認知症日記

認知症の介護をされている人達への情報発信を行っていくブログです。

全体表示

[ リスト ]

[[img(https://care.blogmura.com/ninchisyou/img/ninchisyou88_31.gif)]]
[https://care.blogmura.com/ninchisyou/ranking.html にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

以前、認知症の男性がJRの駅構内に入り込んで、電車にはねられ死亡したという痛ましい事故がありました。

実はその件がおこった際には、あまり報道されなかったわけですが、その件が脚光をあびたのは、JR東海がなくなった認知症患者さんの家族に対し、損害賠償請求を行ったからでした。

地裁・高裁・最高裁まで上告され、最終的にはJR東海の意見を棄却して結審しました。

我々、医療者側も安堵しました。同じような患者さんをもつ家族も安堵されたことでしょう〜?!

しかし、それと同時に同じような件で損害賠償を請求される可能性があることを示唆した1件になりました。

その後、久留米市でもこのようなケースに対して、安い掛け金をかけて代わりに賠償しましょうという制度を作りました。
同じような取り組みが神戸市でも始まるようです。

神戸市は2019年4月、認知症患者が事故に遭った際の新たな救済制度を開始する。これは、同市の「神戸市認知症の人にやさしいまちづくり条例(神戸モデル)」を一部改正して実施するもの。

救済制度では、認知症患者が事故を生じた際に賠償し、被害者にも見舞金を支給する。

神戸市が導入する制度の特徴は、認知症患者の賠償責任の有無を問わず、被害者救済の観点から被害を受けた神戸市民に対して見舞金を支給する点。患者に賠償責任がない場合に、被害者に見舞金を支給する制度を設けるのは神戸市が全国初。

神戸市の新制度では、認知症患者に賠償責任があると判断された場合は最高2億円、賠償責任がないと判断された場合でも、被害に遭った市民に対して見舞金として最高3000万円を市が給付する。

 神戸市はこのような事故救済制度の新設に加え、新たな診断助成制度も導入する。診断助成制度は、65歳以上を対象にしたもので、地域の医療機関で自己負担なしで認知機能検診を受けることができ、認知症の疑い「あり」となった場合には、認知症の精密検査を市内の専門医療機関で受診できる。

 新制度の導入で早期診断を促進し、認知症と確定診断された市民は、先述の事故救済制度の対象者とする。新たな診断助成制度は1月28日から開始する。

 神戸市は、事故救済制度と診断助成制度の導入に必要となる費用を約3億円と試算し、2019年度から、市民1人当たりに年間400円を増税して財源とする。新規制度は、まずは3年間の予定で実施し、取り組みについての検証を行う。

 同市保健福祉局高齢福祉部介護保険課認知症対策担当課長の宮川知幸氏は、「できることなら国にこのような制度を導入してほしいが、国の対応を待つのではなく、まずは全国に先駆けて神戸市で実施することとした。今後、全国に広がってほしい」と語る。加えて、「高齢化が進み患者数も増えていることから、まずは認知症を対象とした。この取り組みをしっかり行い、検証した上で、他の疾患に対象を広げるかどうか検討したい」と話している。

 全国的にこのような救済制度ができることが本来望ましい姿ではありますが、各市町村でたちあげていって、全国一律に新しいシステムが構築されていくことを願っています。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事