ここから本文です
脳出血から復活を目指している男の日記−第二章−

書庫全体表示

高松宮記念がG1になってからの歴史はまだ20年ちょっとだが、
平成27年に海外からの参戦馬に持っていかれた事がある。
その頃の香港は、スプリント界では
世界トップレベルだとの噂はあったが・・・

その馬の名は、エアロヴェロシティ。
セン馬である。
去勢をした馬なので、いわゆるオカマである(苦笑)

ただ競馬界は、生産・繁殖を元に成り立っているので、
競争しかできないセン馬は低く見られがちでもある。
子孫を残せないという事で、セン馬は登録すらできない
レースが日本には結構ある。
その点、オーストラリアや香港は
セン馬大国と言っても良いのかもしれない。

エアロヴェロシティのデビューは、
平成24年の4月、ニュージーランドでの事だったそうな。
未勝利戦を勝利して1戦1勝の身のまま戦いの場を香港へ移した。

香港ではエアロヴェロシティの名前で登録し、走る事となる。
まさに心機一転だ!
翌年の平成25年2月に香港でのデビュー戦を迎える。
デビュー戦では惨敗。
その後勝ち上がるまでに数戦を要した。
勢いに乗ってきたのはその年の終わりころからかな。
11月から翌平成26年の5月まで5連勝を記録する。

その後G3を2着して、その次のG2プレミアムボウルを1着。
その後G2を1番人気に推されながら惨敗してしまう。
ところが暮れのG1香港スプリントで念願のG1制覇を果たす。
この時日本からはスプリンターズSを2着した
ストレイトガールが大将格として参戦するが3着だった。

そして翌平成27年。
香港G1のチェアマンズスプリントプライズを2着した後、
日本の高松宮杯に出走する事となる。

1番人気は、昨年のスプリントG1を3→2着と尻上がりの
ストレイトガールでした。
2番人気は、前走阪急杯を制覇したダイワマッジョーレ。
3番人気は、前年のG1、
NHKマイルカップの覇者ミッキーアイル。
4番人気が、件のエアロヴェロシティだった。

レースは人気薄のアンバルブライベンが逃げる展開となった。
パートン騎手騎乗のエアロヴェロシティは2番手を
ハクサンムーンと争う展開となった。
ちなみにハクサンムーンは史上最強と言われるスプリンターである
ロードカナロアにスプリント戦で勝った事のある馬である。

最後の直線、最初に抜け出したのはそのハクサンムーンだった。
ハクサンムーンが粘ろうとする中、
エアロヴェロシティとミッキーアイルが追いすがる。
そしてエアロヴェロシティが半馬身抜け出した所がゴールだった。

イメージ 1


2着は、ハクサンムーンで、
3着は、ミッキーアイルだった。
見事香港の単距離王エアロヴェロシティは、
日本でも単距離王に輝いた!

その後のエアロヴェロシティはシンガポールのG1である
クリスフライヤー国際スプリントも制覇して、
3ヵ国で国際G1を制覇するなどして我が世の春を謳歌した。

この年のJRA賞選考で、最優秀短距離馬にエアロヴェロシティが
1票受賞していた(驚)
外国馬でもJRA賞受賞のチャンスがあるのか!?と
驚いた瞬間でもあった。
確証は取れてはいないが、恐らく日本のレース
特にG1を圧倒的な強さで勝利するとJRA各賞を
受賞できる権利が生まれるのかな?と思った瞬間でもあった。



今年の海外出走枠もブリザードというセン馬が納めている。
オーストラリアで生まれて、セン馬として香港で走っている。
そして昨年のスプリンターズステークスで僅差の5着と善戦している。
日本の馬場に適正ありと見て良いだろう。
怖い1頭である。
これを書いている段階では高松宮記念を制した海外馬は
エアロヴェロシティ1頭だけなのだが、
レース後には2頭に増えてない事を祈りたい(苦笑)

  • 顔アイコン

    ☆3月24日、土曜阪神G3の結果☆
    第65回毎日杯
    1着ブラストワンピース
    2着ギベオン
    3着インディチャンプ

    はじめのいっぽん

    2018/3/24(土) 午後 4:51

    返信する
  • 顔アイコン

    ☆3月24日、土曜中山G2の結果☆
    第66回日経賞
    1着ガンコ
    2着チェスナットコート
    3着サクラアンプルール
    4着ロードヴァンドール
    5着トーセンバジル

    はじめのいっぽん

    2018/3/24(土) 午後 4:53

    返信する
  • 読んでいるだけで手に汗握るレース展開ですね!
    セン馬という言葉、最近ノンコノユメがそうだと聞いて、初めて知りました。馬にとってはどんな気分なのでしょうね?

    にこにこくん

    2018/3/24(土) 午後 5:16

    返信する
  • 顔アイコン

    > にこにこくんさん
    社交辞令だとは思いますが、嬉しいですね。
    ナイスともどもありがとうございます。

    セン馬は日本では一般的に気性が荒くて人間の言う事を聞かない馬を去勢してセン馬にしたりします。
    そうすると、段々とおとなしくなるそうです。

    馬は潜在能力がいくら高くても、人間に従わないとその強さを証明する事ができないんです・・・
    去勢して、いくら活躍したとしても、子孫を残す事は、できません。
    そう考えると、はたして去勢が正しいのか、わからなくなります。

    はじめのいっぽん

    2018/3/24(土) 午後 10:07

    返信する
  • 顔アイコン

    ◎今週の土曜名馬座◎
    高松宮杯を勝ったキングヘイローでした。
    彼は本当にクラシック世代でも3強と呼ばれた一員だったのですが、その他にも彼の同期にはメチャクチャ強いのが沢山いましたから、G1ホースになれた本当に良かったと思いますよ。

    はじめのいっぽん

    2018/3/24(土) 午後 10:10

    返信する
  • おはようございます

    さて今年の香港馬はどうなんでしょう

    G1掲示板クラス この辺りに勝たれると日本馬のレベルが・・・

    ワシは父キングヘイローの仔ダイアナヘイローに期待

    大穴ヘイローですからね(笑)

    つおし

    2018/3/25(日) 午前 5:45

    返信する
  • 顔アイコン

    > つおしさん
    今、香港のスプリントレースは世界屈指と言っても良い程の盛況ぶりです。
    そこでG1掲示板クラスの馬が参戦、しかも一度日本の馬場を経験している。
    ロードカナロアが対抗するなら、そんなに上は狙いませんが、レッドファルクス政権なら脅かせるぐらいの力はあると思いますので、ただ勝つのはどうかな?とも思いますので、その2頭のワイド1点で勝負しようかな?と(笑)

    上にも書きましたが、昨日の名馬座はキングヘイローでした。
    ダイアナヘイロー良いかもしれませんね!

    はじめのいっぽん

    2018/3/25(日) 午前 8:54

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事