ここから本文です
癒しの温泉・なごみの宿を探せ
新年明けましておめでとうございます。年末は奥鬼怒・鬼怒川温泉3連泊の旅で〆ました☆皆様にとって良い一年となりますように!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

これまで3回に渡って『田沢温泉 ますや旅館』の紹介をしてきましたが、最終回の今日は、郷土の味覚
溢れる料理について紹介していきたいと思います。

『ますや旅館』の食事は、夕食は部屋にて、朝食は1階の食堂でいただくことになります。
部屋食はあまり好まない私ですが、一人旅の時は人目を気にせず食事をいただけるので、部屋食も意外と
重宝します。

まずは夕食の紹介です。
時間になると、お膳にいくつかの料理がのってテーブルの上に並びます。
料理は地の物の素材が中心で、郷土の味覚である鯉料理や馬刺などがいただけます。
イメージ 1


せっかくですから、セルフで写真も撮ってみました。
イメージ 2


お造りは鱒と鯉の2種類です。
鯉の洗いなど今まであまり美味しいと感じたことがなかったのですが、今回いただいた鯉には正直びっく
りしました。
口にした感じ、臭みやざらつく骨などは全くなく、氷で冷やされた刺身は身が締まって歯ごたえが良く、
とても美味しくいただくことができました。
鯉は名産地の佐久鯉だということで、本場の食材はやはり違うのかなと感心しました。
イメージ 3


続いては、冷製の茶碗蒸しと胡瓜の和え物です。
冷めると不味い茶碗蒸しを、あらかじめ冷たくしてさっぱりと仕上げています。
イメージ 4


小鉢にオクラや野沢菜漬、炒め物などが少しずつ添えられています。
さすが信州だけあって、野沢菜はとても美味しかったです。
イメージ 5


冬瓜の煮物です。
夏の定番野菜ということもあり、さっぱりとして美味しかったです。
イメージ 6


こちらは後から運ばれて来た鯉の煮付けです。
箸をつけるまでは少し抵抗があったのですが、こちらも意外や意外、甘く濃い味に煮付けられたせいか、
残さずに美味しくいただくことができました。
山椒の香りがうまくアクセントになっており、私が今まで感じてきた鯉料理のイメージがずいぶん変わっ
た感じです。
イメージ 7


続いて揚げたての夏野菜の天ぷらが運ばれて来ました。
カラッと揚がっていて美味しくいただきました。
イメージ 8


こちらは信州牛の鍋物です。
生姜?などの風味が効いたような少々変わった味付けでした。
イメージ 9


最後におひつに入ったご飯と吸物が運ばれて来ました。
イメージ 10


以上が夕食の紹介です。
ボリュームはやや少なかったものの、思った以上に質の高い料理が並び満足できる食事となりました。
こちらの旅館では、宿泊料金が9,450円〜15,750円とほぼ千円刻みで料金設定がなされており、
料金によって料理の内容が大きく変わるようです。
今回、私は10,500円の料金で宿泊しましたが、値段の割には満足のいく食事であったと思います。
特に揚げたての天ぷらなども運ばれて来たので、料理の基本である熱いモノは熱いうちに、冷たいモノは
冷たいうちにという原則はしっかり押さえていると感じました。

続いて朝食の紹介です。
朝食は8時から食堂にて、他の宿泊客と一緒にいただきます。
イメージ 11

イメージ 12


こちらが朝食の内容です。
ごく普通の宿の朝食といった感じで、温泉たまご、のり、魚の甘露煮、冷や奴などが少しずつ並んでいま
す。特に不満もなく、美味しくいただきました。
イメージ 13


以上で『ますや旅館』の料理の紹介を終わります。

朝食を食べてもう一度ぬる湯を楽しんだ後、なごり惜しくも宿を後にしました。
イメージ 14


島崎藤村ゆかりの宿を名乗る『ますや旅館』では、島崎藤村がかつて滞在した部屋が今でも残されてお
り、当時のままの部屋に宿泊することもできるようです。
今回は、ちょうど『藤村の間』に宿泊客がいたため見学させてもらうことはできませんでしたが、こちら
の宿に訪れるのであれば是非とも宿泊してみたい部屋であると思います。

何もかも行き届いたモダンな宿も好きですが、今回宿泊した『田沢温泉ますや旅館』のような風情と歴史
のある旅館もまた、全く違う魅力に満ち溢れていてとても楽しい時間を過ごすことができました。
『田沢温泉』は、歓楽的要素の全くない山間の小さな温泉地ですが、真の温泉好きを引きつけて止まな
い、素晴らしい魅力に溢れる温泉地であると思います。
『ますや旅館』は、リーズナブルな価格で、日常を離れた懐かしい時間を過ごすことのできる貴重な名旅
館であると思いました。


採点(5段階)

接客・・・・・・・・・・3(きさくで家庭的な感じ。特に不満なし)

館内の雰囲気・・・・・・4.5(歴史ある佇まいは大変素晴らしい。夏場は虫が非常に多いのがやや難)

部屋の雰囲気・・・・・・3.5(設備は最小限であるが、眺め・風情は素晴らしい)

清潔感・・・・・・・・・3.5(古い建物ながらも廊下・階段などは磨き込まれている)  

温泉・・・・・・・・・・4.5(浴室のつくり以外は、泉質・温度・湯量など大変満足)

夕食・・・・・・・・・・3.5(質・ボリュームともほぼ満足。特に不満なし)

朝食・・・・・・・・・・3.5(質・ボリュームともほぼ満足。特に不満なし)

コストパフォーマンス・・4.5(一万円で非常に充実した温泉ライフが楽しめる)

総合満足度・・・・・・・4.5(期待どおりの宿の雰囲気・温泉街の風情に満足度◎)

次回リピート度・・・・・4.5(虫の少ない5月、10月頃にまた是非再訪したい)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事