ここから本文です
脳出血から復活を目指している男の日記−第二章−

書庫全体表示

☆3月25日、日曜中京G1の結果☆
第48回高松宮記念
1着ファインニードル
2着レッツゴードンキ
3着ナックビーナス
4着ダンスディレクター
5着ブリザード

イメージ 1


1番人気のレッドファルクスは、案外な競馬だった・・
終始後方待機?で、結局8着に惨敗した。
優勝争いは2番人気のファインニードルと
3番人気のレッツゴードンキに絞られた!
早め先頭に踊り出たレッツゴードンキと、
それを差しにかかるファインニードル。
ファインニードルの差し足がハナ差捕らえた所がゴールだった。

ファインニードルは嬉しいG1初制覇だったが、
2着レッツゴードンキは桜花賞馬であるが、
G1で2着となったのは、
これでG1級レースに限ると4回目である。
悔しさもひとしおだろう。

私が狙っていた香港馬のブリザードは、
昨年のスプリンターズSと同様の5着だった。
レッドファルクス政権もこれで終了か!?
と思われるような不甲斐ない負け方だった。
ロードカナロア以降、強力なスプリンターは
なかなか現れないな・・・

  • どっちが勝つのだろうと思って観ていました。今まで、同着ということはあったのですか?

    にこにこくん

    2018/3/26(月) 午後 3:48

    返信する
  • 顔アイコン

    > にこにこくんさん
    競馬界では条件戦から重賞まで、細かくランク付けされています。
    その最高峰がG1なんですが、私の知る限りG1での1着同着は過去に一度オークスであっただけですね。

    審判員は、最高峰のレースではできるだけ優劣をハッキリさせようという意思がありますから、昨日の高松宮記念なんかは、ファインニードルの勝ちで楽だったと思います。
    ハナ差数センチで、明暗がわかれますからね。

    まさかG1で1着同着があるなんて・・・!?
    と思いましたよ!
    しかも牝馬クラシックの最高峰であるオークスでね・・・
    その時に勝った馬は、その年牝馬3冠を達成したアパパネという馬でした。

    ナイスありがとうございました。

    はじめのいっぽん

    2018/3/26(月) 午後 4:06

    返信する
  • 早速お答えいただき、ありがとうございます!そうですか〜。それでも過去に一回あったのですね。すごいですね。
    アパパネ、名前は聞いたことがあります!

    にこにこくん

    2018/3/26(月) 午後 4:12

    返信する
  • 顔アイコン

    > にこにこくんさん
    ミドリノマキバオーという漫画では、ダービーで1着同着になった事はあったんですが、まさか実際のオークスで1着同着になるとは思ってもみなかったですよ!
    ちなみに配当等はその同着馬同士の馬券は両方当たりで配当金額は半分になります(苦笑)
    ですから胴元の腹は痛まないですが、1着同着自体があまりない事ですからねぇ。

    はじめのいっぽん

    2018/3/26(月) 午後 5:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事