La pièce du hobby

自転車に出て来るフランス語更新しました。

My Bicycle

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

パターソンズハウス タンデム

イメージ 1

製作年代    1960年代

(フレーム)    クロモリ 7/10mmダブルバテット 東芝鋼管
        キャプテン520mm(C-T),ストーカー485mm(C-T)
                パターソンズ ハウス ストレートドロップアウト エンド
         ラグレス、前後セントラル ステー
         ?フォーククラウン ピスト用二枚板
(塗装)    グランボア グリーン、Dazaiヘッドバッチ
(キャリヤ)    (前)フォーククラウン中央-カンティ台座取付 φ6mm
        (後)パニヤ エンド-カンティ台座 φ6mm
(ヘッド小物) ?Favorit Czechoslovakia
(ハンドル)   キャプテン シェーレン ベルトマイスター マース350g 380mm Dixna茶革巻き
                ストーカー  日東ユニバーシアード 105 390mm 日本地図刻印 Dixna茶革巻き
(バーエンド)  キャプテン ジソプラスト 赤
        ストーカー  ジソプラスト 赤
(ステム)    キャプテン シェーレン 90mm
        ストーカー  パターソンズ ハウス クロモリ 120mm
(ブレーキ)   MAFAC クリテリウム タンデム
        シュー クールストップサイズ_710m26:カンチタイプ_KS-CROSSC_(4293330270)
        MAFAC千鳥
                レバー ドットMAFACフーデッドレバー,黒半パット
        アウター ミルレモ 緑
        アウター受け 前 MAFAC  後 MAFAC
(サドル)     キャプテン フジタ スピーディック サイド穴開き 皮 黒
        ストーカー  フジタ F18
(シートピラー)  キャプテン パターソンズ ハウス鉄 薄肉 シートチューブにロー付固定
                 ストーカー  パターソンズ ハウス鉄 薄肉
(チェーンリング) キャプテン スギノ フロンティアエースコッタード タンデム 165mm 左36T
                 ストーカー  スギノ フロンティアエースコッタード タンデム 165mm 左36T
                  右サンスター -51TX33T
         左 チェーンテンショナー
(BBセット)   ?キャプテン スギノ コッタード中空 タンデムピスト JIS
                 ?ストーカー  スギノ コッタード中空 タンデムピスト JIS
(ペダル)     キャプテン シェフィールド コルサ #655
                 ストーカー  リオター#460D
(トークリップ)    キャプテン AFA M
(トーストラップ)  キャプテン ゼファール 皮
(ディレーラー)   後  シクロベネルクス マーク8 ツーリスト直付
           前  シクロベネルクス
          レバー シクロベネルクス 直付
(リム)        ワインマン 650B 36H レプリカラベル
(タイヤ)      グランボア リエール 650B-36B
(ハブ)       スギノ ノルマンディ 丸穴 無垢シャフト 5S BSC
          スギノ ウィングナット
(スポーク)     DTチャンピオン 20
(フリーホイール)  サンツアー パーフェクト 16-18-19-21-24 5S
(チェーン)     報国 3/32
(インフレータ)     18インチ(キャプテン ダウンチューブ)
(マッドガード)   本所650B ラインパターン型 H47N、アルミダルマネジ+アルミナット
(ヘッドランプ)      PYB 砲弾型
(ダイナモ)         ソービッツ 14N 白
(テールランプ)   JOS FCD(シートステー)
(ベル)           ソネット

NIVEXランドヌーズ#6
バージョンアップしました。
 サドルを
50年代のブルックス スタンダードB17+ユニカ NITORピラー(26.2) から
イデアル57(FT)レコード+1本ピラー(26.2)
変更しました。

変更した理由はユニカ NITORピラーがヤクラを固定するボルトを何度締め付けても緩んでくるためです。
このピラーが使われない理由が分かった次第です。
イメージ 1
イメージ 2



じゃあ代わりのサドルはと考えると、50年代の車で、軽量車であつことから、当時に最高級品で軽いものと言えば
イデアル57(FT)レコードしかないとの結論に達したためです。
イメージ 3

イメージ 4


NIVEXランドヌーズをバージョンアップしました。
その内容は、
 1.ブレーキ本体とレバーを「CLB」から「LEFOL」に変更しました。
 2.RDの変速機をクロームメッキしました。

バージョンアップ後の写真です。
イメージ 8


クロームメッキだらけで美しい〜〜〜
イメージ 1
イメージ 2

ブレーキレバーの上のアジャスターはサンプレックスのシフトレバーに使われているものをクロームメッキして使用しました。
イメージ 3

今回の注目は、LEFOLのカンティブレーキにMAFAC台座に取り付けられるものが見つかったことです。
取付部の穴径が変わっています。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 7
千鳥も一枚板から二枚板に改良されています。
イメージ 6

コロコロ輪行の方法

私のコロコロ輪行の方法を以下に投稿します。

右側のクランクにキョスター付きサックえを取り付けます。
イメージ 5

ハンドルを右に90°ひねって固定します。
イメージ 1

加茂屋のジョイントで前後車輪を接合します。
イメージ 2

トーストラップを使って結束します。
①サドルとハンドル
イメージ 3

②ダウンチューブとシートチューブ
イメージ 4

出来上がり。
イメージ 6

工具は必要ありません。







ED社製のスピードメーター
2010年にフランスに取りに行った、エルスのタンデムですが、フロントのマッドガードに謎のネジが付いてます。
イメージ 1
イメージ 2

実はこのネジはスピードメーターを取り付けるネジだったんです。
完成イメージは以下の写真です。
イメージ 3

メーター本体は手に入れたんですが、ハブに取り付ける円形の金具と、車輪の回転をメーターに伝えるためのロープがありません。ロープと言っても、金属バネで出来た環状になったものです。
イメージ 4

不足しているのは、ロープ、車輪に付ける輪っか状の金具、メーターを取り付ける金具 です。

ロープはオリジナルの直径が2mmなので、工業用に使われている、ポリウレタン製丸ベルト 直径1.5mmを使いました。

車輪に付ける輪っか状の金具は、図面を書き、機械屋さんで、旋盤で製作しクロームメッキをしました。
車輪のスポーク本数が36本なので、取付穴を40°PCD80で製作しました。残りの穴は軽量化のためです。

イメージ 5

丸ベルトを溶着します。
イメージ 8
メーターを取り付ける金具は厚さ2mmのアルミ板から切り抜きました。
イメージ 6

オリジナルは以下の写真です。
イメージ 7

で取付けです。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事