ここから本文です
癒しの温泉・なごみの宿を探せ
新年明けましておめでとうございます。年末は奥鬼怒・鬼怒川温泉3連泊の旅で〆ました☆皆様にとって良い一年となりますように!!

書庫全体表示

多少間が空きましたが、『栗駒山荘』滞在記の続きを。

夕食前の湯浴みで奇跡の雨上がり絶景を堪能した後は、展望レストラン「くりこま」にてお楽しみの夕食です。
HP等では宿泊時の食事内容があまりアピールされていない『栗駒山荘』ですが、派手さはないものの、地の食材を取り入れた創作和食の数々は、公共の宿としては極めて高いレベルで頑張って美味しい料理を提供してくれているという印象であり、決して温泉だけではない『栗駒山荘』の大いなる魅力の一つであると思っています。
今回の宿泊で夕食時に通された席は、椅子・テーブル席が基本のレストラン「くりこま」内の奥の方にひっそりと設けられている掘りごたつ式のお座敷席。
我が家にとっては2度目のお座敷席利用となり、半個室的な感覚で椅子・テーブルよりも静かに食事を楽しむことができてラッキーでした。
イメージ 1


先ずはビールを2種類オーダー、
イメージ 2


一時は非常に危ぶまれた天気が回復に向かっているとあって、ハイテンションでの乾杯と相成りました。
何と言っても温泉に浸かった後のビールは最高ですね!
イメージ 3


ビールだけでなく、こちらのお宿には、私の好きな「雪の茅舎」や「鳥海山」などの秋田を代表する地酒もさりげなく置いてあるので、銘柄は少ないものの日本酒が好きな人にとっても嬉しいラインナップなのではないでしょうか。
イメージ 4


先ずは八寸、左上の小鉢が蕨、ほうれん草、ミル貝の吉野醤油掛け、右上のガラス鉢が、みずとみずの実のお浸し、手前の竹皿が、玉蜀黍カステラ、岩茸の旨煮、さくの万緑和えです。
好物のみずから箸をつけましたが、みずを口にすると「東北にやって来た〜!」という実感が毎回湧いてくる食材です。
イメージ 5


続いては煮物椀、豚肉、みず、豆腐、筍などが入った深山汁です。
素朴な見た目ながらも超美味で、正に滋味溢れる山のご馳走をいただいたという感じがしました。
イメージ 6


続いてお造りですが、今回は岩魚のそぎ造り、生芋蒟蒻、烏賊の鳴門巻きの三点盛りを酢味噌と土佐醤油でいただきました。
山の幸だけでなく海の幸も取り入れたお造り、かなり美味しかったですよ。
イメージ 7


続いて焼き物ですが、今回は初めて出会う趣向で、ヾ箋の塩焼き、牡蠣の二味焼き、4殿笋隆櫺愡匣包み焼きという三品の中から、個人ごとに一品を好みでセレクトできるメニューとなっていました。
こちらは妻がセレクトした牡蠣の二味焼き、一つがトマトソース+味噌、もう一つがマヨネーズという正に二つの味が楽しめる牡蠣料理です。
イメージ 8


私は甘鯛の方をセレクト。
記憶では、今までは山の幸オンリーで勝負していた『栗駒山荘』だったかと思いますが、人気におごることなく、ゲストの好みに応じて海の幸もいただけるように進化している感じで嬉しかったですね。
山の中で海の魚など食べたくないという方にとっても、山の宿の代名詞的な岩魚の塩焼きもしっかりと選べるので、その辺は抜かりナシといった感じではないでしょうか。
イメージ 9


続いては進肴、ぼたん鱧の炙り、煮穴子、海老、おくら寄せ、こごみ、酢取り茗荷、ズッキーニ、とう様々な具材を土佐酢のジュレと共にいただきました。
イメージ 10

  
続いては油物、成瀬トマトの海老しんじょう射込み、モロッコインゲン、ヤングコーンという三種の天ぷらが熱々で登場です。
どれも皆美味しかったですが、中でもトマトの海老しんじょうについては、トマトの程よい酸味と海老しんじょうの甘みが絶妙にマッチしていて、ありきたり感のない非常に印象に残る天ぷらでした。
イメージ 11


続いては温物、丸茄子饅頭と彩野菜です。
この辺りでだいぶお腹が苦しくなって来ました。
イメージ 12


そして強肴として、秋田和牛の陶板焼きをいただきます。
今回は地元名産の皆瀬牛ではなく、お品書きには秋田和牛という表記でしたが、熱々、柔らか、ジュシーというお肉の基本三原則をしっかり詰め込んだ実にウマウマな陶板焼きでした。
イメージ 13


ようやくゴールが近づき、ご飯は鮎飯、じゅんさいの赤出汁と香の物とともにいただきます。
鮎飯は山椒の風味が強すぎた感があり、もう少し量を抑えた方が鮎の美味しさをより一層引き出せたのに少しもったいない!といった印象も。
好物だけに、やや辛口な評価になってしまいますね。
イメージ 14


〆のデザートも良く工夫されていて、仙人米粉のジェラートと蜂蜜ゼリーを掛けたフルーツ盛りをいただきました。
ジェラートの方は米の粒つぶ感がしっかりと感じられる食感で、雪見大福的で面白い一皿でしたよ。
イメージ 15


1時間半ほどで夕食を食べ終え、極めて満腹かつ大満足な食事内容に、改めて『栗駒山荘』の総合的な宿泊満足度の高さをひしひしと実感した私達。
食後に外へ出てみると、8月だというのに寒いくらいの冷涼な空気に包まれており、さすが夏でもエアコン要らずという標高の高さが実感できました。
イメージ 16


客室に戻ると既に布団が敷かれ、この夜はもう一度風呂に浸かることなく早々に爆睡。
闇夜の中での静かな湯浴みも滞在中のお楽しみだったので、今回は楽しみを一つもらしてしまった感じがして少し心残りでした。
イメージ 17


翌朝目を覚ますと、窓の外にはご覧のような感動的な光景が広がっていました。
これぞ正に『栗駒山荘』に足を運ぶ醍醐味、待ち望んでいた青空が眠気を一発で吹き飛ばしてくれるかのようです。
イメージ 18


よくよく目を凝らすと、何と七色の虹までかかっているではありませんか!
とにかく天気だけが心配だったこの日の栗駒登山がますます楽しみになって来ました。
イメージ 19


早朝6時、お風呂にはまだ人の姿は見えず、極上の湯と木の香漂う風情満点の浴室を再び独り占めにて満喫。
イメージ 20


晴れた日の絶景露天風呂の爽快感は、比類なき素晴らしさで溢れかえっています。
イメージ 21


この日は遠くに鳥海山のシルエットもくっきりと姿を見せ、感動的な湯浴みに更に一味加えてくれたかのような思い出に残る一コマとなりました。
イメージ 22


秋田富士、出羽富士の異名を持つ美しい裾野を広げた鳥海山。
次回は是非、夕景にそびえるその姿を目にしたいものです。
イメージ 23


この日は早朝出発を予定していたので、朝食も一番乗りでレストランに繰り出しました。
イメージ 24


朝食の座席は非常に恵まれた場所となる窓際の特等席。
イメージ 25


こんな絶景を拝みながらの朝食ですから、何を食べても美味しく感じられるのは間違いないでしょう。
イメージ 26


朝食はセミバイキング形式となっており、
イメージ 27


先ずはご覧のようにサラダや漬物などをGET。
イメージ 28


しばらくすると、焼き魚とともにご飯と味噌汁が運ばれてきます。
今までの宿泊時の朝食では、毎回必ず山女などの開きを炙って食べていたんですが、今回はメニューが焼鮭に替わっていた模様で、結構好きなおかずだっただけに、少しだけ残念な感じでした。
とは言っても、美味しいおかずであることには変わりはなく、余すところなくガッツリと完食しました。
イメージ 29


そして食後のデザートとなるフルーツ&ヨーグルトとセルフでいただく珈琲です。
イメージ 30


絶景を眺めながらいただく朝の珈琲タイムは、都会人にとって何物にも代えがたい贅沢極まりない時間となりました。
イメージ 31


夏山登山は午前中の早い時間の行動が不可欠。
朝食後、8時半に宿をチェックアウトし、車を駐車場に置いたまま栗駒登山へいざ出発です!
イメージ 32


登山口は、『栗駒山荘』のお隣にある『須川高原温泉』の源泉地帯の脇を通って登っていきます。
イメージ 33


振り返ると、『須川高原温泉』のシンボル的存在である大日岩が、まるで槍の穂先のように青空をバックにそびえ立っていました。
イメージ 34


しばらく進むと、まるで楽園のような名残ケ原が顔を出します。
平日のためか他に登山客もおらず、あまりの解放感と眩しいくらいの青空、そして美しい山並みに思わずバンザイ\(^o^)/
そりゃあ、こんな絶景を目にしたら誰だって自然にテンションも上がるってなもんです♪
目指すべくは写真中央の栗駒山、たおやかな山並みが一際印象的でした。
イメージ 35


よく整備された登山道を黙々と登って行くと、
イメージ 36


スタートから凡そ50分ほどで、ご覧の昭和湖へと到着。
蔵王や草津白根山には及ばないものの、実に見事なミルキーブルーの火山湖の美しさにしばし見とれてしまいました。
この辺りまでは本格的な登山装備がなくてもお気楽に歩くことができるので、体力に自信がない方でも是非足を運んでみて欲しい絶景スポットです。
湖面には温泉らしき泡が無数に湧き上がって来ていたので、ガスマスクを装着すれば解放感抜群の野湯も楽しめるかも知れません。(但し命の保証はありませんが・・・)
イメージ 37


昭和湖から50分ほど頑張って登ると、やがて緑が敷き詰められたような稜線へ。
稜線に出てから山頂までは約20分の道のりで、もう一頑張りです。
イメージ 38


天と地のはざま、雲の生まれるところ。
イメージ 39


ゆっくりとした休憩を含め、スタートから凡そ2時間半程度で山頂へと到着しました。
栗駒山登頂は今回で2度目になりますが、以前紅葉の10月に登った際は完全にガスっていてほとんど景色は楽しめず、尚且つかなりの強風で凍えるような寒さという悪条件だったので、今回は絶好の登山日和に恵まれ、見事リベンジを果たすことができて感無量でした。
メタボな私でも普通に登ることができる山なので、高尾山辺りが登れる方であればさほど問題なくチャレンジできる山だと思います。
イメージ 40


やはり夏山だけあって、お昼近くになってだんだんと雲が湧いて来たため、山頂での休憩を30分ほどで切り上げて下山開始。
イメージ 41


帰りは別コースで下山し、往路と同じように約2時間半かかって『須川高原温泉』まで戻って来ました。
イメージ 42


下山後は汗を流すべく、『須川高原温泉』にて立ち寄り入浴。
栗駒山は出発&ゴール地点に温泉があるという、実に恵まれたトレッキングコースですね。
ちなみに、『栗駒山荘』宿泊者はお隣の『須川高原温泉』の無料入浴券をフロントでもらうことができるので、あらかじめ手に入れておくと、余計な料金を支払う必要がありません。
イメージ 43


『栗駒山荘』と同様、大日岩を眺める開放的な大露天風呂が名物となっている『須川高原温泉』ですが、私は大浴場の雰囲気が好きなので、今回は大浴場へと足を運びました。
イメージ 44


これまた幸いなことに、どうやら他に入浴客がいない様子♪
イメージ 45


またまた貸切状態での極上湯を一人満喫です。
さすが源泉元だけあって、『栗駒山荘』を凌ぐ熱々ビリビリ濃厚な酸性硫黄泉が日焼けした肌に染み渡りました。
イメージ 46


大浴場にも露天が併設され、内湯に比べるとこちらは比較的温めで気持ちよかったですね。
イメージ 47


『須川高原温泉』で湯浴みを満喫した後は、次なる宿泊地である岩手・湯川温泉へと出発です。
イメージ 48


今回の『栗駒山荘』は、到着時こそ大雨に見舞われてどうなることかと思いましたが、日頃の行いが良かったのか、運よく天が味方してくれたおかげで、狙い通りの素晴らしい絶景を楽しむことができ、最終的には☆☆☆☆☆☆(星6つ!)という大・大満足な滞在となりました。
今回は早めの予約確保のために、JTB経由で予約を入れましたが、JTBのアンケート評価では満足度95点というハイスコアをたたき出している模様で、秋田では『鶴の湯』と並んで一度は泊まってみたい温泉宿の筆頭格であるということを改めて実感させられました。
次回はいつになるかは分かりませんが、これからも時間とお金が許す限り、再びまた須川の山奥に足を運びたいと思っています。

須川温泉『栗駒山荘』 http://www.kurikomasanso.com/


次回、湯川温泉『大盛館栖峰』へと続くかも知れません・・・

  • 顔アイコン

    おはようございます
    須川温泉は露天しか入ったことがなく、内湯は入れないと思ってました

    ここ数年こちらに入ってなく、観てると行きたくなりますね

    栗駒山の紅葉は1週間早そうです

    栗駒山荘の食事は私が行った時と変わったように見えます。来年宿泊してみたい♪

    [ 一人歩きの山女 ]

    2014/9/25(木) 午前 7:31

    返信する
  • 顔アイコン

    あぁ〜素敵なお湯の色ですね。
    昨年秋の紅葉に栗駒へ行った時は紅葉は見ごろなのに雨で少し先の景色が見えず〜
    温泉も激混みで断念。
    いずれ再チャレンジしたいです!
    この続きもお願いしますよ〜^^ 削除

    [ ゆかりん ]

    2014/9/25(木) 午後 3:08

    返信する
  • 一人歩きの山女さん、須川高原温泉は大露天よりも内湯の方が風情があっていいですよ♪
    ただ湯温が激熱気味なので、夏場以外の方が気持ちよく入れるかも知れません。
    栗駒山荘はワタクシも久々の宿泊だったので、食事内容がかなり変わったような印象でした。
    前からかなり好みでしたが、海の幸が加わった今回も満足度◎です☆
    改めて滞在中の満足度の高さを思い出させてくれたので、また来年も訪問してみたいものです。
    山女さんも是非また足を運んでみてください(^O^)/

    ☆☆りんく☆☆

    2014/9/25(木) 午後 8:57

    返信する
  • ゆかりんさん、蔵王のお湯も良いですが、パンチの利いた須川のお湯もまた抜群の浴感です!
    紅葉の時期の栗駒周辺はホントに激混みですよね。
    過去10月に2回ほど宿泊していますが、到着時に駐車場に停められなくてイライラした思い出があります(^_^;)
    泊まりだと日帰り客が帰った後はゆっくり過ごせるので、是非機会があれば一度泊まられてみてはいかがでしょうか♪
    日帰りならOPEN直後の5月上旬頃がおススメです。
    秋田の方から入ると一面の雪景色が残っていて、ホントに仙人の住む秘境に来た〜って感じがしますので☆

    ☆☆りんく☆☆

    2014/9/25(木) 午後 9:04

    返信する
  • アバター

    素晴らしい時間をお過ごし
    大満足の2日間でしたね

    一度立ち寄りしましたが ぜひ一度は宿泊したいお宿です

    ろあべ

    2014/9/26(金) 午後 8:27

    返信する
  • ろあべさん、いつもご訪問ありがとうございます☆
    栗駒山荘は立ち寄りでもお風呂が楽しめるし、レストランくりこまでランチもいただけますが、やはり宿泊すると夜のお風呂や早朝のお風呂を満喫できるので、是非一度泊まりでゆっくりと足を運んでみてくださいね〜☆
    おかげさまで今回は天気にも恵まれ、本当に大満足な2日間でした。
    今年は秋が早いので、今頃はきっと栗駒の紅葉もだいぶ進んで来ている頃でしょう。紅葉シーズンの予約はなかなか難しいですが、僕もまた10月の初め頃に泊まってみたいものです(^o^)\

    ☆☆りんく☆☆

    2014/9/27(土) 午後 8:46

    返信する
  • アバター

    なかなか休日前は JTBでも早く埋まる宿です
    湯川温泉 そこもわたしの希望宿泊リストに入っているところです
    まえは ふる里へお世話になったよ
    大盛館栖峰 部屋数少なくお料理がいい
    お値段1万円 外観は黄色の建物で中は古民家風
    いま温泉やすんでるんだ
    体調がすぐれなくてね
    わたしの分まで 行ってきて リンクさん

    ろあべ

    2014/10/3(金) 午前 0:51

    返信する
  • ろあべさん、こんばんは☆
    JTB経由だと半年前から予約できるのが利点ですが、10月の紅葉シーズンは平日でもほとんど空きが出ませんね〜。
    栗駒山荘の翌日は比較的近い温泉地から選んだ結果、湯川温泉の栖峰が候補として浮上しました☆ろあべさんはふる里さんに足を運ばれたことがあるんですね!そこも露天付客室が安いので候補の一つだったりしました。栖峰の料理はウワサどうりにものスゴイ量でしたね。さすがに完食できませんでしたよ(^_^;)
    体調がすぐれずに温泉を休んでいるとのこと。温泉は疲れを癒してくれる反面、体調不良だと食事も楽しめないし湯疲れしてしまうと思うので、体が出かけたいって思うまではどうぞ無理をせず休日はゆっくり休んでください!僕も今年の前半は多忙と体調不良であんまり旅行には行けなかったですから。。。
    来週末は四万温泉と安代温泉に足を運んで来ますね(^_-)-☆

    ☆☆りんく☆☆

    2014/10/4(土) 午後 9:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事