認知症日記

認知症の介護をされている人達への情報発信を行っていくブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

いつも外来で患者さんには、歩きなさい!歩きなさい!とよく話している。

一般には少なくとも1日3000歩で、歩く能力を維持するためには6000歩くことと話しています。

今回は愛媛大学の先生が歩数と死亡率を前向きに検討した論文で大変興味深い結果でしたので、報告します。

表題:日本の高齢者サンプルの1日歩数と全死因死亡率:コホート研究。

雑誌:BMC public health. 2018 Apr 23;18(1);540

結論:歩数と全死因死亡率の関連を前向きに検討した。その結果、1日平均歩数が多いと全死因死亡率が低いことが示唆された。

対象:身体的に自立している地域在住の71歳の日本人419人(男性228人、女性191人)が対象。
1日の歩数は、ベースライン時に連続7日間、腰に装着した歩数計で測定した。
1日平均歩数によって参加者を4つのグループに分けて、(第1グループ:4503歩/日未満、第2グループ:4,503〜6,110歩/日、第3グループ:6,111〜7,971歩/日、第4グループ:7,972歩/日以上)、平均9.8年間(1999〜2010年)追跡した。

結果:…廟彜間中に76人(18.1%)が死亡した。

1日平均歩数の4つのグループにおける死亡のハザード比(性別、BMI、喫煙、飲酒、薬剤服用を調整)は、歩数の少ないグループから順番に第1グループを1.00(基準)とすると、第2グループ0.81、第3グループは1.26、第4グループは0.46であった。

結論:たくさん歩くグループの参加者は、一番歩かないグループの参加者と比較して死亡リスクが有意に低かった。

予想通りの結果ではあったが、第3グループの死亡率が低ければ、歩けば歩くほど結果はいいというデータになったのですが、第3グループの死亡の原因などが知りたいと思いました。

71歳の男女を約10年間ですので、認知症を発症された方も恐らくいらっしゃったと思われます。
やはり歩く方が死亡リスクの軽減に繋がるということは言えるのだと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事