La pièce du hobby

自転車に出て来るフランス語更新しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

パソコン改造

最近デスクトップパソコンを交換しました。
7年くらい前のTWOTOP製のパソコンです。
友人が、だいぶ前に起動できなくなってしまい、新しいのに買い換えるとのことです。それまで私が使っていたパソコンよりベンチマークで20%位処理速度が速く、オンボードのグラフィックボードがワイドディスプレイ対応していたので、もったいないので使うことにしました。
購入当時は、スクエアモデルのディスプレイしか無かった時代でした。
 
主なスペックは以下の通りです。
 
CPU : Intel Core2 Quad Q6600 2.40GHz
RAM : 4.00GB
HDD : S-ATA 500GB
Windows : Vista 32bit  →  8.1 32bit
 
ケースがアクリル板のスケルトンで枠がアルミで出来ているため、放熱性があまり良くありません。
従いまして、ファンが2台(吸気と排気)付いています。
写真の左側が正面です。
イメージ 1
正面の板には穴が開いていないので、しばらく使っているとCPUの温度が上昇して、最悪の場合フリーズしてしまいます。写真ではHDDとCPUの温度差は4℃ですが、5℃になることもあります。
 
原因は吸気ファンの吸い込み口に吸気口がないためです。
イメージ 2
そこで穴を開けることしました。
下側の丸い4つの穴が今回開けた吸気口です。丁度穴のすぐ後ろに吸気ファンがあります。
 ついでに5インチベイが一箇所空いているので、吸気口を付けました。
これにより、空気の流れが以下の様になりました。
 
上部吸気口 −−−−−−−→ 後部排気ファン
                         ↑
下部吸気口 → 前部吸気ファン → CPU
 
イメージ 3
 
この結果温度差は無くなり、問題は解決しました。
今回の問題は、ケースの設計上の問題ですね。パーツを組み上げて作るパソコンにはたまにこういった問題が発生します。安定した動作を望むのであれば、大手メーカーの製品を選択すべきですね。
イメージ 4
2014プチ アレックスサンジェに参加して来ました。
今回は8台のアレックスサンジェが集まりました。
いつものことですが、アレックスサンジェが普通の車に見えます。
エルネスト シューカ氏の命日ですので、極力参加することにしています。
今では、2台のオーナーになりました。
コースはいつもの定番コースです。
イメージ 1
 
昼食はいつものレストランです。
ここまで約1時間半走り、昼食休憩は同じ1時間半です。(なんちゅうランや???)
でも自転車の話題は尽きません。
イメージ 2
 
アイズの親方夫婦は自転車だけになっても離れることはありません。24時間一緒です。うう....
イメージ 3
 
この後小さな峠を越えます。私はシクロランドナーの変速が面倒なので、48−21で上りました。
イメージ 4
 
新名神沿いにスタート地点までひたすら走ります。
イメージ 5
 
ゴール近くの劇坂の上ったところで、自転車談義です。
イメージ 6
 
ゴール地点では、BMWのハッチバックを開けて、恒例のK氏特性の豚汁が振る舞われました。
ネギのトッピング付きです。
うましーーー。私は3杯もいただきました。寒いときはこれが一番です。
ごちそうさんです。
イメージ 7
イメージ 8
2014秋アイズラリーに参加してきました。
集合地が「道の駅 名田庄」です。奈良からは京都縦貫道を走り、終点の丹波ICで下りて50km近く走ります。
ほとんど、日本海近くです。遠いなあ〜〜〜〜。23日のクラブの例会に参加して、24日はやめとこうと思っていたら、23日に仕事が入り24日に走ることにしました。
 実は、この日は私の新車を受け取ることになっています。アイズの親方宅に立ち寄って、受け取ることになっています。 
イメージ 1
どこを走るのか聞くと、日本海の海岸にある「道の駅 シーサイド高浜」で昼食なのでそこまで走るとのことです。
今日は近畿縦断ですね。
イメージ 2
 
ダブルループ橋を走ると日本海です。
イメージ 3
 
自転車が見えるでしょうか。
イメージ 4
 
高浜です。左の対岸の奥には高浜原発が、右の対岸の岬の先端には大飯原発があります。
海は水が綺麗で、おだやかで、その様な施設が近くにあるとは思えません。
イメージ 5
 
黒い車が私の新車です。50年代フランスのNIVEXのRDの付いた小さな工房の自転車です。
NIVEX 2台目です。
イメージ 6
 
海岸沿いの自転車は全く走らないで時々自動車が通るサイクリングロードを小浜市中心部に向けて走ります。
いつもの様に休憩場所では、自転車談義に花が咲きます。
イメージ 8
イメージ 7
 
この後集合地まで走りました。
イメージ 9
 
今日は朝の冷え込みがきつかったですが、その分快晴で昼間は大変暖かく、すばらしいサイクリングが出来ました。サイクル グランボアの方々に感謝します。ありがとうございました。

TAワイヤークロス

Alex SINGERのベアシステムの車はリヤフレーキのワイヤーが、右前方からトップチューブの真下に入り、斜めに後方の左に出ますね。
 私はワイヤーの曲げを少なくするために、そのまま右側のブレーキレバーに持って行く様にしてます。
アウターカップの位置関係を考えると、多分これが正解なんでしょう。
イメージ 1
そうすると、写真の様に右側のブレーキレバーに行くアウターワイヤーが「でれ〜〜〜」と開いてしまいますよね。
そこで、ひらめいたのがワイヤークロス(別にクロスしている訳ではないのに?)でこの開きを納めることにしました。
以前はプラスティック製のものが良く見かけましたが、今やブレーキレバーの上からワイヤーが出ている自転車なんてほとんど在りませんよね。まさに絶滅した部品です。
 ステンレスの細い針金をニッパーで曲げて作ろうかと思いましたが、車が車だしそこいらの物をポン付けなんて出来ません。私のポリシーが許しません。(大げさな!!)
 ウ〜〜〜ンと思案していると、東京にいるこの方面のオーソリティの顔が浮かびました。即電話、「ワイヤークロス頂戴!!ただで。」すると、「ウ〜〜〜ン、いいよ。」
やったーーー!!(子供みたい)
と言う訳で(長い前振りやな!)、TAのワイヤークロスの新品が手元に来ました。
イメージ 2
やはり昔の部品は良くできてます。アウターワイヤーを包み込む小さな金具にも丁寧にTAの刻印が刻まれています。
すばらしい!!
イメージ 3
 
というわけで、取付完了!!
イメージ 4
なんか。便秘が治った様な、爽快な気分です。
(ああ、そうですか、良かったねと家内が言ったか、言わなかったとか.....)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事