ここから本文です
鉄道や風景スナップなどを撮影しています。

廃線から10年

2007年3月31日の運行を最後に83年間の歴史に幕を降ろした茨城県の鹿島鉄道。廃線から今日で10年、月日が経つのは早いものです。

イメージ 1


イメージ 2

2007年3月31日 鹿島鉄道

この記事に

開くトラックバック(0)

春分の日のSLもおか。ここからは復路上り列車となります。爆煙を期待して天矢場からスタートしましたが、う〜ん... 煙が薄いですねぇ。

イメージ 1


後追い撮影。午後の日差しを受けて梅や菜の花が輝いていました。

イメージ 2


青い空に一筋の飛行機雲が良いアクセントになりました。

イメージ 3


北真岡の桜並木です。桜が咲く頃は大混雑間違いなしですね。

イメージ 4


西陽を浴びて八木岡を駆け抜けます。

イメージ 5


イメージ 6


こちらはひぐちの白梅です。

イメージ 7


ラストは折本の築堤です。終日良い天気となりましたが、春霞で空は霞んだままでした。

イメージ 8

2017年3月20日 真岡鐵道 SLもおか

この記事に

開くトラックバック(0)

撮影は春分の日の3月20日。日差しが暖かく文字通り春の陽気となりました。梅や菜の花が沿線に彩りを添え、いよいよ春らしくなってきました。

イメージ 1


イメージ 2


畑にも緑が増えてきました。この日の機関車はC11。なかなか良い煙で通過して行きました。

イメージ 3


イメージ 4


ここの梅はまだ咲きはじめでした。淡いピンク色をしています。

イメージ 5


白い梅とピンクの梅が満開でした。煙がちょっとショボかったですね。

イメージ 6


往路のラスト。ここは新緑の頃も綺麗なところです。

イメージ 7


イメージ 8

2017年3月20日 真岡鐵道 SLもおか

この記事に

開くトラックバック(0)

C11207と10年振りに対面

26日の日曜日、東武鉄道の南栗橋車両管区で開催されたSL撮影会に行ってきました。C11207号機とは実に10年振りの対面でした。

私は北海道の静内町生まれで、当時C11207は日高本線におりました。残念ながら幼少期につき全く記憶にございません。207号機を初めて撮影したのは私が倶知安在住になってから。昭和49年の長万部機関区でした。
SLニセコ号で復活を遂げてからは2回撮影に訪れました。下の写真は2007年10月に撮影した函館本線SLニセコ号、倶知安駅です。

イメージ 1


それから10年後、東武鉄道にやってきたC11207と南栗橋で久しぶりのご対面となりました。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


南栗橋は電車区のため架線柱が多く撮影には苦労しました。当日は東武の車両撮影会も行われており折角なので撮っておこうかと立ち寄ってみましたが順番待ちで長蛇の列、流石に並ぶ気にはなれず会場を後にしました。こちらは整備中のスハフ14−1。

イメージ 8

僅か数10分の滞在時間でしたがC11207との久しぶりの対面でした。

2017年3月26日 東武鉄道 C11207 SL大樹 南栗橋車両管区

この記事に

開くトラックバック(0)

東武鉄道 SL大樹

きのうの日曜、南栗橋まで行ってきました。今年の夏から運行が開始される東武鉄道のSL大樹。間もなく本線での試運転が始まるようです。

イメージ 1

2017年3月26日 C11207 SL大樹 東武鉄道 南栗橋車両管区

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事