ここから本文です
脳出血から復活を目指している男の日記−第二章−

書庫全体表示

清洲会議

2013年に見た映画15
「清須会議」

イメージ 1


「素敵な金縛り」のようなコミカルな映画だと思ってたら、
見終わったオバサン連中が、
「ふざけた映画だと思ってたら、私歴史強くないから
あまりよくわからなかったわ!」みたいな事言ってました。
正直、この映画の評としては、そんな感じです。

多少コミカルな部分もありましたが、
基本的には面白おかしく作ってはありますが、
基本的には史実の清洲会議の通りです。
清洲会議で三谷さんは、どんな風に描くんだろう?
と歴史好きな私はワクワクしてたんだけど、
正直そこまで面白おかしくはしてないかな。

ただ「素敵な金縛り」に登場した更科六兵衛さんが
ちょっとだけ出てました(笑)
ロクベエさんは、北条軍だと言ってましたからね!
滝川軍とのやりとりから出てきたんでしょうね。
そういう細かいやりとりが歴史好きな私には面白かったですが、
歴史をあまり知らない人達は楽しめるかなぁ?

歴史好きな私は大抵の事は知ってましたが、
三法師のお母さんが武田信玄の娘だとは知らなかった・・・
信長は武田方の嫁をもらったのは知ってたけど、
それがどの子の嫁かまでは知らなかったから・・・
結局、お市対三法師の母という女の闘いの構図と、
秀吉の天下とりの図式が折り重なって、
清洲会議は成り立っております。

今調べたんですが三法師の母である人は
詳しくはわからないようですね。
たしかにそのうちの一人は武田方の松姫
という説もあるようですから・・・
その説を採用して、話を進めたんでしょうね。

柴田勝家 対 羽柴秀吉の清洲会議なんですが、
この会議の主役と言えば秀吉のほう・・・
なんですがタイトルコールは勝家役の役所さんの方が先でした。
終盤に入るにつれ秀吉役の大泉洋の方が活躍してたんで、
主人公は秀吉役の大泉洋でもいーんじゃないのかな?と思ったが、
先輩の役所広司さんを立てたのかな?とも思った(笑)

ちなみに羽柴秀吉の羽柴という姓は、
筆頭家老の柴田勝家と丹羽長秀からとった字なんですよねぇ(笑)

まぁ歴史好きな私ですから、それなりに楽しめましたが、
今までの作品のような笑いを期待して行くと、
裏切られるかもしれませんね。

  • はじめまして、ちいらばと申します。私は結構面白く観ることができました。でも映画というより舞台でもいいかなとも思いました。

    [ ちいらば ]

    2013/11/19(火) 午後 10:34

  • 顔アイコン

    もしかして三谷氏は、新しい作風を模索中なのかもしれませんね〜。

    オバァ

    2013/11/19(火) 午後 10:59

  • 顔アイコン

    >ちいらばサン、私もそれなりに楽しめたんですが、いつもの三谷映画を期待すると危ないぞ!と忠告だけ(苦笑)

    私は舞台に行った事がないんですが、そう考えると映画で良かったかな?と思います。

    はじめのいっぽん

    2013/11/20(水) 午前 9:04

  • 顔アイコン

    >オバァさん、三谷さんには歴史モノ映画を撮りたいという願望はあったらしいですね。

    はじめのいっぽん

    2013/11/20(水) 午前 9:06

  • ステキな金縛りをテレビで見て、面白かったので更科六兵衛さんが出るならと時間がある時に見に行こうと思っていましたが・・・
    歴史音痴の私は、オバサン連中と同じ感想を持つような気が・・・
    破棄のない存在感のない大泉洋の豊臣秀吉役も?と先入観で思ってます。

    きい

    2013/11/20(水) 午後 2:04

  • 顔アイコン

    >きいサン、ロクベエさんは出るんですがほんのワンシーンだけです(汗)
    大泉洋はむしろ存在感ありまくりで、秀吉役なら大河ドラマも狙えるかもっていうような演技でしたよ!
    歴史がさほど得意でないのなら、レンタルでも良いのかなぁ〜などと思いますがね(苦笑)

    はじめのいっぽん

    2013/11/20(水) 午後 2:49

  • 顔アイコン

    私も面白系の映画だと思っていましたので
    機会があったらレンタルしようかと。。。
    私も歴史に詳しくないのできっとちんぷんかんぷんかもしれないですね^^;

    aikyolady

    2013/11/21(木) 午前 9:57

  • 顔アイコン

    >愛嬌さん、歴史に詳しくない人も配役が豪華で楽しめたという人は多かったようですが、それでなければレンタルで良いかもしれませんね!

    はじめのいっぽん

    2013/11/21(木) 午前 10:00

  • 三谷さんの作品って、当たり外れが多いような気がします。最近、休日出勤が多くて、映画が観られませんでした。今度の休みは久しぶりの休日。これも観たいし、「そして、父になる」も観たいな。両方観られたらいいな

    にこにこくん

    2013/11/21(木) 午後 7:23

  • 顔アイコン

    >にこにこくんへ
    私は三谷、堤、クドカンをコネタ三巨頭と呼んでいますが、一番アタリハズレが多いのはクドカンじゃないかな(苦笑)

    私は歴史好きなんで楽しめましたが、素敵な金縛りを好きな人達にはハズレと写るかもよ?

    はじめのいっぽん

    2013/11/21(木) 午後 10:32

  • アバター

    今までの監督作品とは一味違っていましたが
    歴史に疎い私でも楽しむことは出来ました♪

    お返しTBよろしくね〜

    ちゃーちゃん♪

    2013/11/23(土) 午前 3:55

  • 顔アイコン

    >ちゃーちゃんへ
    たしかに今までの監督作品とは違ってましたね。
    私も楽しめましたし、ちゃーちゃんも楽しめたのなら、それで良いですよね!

    TBありがとうございました〜。
    自宅PCが新しくなって使い方にとまどってます。

    はじめのいっぽん

    2013/11/23(土) 午前 10:50

  • 顔アイコン

    こんばんは。

    今、小説版を読んでいるところです。小説はけっこうコミカルです。映画版ではどうなってるのかな?と思いながら読んでました。
    そもそも、清洲会議という舞台がちょっとマニアックですから歴史の知識がないと分かりにくいのかもしれないですね。

    「新選組!」の時のスペシャルドラマとかも面白かったので見たいのですが、今ちょっと体調がイマイチなのでDVDになってからになっちゃうかなー。

    [ Morningglory_sono_glory ]

    2013/11/23(土) 午後 9:23

  • 顔アイコン

    >グローリーさん、こんにちは。
    清洲会議は小説が出てましたものね。
    豊臣秀吉ものの小説だったら1・2単元位で終わっちゃう会議で映画を作っちゃうんですからね(笑)
    ただ後の天下人を決めたきっかけになった会議なので後世にも語りつがれていますよね。

    はじめのいっぽん

    2013/11/24(日) 午前 11:54

  • 清須会議は、豪華なキャストが見所でしたね?
    歴史には疎い私でも、何とか分かり、面白かったです。

    大泉洋は、役所広司、佐藤浩市などのクセのある役者さんに負けないで頑張っていました!
    我が子達が「水曜どうでしょう」ファンでDVDを持っているので、良く見ますが、役者としても上手いと思いました!

    ルビー

    2013/11/25(月) 午前 8:39

  • 顔アイコン

    >ルビーさん、そうですよねぇ!
    大泉洋は秀吉役熱演でしたよねぇ。
    佐藤浩市も変わった役をやらせると面白いというのも三谷さんが見つけましたよねぇ(笑)

    ウチの家内が道産子なので「水曜どうでしょう」は好意的に見てますよ!(注・私の地区では日曜日ですが・・)

    はじめのいっぽん

    2013/11/25(月) 午前 9:05

  • アバター

    秀吉の方が策士なので、いろんな場面で上に立ってましたが、
    やる方よりもやられる方ということで、勝家も目立ってましたから、
    主演の筆頭は役所広司になるんでしょうね♪。

    ffa**77

    2013/11/27(水) 午前 0:00

  • 顔アイコン

    >ふぁろうサン、私は秀吉=大泉洋主演という事で良いのかなぁ?とは思いましたが、そうすると客の入りが役所公司主演とした方のが良いのかなぁ?と三谷さんが考えてのことなのかな?と邪推してみたり(苦笑)

    はじめのいっぽん

    2013/11/27(水) 午前 8:04

  • 顔アイコン

    こんばんは 観てきました

    ワシは面白くてしょうがなかったです 柴田勝家といえば剛の者 役所広司がどのように演じるかと思ったらよい感じで納得できたし 織田信雄を本当のうつけにしちゃって 歴史ではこの後 家康にも担がれるのもこいつならありだなとニタニタ お市様の秀吉憎しの嫌がらせで柴田勝家に嫁ぐと秀吉にはっきり言ったシーンは笑いでした

    秀吉がかくまってもらい、柴田勝家がかたる場面なんかは真面目でよかった

    歴史をちょっと知ってるから楽しめたのかな

    ちなみに来年春に三谷幸喜の舞台見に行ってきます
    チケットはもう取ってあります
    今から楽しみ

    つおし

    2013/12/6(金) 午後 8:07

  • 顔アイコン

    >つおしサン、柴田勝家は古いタイプの武将なんですよね。
    織田信雄は次男ですがうつけで、三男の信孝よりも数日後に生まれたらしいんですが、母親の格が高いのと受付の早さで次男扱いなんですよね(笑)

    お市様の気持ちは、正直誰にもわかりませんよねぇ。
    実際のところはどう思ってたんだろう?

    私も歴史好きなので、楽しめましたが、いつもの三谷作品だと思って見に来た人たちには若干厳しいのかな?とも思いました。

    さすが競馬もできるし舞台も見るつおしサンですね!
    私は舞台見たことないので・・・

    はじめのいっぽん

    2013/12/6(金) 午後 10:18

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事