ銀行と三菱UFJ銀行が韓国の貿易決済用の銀行に対して供与している「クレジットライン」(信用与信枠)の廃止

自衛隊による竹島奪還

日韓断交(国交断絶)






人気ブログランキング

http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/d_02.gif
FC2 ブログランキング



●韓国への制裁の関連記事
韓国に制裁しない政府に非難殺到!官邸筋「文在寅政権はもう相手にしない方がいい」に国民が怒り!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7334.html
対抗措置が遅くて軽い!徴用工・関税引き上げやビザ復活の他、韓国資産差し押さえや国交断絶をしろ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7352.html
自民党「仏の顔も三度まで」?韓国は非公開の約束破り、でたらめ発表!制裁しない日本政府は売国奴
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7360.html


(一部再掲載)

官邸などへのメールは、内容などより数が重要!

2〜3行で良いから、韓国の不法行為や暴挙に対して厳しい制裁を実行するように、日本政府に日本国民の声を届けよう!
首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、経済産業省、財務省、防衛省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
自民党に対するご意見・ご質問
http://www.jimin.jp/voice/
ご意見・ご感想をお待ちしております。
衆議院議員第一議員会館 安倍晋三事務所
http://www.s-abe.or.jp/contact/contact


■参考例文1■
━━━━━━━━━━
韓国に制裁しなければ、もう自民党には投票しません!

韓国は、日本国民の生命や財産に対して不当な危害を加えています。
日本国民の生命や財産を守る日本政府の責務を果たすためには、韓国に対する厳しい制裁が必要不可欠です。
韓国に対し、韓国への防衛協力の即時停止、ビザ免除の廃止、「フッ化水素」などの半導体原材料の禁輸、半導体製造装置や工作機械などの禁輸、輸入品への関税引き上げ、韓国企業資産や韓国政府資産の差し押さえ、韓国の金融機関に対して供与している「クレジットライン」(信用与信枠)の廃止、自衛隊による竹島奪還、国交断絶などの厳しい制裁を早く実行してください。
これ以上韓国に対する制裁が遅れるようなら、もう自民党には投票しません!

━━━━━━━━━━

■参考例文2■
━━━━━━━━━━
韓国に対して厳しい制裁をしてください!

韓国の裁判所が新日鉄住金の資産の差し押さえを認め、自衛隊は韓国軍によって火器管制レーダーを照射されたにもかかわらず「無礼」と逆切れされています。
日本政府が対抗措置を怠ったため、日本国民の財産が守られていません。
韓国による悪逆暴虐について、即刻厳しい報復制裁を実行するべきです。
日本政府は「韓国への防衛協力の即時停止」、「ビザ復活」、「フッ化水素などの半導体原材料の禁輸」、「半導体製造装置や工作機械などの禁輸」、「関税引き上げ「韓国企業資産や韓国政府資産の差し押さえ」、「韓国の金融機関に対して供与しているクレジットライン(信用与信枠)の廃止」、「自衛隊による竹島奪還」などの制裁を早く実行するべきです!
そして、韓国は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」した請求権問題で国際法違反をしているのですから、同時に成立した1965年の日韓国交正常化を無効とし、韓国との国交断絶を正式に宣告するべきです。
また、韓国軍など他国の軍隊から火器管制レーダーを照射されたら、すぐに反撃してください。

━━━━━━━━━━

■参考例文3■
━━━━━━━━━━
韓国の悪逆暴虐に対して、即座に倍返しの制裁をしろ!

韓国の違法行為や暴挙に対して、日本政府が対抗措置を怠っているために、韓国の悪逆暴虐がエスカレートしている。

例えば、慰安婦問題「日韓合意」についても、韓国政府は、ウィーン条約に違反してソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前に設置された「ニセ慰安婦像」を一向に撤去していない。
日本政府が厳しい制裁を怠ったため、その後韓国政府は慰安婦財団の解散までした。

朝鮮人労働者(自称「徴用工」)による損害賠償請求訴訟についても、日本政府は即座に国際司法裁判所に提訴するなどの対抗措置を怠っているため、1965年の日韓基本条約を反故にした韓国最高裁の不当判決が繰り返されている。

さらに、韓国国会議員どもが竹島に不法上陸しても、日本政府は遺憾の意を表すだけで具体的な制裁などの対抗措置を怠っている。

そして、韓国軍の駆逐艦が自衛隊の哨戒機に対して火器管制レーダーを照射する暴挙に出た!
今後、自衛隊は、韓国軍から火器管制レーダーを照射されたら、即刻撃沈・撃墜するべきだ。

韓国政府、韓国最高裁、韓国軍、韓国人どもによる悪逆暴虐に対して、日本政府が即座にするべき倍返しの報復制裁を怠ってきたから、韓国による悪逆暴虐はエスカレートする一方だ!
日本政府は、韓国との貿易制限などの経済制裁、自衛行動による竹島奪還、日韓断交など、すぐに具体的な制裁を実行しろ!

━━━━━━━━━━










★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。









この記事は、FC2ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」の約1日遅れのコピーです。

ランキングのクリックや、コメント、トラックバックなどは、FC2ブログ「
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」にお願い致します。

FC2ブログへのコメントの際には、コメント欄の「名前」にはお名前を、「URL」部分にご自身のブログのURLアドレスを入力するようお願い申し上げます。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事