La pièce du hobby

自転車に出て来るフランス語更新しました。

My Bicycle

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
オーダー後10年が経ちチェーンプロテクターがきれましたので、交換しました。
フレームに差し込む部分が何時も力がかかっているので切れやすいですね。
イメージ 1
 
手元にあるのは、TOMで数年前に購入した「POLY JAPON2012 20th ANNIVERSARY」のネームの入ったものです。
イメージ 2
材質は皮でクリストフのトーストラップを天才K上氏が製作したものです。
イメージ 3
両端はメッキ金具になっています。
イメージ 4
カラーは黒、茶、白の三色があります。
イメージ 6
イメージ 5
NIVEXランドヌーズのその後 #3 です。
以前の記事で言ってましたとおり、ブロックダイナモを「JUX42」に交換しました。
 
このブロックダイナモは大変スリムなデザインですね。発光部分のボディの上のレンズを止める金具のリベットが紺色に着色されていて、なかなか洒落たデザインですね。
 自転車に取り付ける部分はアルミ製のウィングナットになっています。これはあまり良くないですね。
手で締めるだけでは振動で緩んでしまいます。
イメージ 6
イメージ 7
このダイナモはウィングナットやレンズを固定するナット、発光部分のボディをダイナモに取り付けるナット、その他金具類までアルミで作られています。
以下の写真の下にある電線の丸穴端子は私が用意したものです。
この分解写真を見ると電線が二本あります。
イメージ 1
これには理由があります。
反射板が樹脂製であるためです。ちなみにレンズも樹脂製です。これですと電流が反射板を通して流れないために、豆球を取り付けるソケットにマイナスの電極が必要になるためです。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
 
豆球を樹脂製の反射板に取り付けるために、渦巻き状のバネを豆球のネジ部にねじ込んで、サンドイッチして取付られています。
イメージ 5
 
このダイナモですが、発売当時は、他のランプメーカーの商品と比較して、樹脂やアルミを多用していて大変軽く、先進的で画期的なものと言えますね。
 
取り付けて見ました。
フレームに固定しているウィングナットはウエスを介してプライヤでしっかり固定しています。
 
なかなか似合ってます。ウ〜〜〜ム。良い!!
イメージ 8
 
NIVEXランドヌーズのその後 #2です。
リフレクターを交換しました。
 
現在は丸形のイクラレンズの付いたノーブランドが付いています。
イメージ 1
 
でも有名ブランドの物を付けたいという物欲に駆られていました。
ハァ.ハァ.ハァ.... ←なんのこっちゃ少し大げさすぎ
 
と言うわけで、JOSのCBの新品が入手できたので、早速交換です。
イメージ 2
そのままでは取付けません。本体は真鍮用のコンパウンドでピカピカに磨き、取付ボルトとナットはアルミ製のものを使います。
ボルトの頭はドーム状に削り落とし、バフ研磨をします。
イメージ 3
 
完成です。これまで付いていたリフレクターの穴が真ん中に残ってしまいましたので、アルミテープを丸く切り抜き蓋をしています。(赤矢印の所)
イメージ 4
 
NIVEXランドヌーズのその後
ブロントバッグサポーターを製作しました。
私の車は、ほとんど(エルスやサンジェも)はTOEIのバッグサポーターが使える様になっています。
 この車も同じ様に使える様にステムのハンドルバークランプボルトと交換しました。
 なんかカブトムシの角の様になりました。
この方式ですと他のステムにも使えそうですね。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
 
最後に、この自転車に現在付いている部品ですが、まだ交換したいものがあります。
・ブロックダイナモを JOS から JUX に
・ブレーキを      MAFAC から LEFOL に
 
eBayでポチッテて行こうと思ってます。
これまでNIVEXについて書いてきましたが、この変速機が付いた私の車のご紹介です。
1950年代に車です。
イメージ 1
イメージ 2
仕様は以下の通りです。
(フレームパイプ)  VITUS DURIFORT(デュリホール) NIVEX
(エンド)       NIVEX ストレート ドロップアウト (右)丸穴チェーンレスト付き
(ラグ)       NIVEX
          (ヘッドチューブ上下ラグ一体,シートラグ-シートチューブ一体,BB,フォーククラウン)
(フレーム仕様)  シートサイズ520mm(C-C),トップチューブ530mm(C-C)
          シートステー2本巻
          ボトルケージ台座 ダウンチューブ
          ポンプペグ上下16インチ シートチューブ
          マファック クリテリウム カンティブレーキ台座
                  NIVEX(後)台座
           ドロヨケ隠し止め台座(シートステー、チェーンステー)
(塗装)      黒
                 メッキ(シートチューブ中央,前フォーク1/3,シートステー1/3,チェーンステー1/3)
                  金縁取り(ラグ,ボトムブラケット,フォーククラウン)
(フロントキャリア)   TOEI
(エンブレム)      無し
(ヘッドパーツ)     TOREVESS(トレヴェス)
              (参考)http://www.flying-scot.com/other_marques/stella/bobet53.html
(ハンドル)       PIVO 390mm  ニス仕上げ
(ベル)        AD-HOC
(バーエンド)     GBシルバー
(ステム)       PIVO 80mm
(ブレーキ)      本体 マファック クリテリウム
                  千鳥 マファック
          レバー マファック ドット・フーデッド 半パッド黒
(サドル)       ブルックス コンペティションB17
(シートピラー)    サンプレックス鉄 26.4mm
(シートピン)      六角ボルトM5 2本
(チェーンリング)    ストロングライト ツーリスト 48×28
          ストロングライト 49Dクランク170mmフレンチ
(BBセット)      ストロングライト ダブル フレンチ
(ペダル)       リオタード23MB(Marcel Berthet) ナット式
(トークリップ)        クリストフ 横書き刻印 クリストフ皮製カバー
(トーストラップ)      パトロード パリスポーツ白
(ディレーラー)      リア    NIVEX ロングアーム
            フロント  NIVEX
           レバー   NIVEX ダブル
(リム)         メフィスト 650B WO 36H
(タイヤ)       グランボア シプレ エキストラレジェー 650B-32B
(ハブ)        アトム SF 36H 5速 100mm×126mm フレンチ (後)NIVEX6段シャフト
                  ?ウィングナット,(後右)?ウィングボルト
(スポーク)      #15ステンレス
(フリーホイール)    アトム 15x17x19x21x23 5段
(チェーン)       セゼス デルタクールス3/32
(インフレータ)      AD-HOC プロフェッショナル16インチ
(ガード)        本所MAVIC型 650B
(ダイナモ)          JOS B504CV TYPE T
(テールランプ)     JUX
(リフレクタ-)     ガラス製イクラ型レンズ
(ボトルゲージ)    コロラル
 
フロント変速機です。
イメージ 8
リヤ変速機です。
イメージ 9
リヤエンドです。
イメージ 5
シトステーとチェーンステーのブリッジは曲げてあります。両端には立派な補強板が付いています。
イメージ 6
イメージ 7
珍しい部品として、
JUXテールランプ
イメージ 3
リオタード23のトークリップ取付穴がナットになったもの。
イメージ 4

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事