ここから本文です
脳出血から復活を目指している男の日記−第二章−

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

☆4月13日、土曜中山障害J・G1の結果☆
第21回中山グランドジャンプ
1着オジュウチョウサン 牡8 石神 1人気
2着シンキングダンサー 牡6 金子 6人気
3着マイネルプロンプト セン7 森  4人気
4着ラピッドシップ   牡5 北沢 8人気
5着タイセイドリーム  牡9 平沢 3人気

イメージ 1


昨年の同レースを制してから、暮れは平場のG1・有馬記念を目指した
障害の鬼神馬でもあるオジュウチョウサン。
そして再び障害界に戻ってくると史上初の同一重賞4連覇で、
障害のG1である中山グランドジャンプを制覇した。

他馬のジョッキー達も、オジュウチョウサンだけには勝たせない!
という意気込みを魅せて、みんなが次々にオジュウチョウサンに襲い掛かる。
それらをすべて振り切り、オジュウチョウサンは快勝した。
2着馬シンキングダンサーにつけた差が2馬身半。

もはや単なる障害馬というくくりでは、くくり切れない強さを持つ馬でもある。
グランドマーチスを改めて記事にして気がついたのだが、
主催者側があきらかにグランドマーチス陣営に対して嫌がらせをした感もあった。
だから殿堂入りになったのかな?とも思った。
でもオジュウチョウサンも殿堂入りしても良いんじゃないか?と思った。

春最終戦にはグランプリの宝塚記念を考えているそうだ。
グランプリという特殊な出走法が、こんな所で役に立つとは思ってもいなかった!
勝つまでは期待しないが、有力G1ホースの数頭には先着して欲しいと思う。

おめでとうオジュウチョウサン!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事