La pièce du hobby

自転車に出て来るフランス語更新しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索


人生初の4サイドキャンプツーリングの3回目

アルプス ローバーの特徴は他にもあります。
前部を見てみますと、フロントキャリヤはエンド上部のダボに固定されていますが、これは一般的な取付方法ですが、上部はフォーククラウンに固定されています。だだし、フォーククラウンにボルトをロー付けしてナットで固定されています。フォーククラウンはフロントフォークの中で最も強度のある部分です。ここで強度を稼いでいます。
 最も注目される部分は、フロントキャリヤにサイドバッグを固定する方式でしょう。
M5のボルトとナットを2箇所着脱するだけで簡単に着脱出来る様になっています。
サイド枠を取り付ける時、
① エンド上部にある半円形のお皿にサイド枠を乗せて
② M5のボルト締めつける。

もうひとつの大きな特徴は、キャリヤのサイド枠がフレームに固定されていないことです。
サイド枠がフレームに固定されていないことで、転倒事故によるフレームの変形を防ぐためです。
ルネ エルスの様にフロントフォークやシートステーにサイド枠を固定すると、走行時の機械的強度は向上しますが、転倒時に側面から力が加わった場合、フレーム自体に力が加わります。フレームに直接固定しないことで、これを未然に防ぐことが出来ます。
この仕組みは、創業者の萩原慎一氏の考えと言われています。
 長距離、長期間の走行を想定した非常に優れた配慮と言えます。

 サイド枠の簡単な着脱の仕組みも、同様に宿泊時に荷物を宿屋に持って入る場合、大変に便利です。
昔シルクキャンピングで長期間旅行した時、いわゆるルネ エルス方式だったため、大変めんどうでした。

 各部に実用的な配慮がうかがえます。日本で最初に輪行を考え出した萩原氏らしいですね。
イメージ 2
イメージ 1

 ライト関係ではフロントキャリヤでは、東叡社の創業時からよく見られるライトの破損から保護するためのケージ。電線は内臓せずに、小さな輪っかをフレームにロー付けし、その中を通しています。
他にバッテリーライトの取り付け用台座も付いています。
 
 やはり長期間の旅行でライトの破損を防ぐためのケージですし、ダイナモコードの破損時に簡単にコードを交換できることを想定したものです。
イメージ 3

 以上の点において、ルネ エルスの航空機技術者としての機能美と機械的強度を追求した自転車とは違って、私は大変な魅力と美しさを感じます。

しつこいようですが、リヤキャリヤも見ていきます。
やはり、フロントキャリヤ同じポリシーが貫かれています。
キャリヤの上に荷物を括り付けやすい様に、ペグが左右それぞれ3本取り付けられています。
しかもペグの先は半円形の頭が取付られています。
 できるだけ大きい荷物が乗せられる様に、サドルした、アーチパイプもシートクロスによるスペースの広さと併せて、できるだけ前方に取り付けられています。最も強度のあるシートステーのクロス部分に固定されています。
 決してカンティ台座には取付ません。長期間の旅行でブレーキ台座が外れたら大変ですから。

他に、チェーンプロテクターもゴム帯は切れてしまうので、三角形の環になっています。
リヤーディレーラーのアウター受けと、リヤブレーキワイヤーのアウッター受けもワイヤーの弛みを調整できるものになっています。
イメージ 4

この写真はリヤキャリヤのエンド取付部です。
走行中固定ボルトに上下方向の力が加わり、切断しない様に突起がロー付けされています。
ボルトはおネジがエンドにロー付けされ、ナットで固定されています。
 これも長期間の旅行時のトラブル防止のための細かな配慮です。
イメージ 5

ルネ エルスではコの字型のブラケットにして、上下方向の力を受けています。
イメージ 6
イメージ 7


自転車部屋のその後

2017年2月には天井にハンガーレールを取り付けました。
6台入庫出来ました。
イメージ 6


2017年7月には7台入庫出来ました。
他に自転車関連のアイテムを右側の棚にも置けました。
上段左から、AlexSINGER ,ORTLER ,家内のTOEI ,AlexSINGER
下段左から、NIVEX , LADEIL ,ALPS ROVER
もう無理です。ふぅぅぅ〜〜〜〜。
イメージ 1
人生初の4サイドキャンプツーリングの2回目

今回はローバーの細部を見ていきます。

なんと言ってもこの自転車の特徴はボトムブラケット上部に取り付けてあるL型のパイプでしょう。

これは、取っ手ではなくて、ボトムブラケット部分の撓み(ウィップ)を低減させるためのものです。
この自転車は発売されたのは1960年代初めで、その頃のフレームパイプの主流はハイテンション鋼(一般に言う高炭素鋼)でした。従って、シートピラー径も25.8mmで、その後に発売された代表的なクロモリパイプのイシワタ022が26.8mmですから、肉厚が0.5mm厚いものです。
 この自転車は、大量の荷物(40〜50kg位?)を積載する必要があります。

 本来ALPSと言う自転車は、JCAが日本にサイクリングを普及させるために作られた自転車で、そのために東叡社が設立されたこともあり、あまり高価な自転車にすることができません。
安価な方法で強度を上げる必要がありこの様な補強が考案されました。
イメージ 1

現在確認されている最も古い1960年初頭に作られたカタログです。一番下がローバーです。
価格は53,000円でパイプをクロモリすると61,000円となっています。
主な部品構成は、マファック クリテリウム、650B軽合リム、プロダイ コッタード トリプル チェーンホイール、アLPS純正パニヤバッグ(サイドバッグの間違い?)、他にユーレーアルビーセットです。
イメージ 2

他に前三角の強度を向上させるために、シートクロスになっています。
イメージ 3

ただヘッド部分は標準のままです。唯一フォーククラウンは天井に補強のための三角形の板が取付られています。
イメージ 4

全体的に見れば、ヘッドの補強は少し貧弱です。これも上記の理由により価格を抑えたいということからです。

ちなみに私の手元にあるこの車より15年位古いルネエルスのキャンピングは、ラグ付きにしてラグにより強度を向上させています。パイプはレイノルズ531です。
イメージ 5
イメージ 6
{お願い} 写真3枚あるのですがうまく表示できません。見られる場合は写真をクリックして下さい。

人生初の4サイドキャンプツーリングに行って来ました。

 きっかけとなったのは、6月10日にシクロジャンブルにこれまた人生初のショップを出店したときでした。
店の開設中は移動できなかったので、閉店後ウロウロしていると、D女史に出会ったのでした。QRコードが印刷された紙をもらって、「キャンプ行こう〜〜〜」と言われたんです。思わず「行きます」と言ったのでした。

 何故すぐに返事したのかと言うと、つい最近完全レストアされた「1967年製 アルプス ローバー」が手元にあって、キャンプ行きたいと思っていたためでした。

 これです!!!。

イメージ 3
                              ALPSローバー  
製造番号 427054    1967年7月製作。
フレーム
(フレーム)    ハイテンション 21インチ
(エンド)     ストレートドロップアウトエンド
(ラグ)     ラグレス
(塗装)    フレーム   赤
                白エンブレム
(キャリヤ)     アルプス ローバーキャリヤ
          
部品
(ヘッド小物)   タンゲ
(ハンドル)    日東 ランドナー132 、バーテープ フジトシ皮茶、バーエンド フジトシ白
(ステム)     フィリップ 赤ペイント 70mm、ミルレモ 赤キャップ、ブリジストン 赤チンカンベル直付
(ブレーキ)    マファック タンデムクリテリウム、シュー クールストップ茶
          レバー マファック黒半パッド フーデッド,マファック 黒フラットレバー
                VIVA千鳥による前後倍力機構
(サドル)      フジタ ハイエスト クオリティ № F-17
(シートピラー)   ジュラルミン 25.8mm
(チェーンリング)   TAシクロツーリスト 44x26
(ギヤクランク)     スギノ プロダイナミック コッタード 165mm
(BBセット)     スギノ コッタード ダブル 137mm
(ペダル)      リオター 460D ,クリストフ トークリップ ,クリストフ トーストラップ白
(ディレーラ)     リア  ユーレー アルビー65
           フロント ユーレー アルビー#600 (ガイドは#500)
          レバー ユーレー アルビー65直付
(リム)        グランボア スカラベ 650B 36H
(タイヤ)       グランボア エートル650B-42B 赤
(ハブ)       ノルマンディ LF 36H 丸穴無垢シャフト ユーレー ルックス ウィングナット
(スポーク)     DT チャンピオン 2.0
(フリーホイール)  サンツアー パーフェクト 14×16×20×23×28
(チェーン)     イズミ 3/32
(インフレータ)    アドホック コンペティション16インチ(プッシュオンアダプタ無し)
(ガード)       グランボア H79
(ダイナモ)     JOS typeP
(ライト)      前 JOS 652A
          後 JOS FCC
(ボトルケージ)   ボトル台座(シートチューブ)
         ミノウラ1リットルペットボトル用



私がサイクリングを始めたのが、1974年で、この時大学入学祝いに祖母に買ってもらったのが、シルク キャンピングSC−15−4でした。
 この頃私は京都に住んでおり、サイクルスポーツに広告を掲載されていたスポーツサイクル ヤマネに入り浸りでした。
 ヤマネに行くと、なんとアルプスを取り扱っており、ローバーと言うキャンピングがあること知ったのでした。この車は、シルクキャッピングの3倍位します。学生の私には高値の花でした。

今回のローバーはその当時にヤマネの店内にフレーム単体で置いてあったものです。
それから約42年。ようやく夢が叶ったのでした。

平城宮跡

来月の例会の下見を兼ねて、平城宮跡に行って来ました。
コースは自宅から奈良盆地を時計周りです。
 今日の自転車は、NIVEX社プロトタイプのフレームにNIVEXの変速の前後セット+チェーンレスト付きエンド+脱落防止付きウィングボルト+アトム社製ハブ用のリヤハブシャフトで、フルセットです。
イメージ 1
NIVEXの変速機の変速時のレスポンスはとてもクイックで、ダブルワイヤーのため引く力も大変軽くすばらしいです。今日はこのレスポンスを味わいたくで走りました。

後方には山焼きが行われた若草山が見えます。
イメージ 2

振り返れば大極殿が見えます。
イメージ 3

奈良に住んで29年、その前は東京に3年、京都に20年、大阪に10年ですから、奈良が一番長くなりました。
私にとって、サイクリングには奈良が最も良いです。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事