正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

真実の歴史を認識し、国益最優先の外交や日本の核武装の実現を目指します。維新政党・新風を応援します。

全体表示

[ リスト ]

海水ウランに関する最新情報です。

http://jolisfukyu.tokai-sc.jaea.go.jp/fukyu/mirai/4_5.html

4-5 海水ウランの捕集をコスト試算で裏づけ
−高性能金属捕集材による海水ウラン資源採取の検討−


我が国における原子力発電は、総発電電力の約34%を占めますが、発電に必要なウラン燃料はその全量を輸入に頼っています。ウラン資源として海水ウランの捕集が可能になれば、我が国のエネルギーセキュリティはより頑強なものになり、理想的な核燃料サイクル体系を完成するまでの時間的余裕を与えることができます。海水中のウラン濃度は非常に低く、海水1トン中のウラン溶存量は3.3mgと極微量ですが、世界の全海水中の総量を計算すると45億トンになり、陸域でのウラン埋蔵資源の1000倍に匹敵します。また、日本近海を流れる黒潮により運ばれるウラン量は、年間520万トンと試算されており、我が国の原子力発電に必要とされるウラン資源は、このうちの0.2%を捕集すれば賄うことができます。

私たちは、放射線グラフト重合法により作製した捕集材を用い、これを海面に浮かせた生簀から垂下する捕集方式で、青森県むつ関根浜沖合いで海域試験を行い、海水からウランを捕集する技術を開発しました。更に、ウランを捕集するコストを下げるためには、海底から立ち上げ係留できる捕集方式がより有効であることがわかりました。そのため、モール状捕集材(図4-12)を開発して、沖縄海域で捕集試験を行い、この結果に基づいて海水ウランの捕集コストを試算しました(図4-13)。年間のウラン捕集規模を金属ウラン換算で1200トン/年(原子力発電所約6基分に相当)と設定しました。ウラン捕集材の海水ウラン捕集性能が60日の海水への浸漬で2g-U/kg-捕集材、捕集材の繰り返し使用回数が6回でのコスト試算では、捕集材の製造、係留・回収、ウランの溶離・精製を合計すると、1,053億円/年となります。この経費をウランの年間捕集量1200トンで割ると、ウラン1kgあたりのコストは88千円となりました。捕集材の性能向上に関する研究開発を進め、6g-U/kg-捕集材、捕集材の繰り返し使用回数が20回以上の性能が達成された場合は、15千円程度まで下がります。この価格は採掘可能なウランの最高値と同じ程度です。沖縄海域で行ったウラン捕集試験では4g-U/kg-捕集材の性能が達成できる見込みが得られており、この繰り返し使用が18回目まで達成できるとしますと、現状で到達可能性の高いコストは25千円です。この場合、海水からウランを採取するために必要な初期投資額は1,077億円となります。これは100万キロワット級原子力発電所の建設費の約1/3程度です。
・・・・・・・・・
●参考文献
玉田正男ほか, モール状捕集システムによる海水ウラン捕集コスト試算, 日本原子力学会和文論文誌, vol.5, no.4, 2006, 印刷中.

――――――――

さらに最新のウラン市場価格を紹介します。

http://www.uxc.com/review/uxc_Prices.aspx

実はウラン市場価格は2004年あたりから上昇に転じ、今年に入って急騰を続けており、現在62.5ドル/U3O8 lbです。
これを1kgウランに換算すると約$180/kg-Uであり、1ドル120円とすると21600円/kg-Uとなります。
前稿で紹介しました「現状で到達可能性の高いコストは25千円」に市場価格はかなり近づいてきているといえるでしょう。






(参考)


あとむぱわー
http://www.mhi.co.jp/atom/apower64.htm

(一部抜粋)

「海水はウランの宝庫」
  さいとう きょういち
千葉大学工学部助教授   斎藤  恭一

今号の概要
1. 海水1トンには3ミリグラムのウランが含まれているので、これを効率的に回収できれば日本は資源国になれる。そのための吸着材の開発を行い、2年前に海水からウラン1キロを集めることに成功。実証化できるめどをたてることができた。
2. 吸着材の開発には、放射線を使って新材料を開発する「グラフト重合」という技術を使った。この技術は1970年代の手法だが、今日さまざまな点から見直されている。
3. グラフト重合を用いた製品としては、ボタン電池やLSI工場のフィルターなどが工業化されており、ペット用の猫の砂や老人ホーム向け生活福祉関連製品など幅広く用いられている。




10月23日放送 「海水からウランを採る」
http://www.tuf.co.jp/ekibun/ekibun051023.html

 海水には、コバルトやチタンなど陸地ではほとんどとれない貴重な金属が含まれている。そして、原子力発電所の燃料になるウランも海水に含まれているのだ。その量は、地上の1000倍といわれている。ウランは、カナダやオーストラリアなどの鉱山で採られている。そのウランも限りある資源。そこで、海水からウランを採ろうという研究が行われている。ポリエチレンのマットに放射線をあてると、分子の構造が変わってウランを吸着しやすくなる。このマットを大きなかごにたくさん入れて海中に沈める。そして20日間ほど待って引き上げると、マットにウランが吸着されるのだ。すでに、青森県のむつ湾や沖縄で実験が行われた。マットについたウランは、酸をかけることで容易に分離できる。この方法の問題は、ウランの採取にかかる費用だ。現在の技術では、鉱山で採るのにくらべて4倍の費用がかかってしまう。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

故飯田さんのご案内で三菱製の新型炉のレクチャーを受けましたが 海産ウランと組み合わせれば 資源安保の基幹となるかも知れません 自給ができれば原料を押さえてる国の顔色を覗わなくとも独自武装し易い一つのファクターにもなるのですが ぜひ私どもに政策提言をしてください

2007/1/20(土) 午後 8:19 [ 笠哲哉 ] 返信する

>ぜひ私どもに政策提言をしてください ■えーと、これは具体的に私が何かした方が良いのでしょうか?いずれにせよ、海水ウラン採取の実用化は日本の悲願とも言えましょう。

2007/1/20(土) 午後 8:44 益荒男 返信する

顔アイコン

読売の報道によれば、ウラン価格が6年で10倍もの高騰をしています。こうした技術はある程度まで進んだ時点で、政府が研究開発の保証を行った上で機密保持すべきです。自分達の技術を何でもかんでもタダで垂れ流して、何を買うにも一番高く買わされている現状を少しは変えてゆく手段を講じるべきでしょう。民生原子炉も日本のメーカーが最新の技術を保有しているはずです。こうしたものを国家として何か取引材料として利用しているのでしょうか…その辺りを知りたいものです。

2007/2/22(木) 午前 10:20 koudookan 返信する

海水ウラン採取は、重要なエネルギー問題ですから官民一体となって取り組んでほしいです。日本は原子力の民生利用に関して世界最高水準の技術を取引材料として利用していうようには思えませんね。

2007/2/22(木) 午後 10:21 益荒男 返信する

顔アイコン

これはなかなかすごいことですね。エネルギー源は多様化すること自体が安全保障に直結しますから。これからこういう技術を持った会社がどんどん欧米だけでなくシナなどの会社に買収されてしまう危険を孕んでいるので、国が国策としてどう関与するのか、そういう対策も十分確立させて欲しいものです。傑作に○!

2007/5/3(木) 午前 4:29 [ 太郎ともも ] 返信する

太郎とももさん。凄いでしょ。海水からの採取が実用化されれば日本は一躍資源大国です。ウランなどのエネルギーがこのまま急騰し続けると、コスト面のネックも解消するかもしれません。

2007/5/3(木) 午後 10:41 益荒男 返信する

顔アイコン

え〜〜〜〜その辺の海水に含まれていると言うことですか〜〜??(べっくり)。

>黒潮により運ばれるウラン量は、年間520万トンと試算されており

ガセネタ(私はそう思う)とはいえ、北の埋蔵量400万トンを上回っております。
地震予知連(意味がない、地震後倒壊住宅に即金を出す仕組みに変えてほしい)なんか潰して、こっちに予算を割くべきです。

2007/8/27(月) 午後 11:35 [ mir*k*nino*i ] 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2008/7/2(水) 午後 11:35 [ 平和主義者 ] 返信する

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2008/7/4(金) 午前 2:37 益荒男 返信する

顔アイコン

核武装をする国には ウランは 売らん と 云われないようになるね・・ そこでです、軍事利用の コストで考えると安くないですか? 国防費の中からも出すのです、核武装は ある意味では
安上がりな 兵器ですので 一部の 兵器代に とって代われるでしょう。 輸入は 輸入で どんどん ストックしていけば
どうでしょう・・

2009/10/26(月) 午後 8:13 国防大臣 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事