ここから本文です
アシェット週刊スバル インプレッサ 製作記
週刊インプレッサを中心に、模型、日々の出来事を綴っています♪
サンエイムックのRALLY CARSシリーズが始まってから、今かいまかと待ち望んでいたデルタS4が、Vol.16としてやっと刊行されました。

イメージ 1

ラリーファンなら誰もが知るマシンで、軽い車重に500馬力オーバーの心臓を載せ、0→100メートルを1.7秒で走り抜ける正にモンスターマシンです。
こんなものがレーシングスピードで公道を走っていたなんて・・・驚くべき
時代だったんですね。

このマシンが有名なのはそのスペックや戦歴だけでなく、グループBと言うカテゴリーそのものの終止符を打つキッカケを作った事にも有ると思います。

詳細は専門誌等に譲るとして、そう言った光と影を纏ったマシンだけに、一層惹かれるのかも知れませんね。

以前、博物館で実車を鑑賞した事があるのですが、背負っている過去を知って実車を前にするからでしょうか、戦歴を誇らしげに語りかけて来るというより、一人静かに余生を送っている・・・そんな印象を受けました。
イメージ 2

30年も前のマシン/出来事で、既に語り尽くされた感があったのですが、今回のムック本ではマシンそのものだけでなく、時代背景は勿論、S4に続くはずだったECV1&2の詳細等、目新しい内容も多く、読み込んで行く楽しみが広がりました♪

・・・また彼女に逢いに行ってみようかな?

この記事に

開くトラックバック(0)

プロ野球観戦-2017年4月

昨年のセントラルリーグの覇者、広島カープ主催試合を観戦して来ました。
イメージ 1

シーズン中の内外野の指定席が3日で完売したと言う大人気の中、バックネット裏
の年間指定席を持つ古い友人のお陰で、前から6列目と言う好位置での観戦が
出来ました!
イメージ 7

野球観戦も勿論なのですが、それ以上に楽しみなのが、数多くのお店が並ぶ
コンコースをブラブラ歩く事です♪

コンコースに置かれたスタジアム限定グッズのガチャガチャ♪
イメージ 2

大人にも大人気!一回500円でカープ選手のペットボトルキャップ型マスコットが出て来ます。今回はカープの守護神中崎選手でした。ユーモラスな顔がナイス!
イメージ 3

スイーツも充実していて、今回はチュリスを選びました。
温かくてシナモン風味がとてもチョベリグ(笑)でした!
イメージ 8


コンコースにはカープグッズを売る移動販売車が置かれていて、大人気でした。
イメージ 4


楽しみにしていた昼食は選手プロデュースのお弁当です。今回は開幕投手も務めたカープのエース、ジョンソン投手のドライカレー&オムレツ弁当を選びました。
イメージ 5

ドライカレーはオムレツとの相性も良く、
美味しく頂きました♪
イメージ 6


7回のラッキーセブンの攻撃前に舞い上がる真っ赤なジェット風船!
イメージ 9

相手の失策に助けられたとはいえ、大勝の結果に大満足の1日となりました♪

この記事に

開くトラックバック(0)

ファイタータウンデカールの1/48-F-14用を二枚購入しました。
勿論、去年発売されたばかりのニューキット、タミヤ用です。
イメージ 1

大判の台紙が、美しく繊細な印刷でビッシリと埋め尽くされています。
嬉しいですね〜♪

中でもお目当てはVF-111サンダウナーズです。
機首の迫力あるシャークティースと、垂直尾翼の日章旗が印象的です。
F-4ファントムに負けず劣らずF-14もシャークティースが似合う機体だと思います。
イメージ 2

もう一枚は機体各部の注意書き等を集めたデカールです。

ウエポン用のステンシルも多数含まれているので、ミサイル等のディティールアップに有効そうです。
イメージ 3

A/B/D用なので、タミヤのA型には不要なモノも多数含まれていますが、手元に一枚あれば安心です。

肝心のタミヤのキットを未だに購入していない私ですが(笑)、いつかは製作するであろうタミヤ-トムキャットに備えての購入でした♪

この記事に

開くトラックバック(0)

長年探していたポルシェ956の1/43,ミニカーをようやく入手。
1985年のルマン24時間レース優勝車で、黄色のNEW MANカラーが
眩しい一台です。

スパーク製ですが、シルエットがちょっと平べった過ぎると感じるのは私だけ??
イメージ 1

シャシーNoは#117で、この個体は前年(1984年)のル・マン24時間でも優勝を飾っており、有名なポルシェ956ファミリーの中でもル・マンでの2連勝を含めて14回の優勝を誇る名車なのです(※1)。

コツコツと集めている1/43,ル・マンウイナーコレクションの穴が一つ埋まり
大満足です♪
イメージ 2

・・・もっとも、4月のWEC(世界耐久選手権)の開幕から6月のル・マン24時間レースを前にした今の時期は、1/43ミニカーでもル・マン関連車が多数発売されるので、コレクターはおサイフと相談しながらコレクションを充実させるべく頭を悩ませます。
悩ましくも楽しい時期なのです\(^o^)/



※1・当時の出走はヨーストレーシングからで、同チームにとってもル・マン初優勝となりました。因みに去年(2016年)迄、WEC(世界耐久選手権)を戦っていたアウディワークスの母体はこのヨーストで、名門中の名門なのです♪
イメージ 3
詳しくはコチラ♪→ http://www.joest-racing.de

この記事に

開くトラックバック(0)

書店では既に12号迄並んでいると言うのに、定期購読組みの私の手元には
9号迄しか届いていません。

今回も遅配か〜と落ち込んでいたら、アシェットからお知らせが届きました。
イメージ 1
当初予定していた販売数量を上回る受注の為、再生産を行っているので、
1〜2ヶ月配達が遅れるとの事。

去年の年末、Vol.1発売前から定期購読申し込みしていたのにこの仕打ち
・・・アシェットさん、酷すぎますよ〜(T T)


ま、定期購読者には必ず届けるとの事なので、気持ちを切り替えて気長に
待つ事にします。
フロントブレーキディスク周りの続きの追加工作も有りますしね〜。
イメージ 2

ハブ中心部の工作用に使用するエバーグリーンのプラパイプ(外径7.1/内径5.9)
イメージ 3

・・・私が訪れた数店の書店では、アシェット-インプレッサがかなり
売れ残っている様に感じていたので、予想以上の売れ行きと言うのを知り、
チョット安堵したのも事実です♪

これで延長展開も確定ですね??
イメージ 4


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事