La pièce du hobby

自転車に出て来るフランス語更新しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
5月末にサミットが開催される1ケ月の厳戒中の中、牡蠣のシーズンでもないのに、何を思ったか伊勢志摩に行ってきました。
コースはakuta氏がおすすめの定番のコースで、数年前の牡蠣のシーズンに一度akuta氏と走ってます。
今回は無性に伊勢の海が見たくて走って来ました。

今回は道の駅伊勢志摩に車を置きました。
イメージ 1

恒例の青峯山正福寺への登り口です。このコース最大の登りです。(標高差約240m)
イメージ 2
イメージ 3

遠くに的矢湾が見えます。
イメージ 4

青峯山正福寺です。
イメージ 5

麻生の浦大橋を過ぎると的矢湾までしばらくの間、パールロードと平行して太平洋岸の県道を走ります。
この道を走りたくて今回来たんです。
イメージ 6

恒例の的矢湾の永田渡船です。乗客は私一人です。
今回は頼み込んでなんとか乗せてもらいましたが、自転車は輪行袋に入れないと乗せないと言われました。
以前に載せたときは、快く載せてもらいました。過去に自転車で問題があったのかも知れません。

まずは、標識を横にして、
イメージ 9
船に来てもらって、
イメージ 7
対岸に到着。以前より船がかなりグレードアップしてます。(気のせいか???)
イメージ 10

帰りに3月26日に全線復旧なった、名松線の終点駅の「伊勢奥津駅」に立ち寄りました。
イメージ 8

春です!!

長い間ブログのアップをサボっていました。ツーリングのレポートは色々工夫をしてもいつもワンパターンです。だからあまりアップする気になりません。
食レポはこのブログ開始時からやらないと決めてます。
今は自転車のメカに関するものに限定してアップすることにしてます。
と言ってもメカのネタなんてそうそうあるものでもないし・・・・・
メカに関する予告です。ただし写真1枚だけですが。
完成したら詳しく載せます。
この写真はSLJ5500を分解したところです。
イメージ 1

さて、今回の本題です。春ですねー
近くの花を見に行ってきました。
甘樫の丘の桜です。
イメージ 2
イメージ 3
菜の花もいっぱい咲いてます。
イメージ 4

石舞台の周りは梅N方が多い様です。
イメージ 5

多武峰に行く途中の桜と白梅が仲良く並んで咲いてます。
これが本日のベストシヨットです。
イメージ 6

談山神社は標高が高く、梅が満開です。
イメージ 7

鹿路トンネルを出たところで昼食を摂っていたら、後ろから「キーキー」と鳴き声が。
振り向くと山の斜面に小鹿がこちらを向いて立っています。しばらく様子を見ていましたが、一向に立ち去ることなくこちらを見ています。
イメージ 8

吉野方面に下っていると、黄色の花(レンギョウ)の木と白い花(ユキヤナギ)の木が並んで咲いてます。
イメージ 9

芋ガ峠を越えて明日香に戻ってきたらコブシが満開でした。
イメージ 10

コロコロ輪行用クランクサック作りました。
キャスターは外径32mmでゴム製です。
イメージ 1
イメージ 3
クランクに傷が付かない様に内側にはゴム板を取り付けてあります。
ペダルシャフトが通る部分も電気で使用する保護材を取り付けています。
イメージ 2
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

取り付けた状態です。
トーストラップが付属のマジックテープの付いたバンドで固定します。
イメージ 7
イメージ 8


TOM2015に参加してきました。
今回の会場は高山です。いつものように当日にサイクリングをすることにしました。
今回は近くの白川郷に車を置き、東にある牛首峠、山の神峠を通り戻ってくるコースです。
イメージ 1

一緒に走るのは当クラブの後輩のえべぷりーさんです。車を置いているのは白川郷 道の駅で少し南にある白川郷に向かいます。
イメージ 2

早速旅行雑誌によく出ている荻町城跡展望台に向かいます。ここからの眺めが素晴らしいですね。
イメージ 3

ここから今日の目的地である牛首峠に向かいます。
入口にはフェンスがあり、ここで引き返すことになるか心配です。よく見るとカギがかかっていません。
よかった〜〜〜〜。
後に気が付いたのですが、写真はカメラの設定が知らないうちにポートレートモードになっていて画質に少し違和感ありますが気にしないで下さい。
イメージ 4

ここを過ぎるとすぐにダートが始まります。
高低差は白川郷(486m)−牛首峠(1084m)で約600mの登りです。
落石が少々ありますが、よく整備されています。
イメージ 5

東海北陸自動車道が下に見えます。
イメージ 6

牛首峠に到着しました。
ここで問題が発生です。当初の予定では、右の通行止の看板のある道を走り、水無ダムを経由して大勘場に向かうつもりでしたが、路肩決壊による通行止めです。
左の林道を行くことにします。
イメージ 7
イメージ 8
ここから更に登りが始まります。ただ、この峠は後半1/3位は尾根沿いを通っているので勾配は緩くなっています。ここからの道も約100mの登りです。
このルート変更により、全行程で約20kmのダートを走ることになります。今ではこんな長距離のダートには滅多におめにかかれません。
イメージ 9
イメージ 10

ダムから来る道の合流点付近までダートでした。長いダートなので、オフロードバイクがたくさん走ってました。
数少ないダートなんですね。
 ここからは快適な下りが、山の神峠まで続きます。
イメージ 11

この後国道156号線を走り、出発地点の白川郷に戻りました。8時に出発して戻ってきたのは16時30分頃でした。走行距離は約90kmでした。ダートは楽しいですが、ものすごく疲れます。特に上半身がクタクタです。
今日の宿舎のシャレー中西まで車で向かいました。


21日は全く何も計画していません。
朝になって、UGの♭♭♭兄さんやofはやま夫妻と飛騨古川と高山の旧市街を見学することにしました。
道の駅アルプ飛騨古川に車を置いて走ることにしました。
イメージ 12

飛騨古川は高山と並んで古い町並みが有名です。
イメージ 13
イメージ 14
路肩の水路には鯉が一杯です。さすが水が綺麗ですから、こんなことができるんでですね。
イメージ 15


高山旧市街です。
イメージ 17
イメージ 16

 それにしても今回のダートは体に答えました。3日位は疲労感が一杯です。
長距離のダートは開田高原以来35年ぶりです。

2015_8 シマノ鈴鹿ロードレースに参加してきました。
60歳になって、今までの40年間の自転車との関わりに変化が必要と思い参加することにしました。
このきっかけを作ったのは、UG♭♭♭兄さんです。得意の精神分析テクを使って誘導されて、気がついたら参加していたといえます。

出走内容は以下の通りです。
22日 2時間エンデューロ (2時間を4人交代 1人あたり2周〜3周) 
23日 1.マスターズ60+(60歳以上でコース2周)
     2.1時間サイクルマラソン(西コースを1時間でどれだけ走れるか 8周〜10周)
     3.チームTT(4人チーム先頭交代で2周)

写真は私の60年代のチネリとUG♭♭♭兄さんのエバレストです。手前の丸いオレンジ色のボールの様なものは、今回特注のヘルメットです。
イメージ 2

((22日))
 2時間エンデューロ

出走待ちの私です。
イメージ 3

私がアンカーを努めさせていただきました。
 まだこのときは楽しむ余裕がありました。
イメージ 1

結果は45位/124 平均速度33.69km/h でした。
初参加にしては上出来です。

((23日))
午前6時からTTの練習をするとのUG♭♭♭兄さんの命令で、午前3時起きで鈴鹿サーキットに向かいます。
 charaさんが30分ほど遅れるとのことで、3人で2周走りました。まだ体が冷えているので力が入りません。

1.マスターズ60+(60歳以上でコース2周)
まだ体が冷えているので力が入りません。
結果は87位/107 平均速度29.7km/hでした。
13km弱の走行でトップから5分弱遅れてます。トップの平均速度はなんと37.53km/hです。
私の最高速度と同じです。
いまどきの60歳台はものすごいです。
イメージ 4
 2.1時間サイクルマラソン(西コースを1時間でどれだけ走れるか)
1時間後にスタートです。多分このレースが最も過酷です。

写真はショートカットから裏のストレートに曲がるところです。
60年代のチネリがうなりを上げてます???
この車は実は軽量ホイールに換装しています。

リム シェーレンベルトマイスター、ハブ FBグランスポルト LFQRダブルコグ、スポーク 前32後40 #15/16バテット、フリー レジナグランスポルト13−23 5速

イメージ 7
6周回くらいから結構調子が出てきて、途中登りをスタンディングでも走れました。
イメージ 5
イメージ 8
結果は1時間サイクルマラソン 466位/623 8周回 平均速度26.4km/h トップは11周回と別次元の走りです。まだまだですね。
 案の定、終了したらバテバテです。
イメージ 6

 3.チームTT(4人チーム先頭交代で2周)
 もう、余力はありません。ここでやめときゃよかった!! 結果は最後から2番目でした。
一番キツイのが最後になるとは.........
ふぅぅぅ−−−−。
詳細は「自転車趣味+α」http://tamzortho.exblog.jp/
を見て下さい。

初めての参加なのに欲張ってたくさんのレースにエントリーしてしまいました。
今回走った仲間は5人ですが、私とUG♭♭♭兄さんは4レース、残りの3人は1日1レースで2レース。
欲張った結果最後のTTで力尽きてしまい、大変な迷惑をかけました。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事