ここから本文です
脳出血から復活を目指している男の日記−第二章−

書庫全体表示

もしかしたら、フェブラリーステークスについて述べるのは、
来年で最後かもしれないので、そろそろ大物を登場させなければ・・
と考えが働いたのも事実である。

その馬の名は、トランセンド。
父ワイルドラッシュ、母シネマスコープ。
母の父トニービンという血統である。
トウカイテイオーで有名な安田隆行厩舎で関西馬。
トランセンドは良血という程の馬ではなかった。

平成21年2月、3歳新馬戦芝1800mが
トランセンドのデビュー戦だった。
デビュー前の調教で古馬並みの時計を出していたので、
デビュー戦は1番人気に推されたが、2着と敗戦した。

2戦目は、3歳未勝利戦だったが、
フレグモーネの為出走を取り消した。

そして次走。
4月に行われた3歳未勝利のダート1800m戦で
初勝利を飾った。

その後の500万下条件戦で、
不良馬場で安藤勝己騎手を背に、
7馬身差つけて快勝する。

この勝利で陣営はダービーを目指す為に、
5月の芝G2戦の京都新聞杯に出走。
勝ったベストメンバーから9馬身程離されて9着・・

今後はダート路線を邁進する事にしたトランセンド、
ダートの1000万下条件、新設されたばかりの
グレードなしの重賞・レパードステークスで
公営所属の全日本2歳優駿チャンプのスーニを下して
連勝を重ねる事となった。

9月の新潟G3エルムステークス、
11月の東京G3武蔵野ステークスともに、
4着・6着と敗戦する。
そしてその年の走りは終了。

明け4歳の平成22年。
2月のオープン戦であるアルデバランステークスで
勝利を飾り、G3のアンタレスステークスでは8着敗戦。

5月の京都G2・東海ステークスで2着。
9月の船橋の日本テレビ盃では、
船橋の王者フリオーソの2着。

そして11月の第1回みやこステークスを優勝する。
そしていよいよ中央・阪神のG1ジャパンカップダートに出走する。
前走のみやこSの勝利が評価されたのか?
1番人気に推されたトランセンドだった。
そして人気に応えてトランセンドは、
クビ差ながら2着馬グロリアスノアの追撃を凌いで、
見事G1制覇となった!
この辺りからトランセンド伝説は、本格稼働しはじめる。

翌平成23年、トランセンド明け5歳。
この年初戦は、件のフェブラリーステークスG1。
トランセンドは1番人気だった。

2番人気は、セイクリムズン。
重賞連覇を含む3連勝中で波に乗っていた。

3番人気は、船橋の雄フリオーソ。
公営馬ながら中央の1戦級達と互角に闘っている馬である。
ちなみにこの時私はフリオーソ本命だっと記憶している(笑)

ダートの1600m戦といいつつも、
スタート地点は芝である(苦笑)
世界に冠たる東京競馬場でいつまで
こんな事してるんでしょうかね・・・

芝スタートなので、やはりというか、
逃げ馬のトランセンドは、スピードを上げて逃げる。
後続からフリオーソが物凄い脚で猛追するも、
トランセンドは他馬に影さえ踏ませずに1着で、
フェブラリーステークスのゴール板を駆け抜けた!

イメージ 1


そしてこの約3週間後に東日本大震災を迎える・・・
阪神大震災が火災だとすると、東日本大震災は津波。
それだけに留まらず原発問題も発生・・・
チェルノブイリと同等クラスと福島はみなされてしまった・・・

そんな年だったからかな、
その後日本を元気づけるような話題が続いた。
なでしこジャパンが、ワールドカップで優勝し、
ドバイワールドカップでは日本馬がワンツーフィニッシュを決めた!
ちなみに女王ブエナビスタは奮わずに8着と惨敗した。

それまでのドバイワールドカップでの日本馬の成績と言えば、
トゥザヴィクトリーの2着が最高だったのだ。
正直な話、

ドバイワールドカップで勝ったのは、
皐月賞・有馬記念の2冠を制した
ヴィクトワールピサ!
そしてそこから半馬身差の2着に
件のトランセンドが入った!!

正直な話3月にして、私の中では最優秀ダートホースは、
この段階でほぼトランセンドに当確だった。
年は違えど、前年秋のジャパンカップダートと、
今年冬のフェブラリーステークスの勝利で合わせ1本。
ダメ押しにドバイワールドカップでの2着。
もう当確だな・・・と。

秋には東京競馬場で開催された
マイルチャンピオンシップ南部杯を制覇。

そして11月初旬の大井でのJBCクラシックで、
まさかの伏兵?スマートファルコンに逃げきられる!?
得意の逃げの頭を叩かれた感じである。

そして12月上旬のジャパンカップダートで
堂々の勝利を飾ったが、宿敵スマートファルコンは
出て来ずに暮れの東京大賞典で完勝。

その年の最優秀ダートホースは当確?だとは思ったが、
JBCクラシックでスマートファルコンに負けたのが、
ちとアレだった・・
しかもそのスマートファルコンは、地方で荒稼ぎの5戦無敗!
うち3勝は公営のG1級レースでもあった。
しかもその前年からの連勝記録が8連勝中だ!
その年のスマートファルコンは、JRA賞は無冠だったが、
公営のNAR賞では、ダートグレード競争特別賞を受賞した。


さてトランセンドのその後に目を向けると、
流石に燃え尽きたのか?、
5戦して1度も先頭でゴールを切る事は無かった・・・

トランセンドは確かにダートで天下を獲った。
彼はその先に何を見たのかは、我々にはわからない。。
一時代を築いたもの達は、その深淵に何を見たのか!?
私のような凡人には、知る由もない・・・

  • フェブラリーステークスについて述べるのは来年で最後かもというのは、何かあるのですか?ネットで検索したけれど、よくわかりませんでした。
    戦績を見ると、波瀾万丈ですね。必死で戦って来たんだなあと思いました。
    天下を獲った先に何を見たのか、私にもわかりません。名文ですね。

    にこにこくん

    2018/2/17(土) 午前 8:30

    返信する
  • > にこにこくんさん
    何度か記事でも述べた事はあるんですが、手前勝手ながらこのブログは、とりあえず来年の春頃までと考えておりますので…
    ですから、JRAの都合では無く、手前勝手な都合で、記事を書かなくなるかもしれないという事なんです。

    にこにこくんのような編集の人に名文だなんて言われると嬉しくて舞い上がりそうです。
    そしてナイス共々ありがとうございました。

    ちなみに私が思うダート最強馬はクロフネなんですが、フェブラリーSは勝っておりませんし、過去に述べた事があるので、述べてない中から強い馬を選択してトランセンドになりました。

    はじめのいっぽん

    2018/2/17(土) 午前 9:32

    返信する
  • ああ、そうか、そういうことですか。でも、寂しくなるなあ。思い直していただけるとありがたいなあ。決めるのはご自身ですから私が口を挟むことではないけれど、、、

    にこにこくん

    2018/2/17(土) 午前 11:00

    返信する
  • こんにちは

    今年はパッとしないなと思いながら、ニヤケてます(笑)

    逃げ馬の最後はしょうがないですよね

    スピードに時計と限界が出て来ますからね

    つおし

    2018/2/17(土) 午後 1:44

    返信する
  • > にこにこくんさん
    とりあえず終了の頃までには、今まで広げた風呂敷をたたまないといけないな・・と考えております。
    その時に、まだ書きたい事があるし、皆さんもソレを望んでいる!と認識した場合は、なんらかの形で継続しようとも思っております。

    まずは、平成が終わるまでに書かなければいけない記事がいくつか残っていますので、自分のケツにムチを奮うつもりです(苦笑)

    はじめのいっぽん

    2018/2/17(土) 午後 3:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > つおしさん
    がニヤけているという事は、逃げ馬でもテイエムジンソクではないという事ですよね?

    逃げ馬でも、年とともに差し追い込みに脚質転換する馬もいますしね、ドバイがターニングポイントだったのかな?とも思っています、トランセンドについては。

    それでもまだ残っている余力のようなもので、他馬を蹴散らしながらダートのテッペンに輝いた。
    だけど後ろからスマートファルコンが猛追してきた・・という感じですかね。

    はじめのいっぽん

    2018/2/17(土) 午後 3:22

    返信する
  • 顔アイコン

    ☆2月17日、土曜京都G3の結果☆
    第53回京都牝馬ステークス
    1着ミスパンテール
    2着デアレガーロ
    3着エスティタート

    はじめのいっぽん

    2018/2/17(土) 午後 3:54

    返信する
  • 顔アイコン

    ☆2月17日、土曜東京G3の結果☆
    第68回ダイヤモンドステークス
    1着フェイムゲーム
    2着リッジマン
    3着ソールインパクト

    はじめのいっぽん

    2018/2/17(土) 午後 4:00

    返信する
  • 今週の土曜名馬座は、G1フェブラリーSの勝ち馬サクセスブロッケンでした。
    冒頭で元祖二刀流ベーブルースを引合いに出されていたのでアグネスデジタルかとも思いました。
    本当に取り上げる馬が、私のツボをついてきます。

    フェブラリーS。私の本命はノンコノユメです!

    はじめのいっぽん

    2018/2/18(日) 午前 6:23

    返信する
  • 顔アイコン

    ☆2月18日、日曜小倉G3の結果☆
    第52回小倉大賞典
    1着トリオンフ
    2着クインズミラーグロ
    3着スズカデヴィアス

    はじめのいっぽん

    2018/2/18(日) 午後 5:56

    返信する
  • こんばんは

    ノンコノユメ本命お見事です

    つおし

    2018/2/18(日) 午後 6:43

    返信する
  • 顔アイコン

    > つおしさん
    ありがとうございます。

    つおしサンは、ダメっぽい配当でしたよね?
    今、明日の記事を予定でアップしたところでした。
    つまりフェブラリーSの回顧記事的なものです(苦笑)

    はじめのいっぽん

    2018/2/18(日) 午後 6:53

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事