正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!日本国民党を応援します。

全体表示

[ リスト ]

これまでに、元戦犯が靖国神社に合祀されたことは、当時の日本国民の総意によって制定された法律に基づいていたことの説明がなされた。


国民の総意による合祀の基準となったキーワードは、「戦争による公務死者」であった。


元戦犯が靖国神社に合祀された背景や経緯から判ることは、富田メモの最も重要な部分である以下の


 「私は 或る時に、A級が合祀され その上 松岡、白取までもが、

 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが 松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と

 松平は平和に強い考えがあったと思うのに 親の心子知らずと思っている」



は、到底、昭和天皇の御言葉ではないということだった。



この辺のことを裏付ける大原康男教授の分かり易い寄稿があるので、参考までに掲載しておく。



――――――――


戦犯合祀は官民一体作業

・・・
 戦後はそれがどうなったか。陸海軍省は廃止され、靖国神社は民間の一宗教法人となり、しかも占領中はGHQ は靖国神社に対して大変厳しい目を向けていました。ところが、占領が終わると同時に、遺族会や生き残った戦友たちから、国の為に亡くなった戦没者を早急に靖国神社にお祀りすべきだという議論が沸き起こった。 しかし、彪大な数になる支那事変や大東亜戦争の戦没者を選考するなど、民間の宗教法人となった靖国神社には到底不可能なことです。それで、陸海軍省の後身である第1、第2復員省に始り、そこから復員業務と遺族の援護業務を引き継いだ厚生省が、この問題を担当することになったわけです。


 厚生省は昭和31年、「靖国神社合祀事務に関する協力について」という通達を出して、都道府県が御祭神の選考を行うこととなった。そして、厚生省と都道府県が選考した御祭神を「御祭神名票」というカードに記入して靖国神社に送り、それに基づいて、靖国神社は御祭神を合祀する。戦後は、こういう一種の「官民一体の共同作業」によって、靖国神社の合祀がなされてきたのです。


 もう一つの問題は、支那事変から大東亜戦争にかけては、日本は歴史上はじめて総力戦を経験したわけですから、以前のような選考基準では範囲が狭い。それで、御祭神の範囲を広げざるを得なくなってくる。しかも、選考の基準にはきちんとした法的根拠がなければならない。そこで、「戦傷病者戦没者遺族等援護法」と「恩給法」のいずれかに該当する、という基準を立てた。

 その「援護法」と「恩給法」自体の適用範囲が広がります。戦前のように軍人・軍属やそれに類する者だけではなく、例えば徴用された船舶の乗組員であるとか、空襲警報下に避難誘導や防火に努めた警防団員だとか、あるいは国民義勇隊の隊員なども含められるようになった。  そうしたなかで、いわゆる戦争犯罪人として処刑されたり、獄死されたり、あるいは裁判中に自決された方々も、「援護法」と「恩給法」の対象のなかに入れるべきだという議論が高まり、昭和28年8月に成立したこの2つの法律の改正によって、戦犯の遺族にも戦没者遺族と同様に遺族年金、弔意金、扶助料などが支給されるようになります。しかも、講和条約発効後も収監されていた有期刑や無期刑の方々は、昭和33年には全員が釈放され、そうした元受刑者本人に対する恩給も支給されるようになった。

 そもそも戦犯なるものは、日本から見れば、日本が主権を喪失していた時代に日本国家の意志とは無関係に連合国側が一方的に裁いたにすぎない。戦後の日本政府は、この点をきちんと踏まえていて、いわゆる戦犯に対して、国内法上の犯罪人という認定は一切していない。

 例えば、恩給法を見ますと、恩給権の消滅事由のなかには、「本人の死亡」と並んで「懲役乃至は禁固に処せられた者」という事項もあるのですが、先に述べたように、戦犯は恩給権を失ったわけではない。また、「懲役乃至は禁固に処せられた者」は、選挙権や被選挙権も当然停止されますが、いわゆる戦犯は現実には巣鴨プリズンの中で選挙権を行使していました。つまり、日本政府は戦犯を占領中から犯罪者としては見ていないのです。また、刑死した人々も同様で、その死はあくまでも「法務死」と呼ばれています。

 このような経緯があって、BC級戦犯として亡くなった方の「祭神名票」が昭和34年から靖国神社に送られ、その年に最初の合祀がなされる。A級戦犯については、昭和41年2月に「祭神名票」が神社に送られました。刑死した方7名と、未決で巣鴨収監中に亡くなった方と受刑中に亡くなった方7名の計14名です。ただ、その頃ちょうど、靖国神社の国家護持の問題が盛んに議論されていた頃であったことも配慮してでしょう、すぐには合祀されなかった。ようやく昭和46年になって崇敬者総代会で合祀が了承されますが、合祀が承認されても直ちには合祀せず、結局、昭和53年の秋季例大祭の前日の霊璽奉安祭で合祀されるということになり、翌54年4月19日、そのことが新聞報道によって明らかになり、国民の知るところとなった。


  こうした一連の経緯を考えますと、戦犯の合祀が歴代政府の厚生行政の一環として行われたことは明らかです。しかも、国民の代表である国会が行った恩給法や援護法の改正に従って、その対象とされた戦犯の方々を、厚生省と都道府県が協力して「祭神名票」として靖国神社に送り、靖国神社はそれによって合祀した。
・・・

「明日への選択」平成11年7月号、大原康男 國學院大學教授 より抜粋。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

あの戦争では戦犯なるものは存在しませんでした。軍人がやるといい官がしり込みしそれを国民が腰抜けと罵ったのです。軍・官・民の談合の結果での戦争だったので戦犯を裁く東京裁判では国民は知らん顔でした。23日の天皇誕生日では平成天皇が「戦争の歴史は正しく学んでください、二度とあの惨劇を繰り返さないためにも重要なことです」と述べておられます。

2006/12/25(月) 午前 11:20 [ dri**men*nguet*i ] 返信する

顔アイコン

昨今の間違った日本近代史の横滑りに我慢がならなくなっての言葉だと私は考えています。昭和天皇の息子である現天皇は戦争の歴史も合祀問題も全て父君から教えられ伝授されているはずです。あなたが主張される正しい歴史認識とは日本を擁護することではなく歴史の事実を探求することです。私の意見は天皇の意見と寸分も変わらず歴史を直視しない現代の遊びの歴史認識など私には2ch論議に過ぎないということです。

2006/12/25(月) 午前 11:34 [ dri**men*nguet*i ] 返信する

天皇陛下のお言葉は、正確には以下の通りです。「戦後に生まれた人々が年々多くなってくる今日、戦没者を追悼することは、自分たちの生まれる前の世代の人々がいかなる世界、社会に生きてきたかを理解することになり、世界や日本の過去の歴史を顧みる一つの機会となることと思います。過去のような戦争の惨禍が二度と起こらないよう、戦争や戦没者のことが、戦争を直接知らない世代の人々に正しく伝えられていくことを心から願っています。」

2006/12/25(月) 午後 8:28 coffee 返信する

私は、天皇陛下のこのお言葉を読んだとき、「靖国神社の英霊を大切にし、二度と戦争が起こらないように日本は核武装を急がなければならない。」と思いました。

2006/12/25(月) 午後 8:29 coffee 返信する

顔アイコン

そうだよね。
戦争犯罪人を祀る靖国神社が
存在しているのはおかしいことだよね。 削除

2008/2/9(土) 午前 8:46 [ 平和主義者 ] 返信する

[ 平和主義者 ]君。

日本には戦争犯罪人は居ないのだよ。

学べ!

靖国神社の年表・元戦犯の合祀の背景や経緯など
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9934017.html
(一部抜粋)
●1951年、サンフランシスコ平和条約調印。大橋武夫法務総裁「戦犯は国内法においてはあくまで犯罪者ではない」
●1952年、木村篤太郎法務総裁が戦犯の国内法上の解釈についての変更を通達。戦犯拘禁中の死者は全て「公務死」として、戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」に。(平和条約で戦争犯罪の撤回を認め、戦犯は国内法上の犯罪者とみなさず)
●1953年、「戦傷病者戦没者遺族等援護法の一部を改正する法律案」(遺族援護法)が衆議院にて全会一致で可決。「遺族援護法」の改正により、「戦犯」とされた人々を国内法上での犯罪者とはみなさず、その死を「戦争による公務死」と認定

2008/2/14(木) 午前 1:49 coffee 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。 削除

2009/2/5(木) 午前 1:39 [ 平和主義者 ] 返信する

顔アイコン

[ 平和主義者 ]

大きい声を出して100回読め!

民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html
支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html
支那軍による虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

朝鮮の変遷・李氏朝鮮時代→日本統治時代→現在
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21665810.html
李氏朝鮮時代→日本統治時代・日本が朝鮮半島に残した資産
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25876198.html

2009/4/12(日) 午前 2:35 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事