DelightBank 〜楽しさ貯めよう!〜

中小企業診断士の楽しい事。きっとあるはず♪

数学的思考力

またしても久しぶりになってしまいました。

最近「経済のニュースがよくわかる本」の著者として有名な細野真宏さんの「数学嫌いでも『数学的思考力』が飛躍的に身に付く本!」を読んだのでその事を書きます。

この本のタイトルは中小企業診断士試験と関係無さそうですが、診断士2次試験における思考プロセスと著者が言う数学的思考力は密接に関係しており、今年2次試験を受験される方は参考になる一冊だと思います。(このブログは誰も見てないかもしれませんが)

著者の言葉を借りると、思考の歩幅(論理を展開するステップ?)、思考の骨太さ(論理展開の正しさ?)が数学的思考力を高めるためには必要で、これはまさに診断士2次試験での論理展開と同じものだと思います。この思考回路が定着すれば与件文と題意に沿った回答が可能になり、採点者に対する説得性も増すと思います。

思考の歩幅と思考の骨太さを考えると、「風が吹けば桶屋が儲かる」式の理論展開がいかに荒唐無稽かいわずもがなです。

後半は、事例を交えて情報の本質を見抜くといったやや冗長な話になっていますので、忙しい方は前半だけでも目を通される事をお勧めします(文字が大きいので簡単に読めます)

では・・・


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事