デザイン住宅、注文住宅のあれこれ

デザイン住宅や、注文住宅を建てるときのあれこれです。

最新の記事

すべて表示

注文住宅の間取りを決める場合、メーカーに希望だけ伝え作成を依頼したほうがよい?

注文住宅を建築する際の間取り決めは時間がかかるものです。希望を十分に取り入れた住宅を建てられるのですから、満足いく間取りにしたいというのは当然のことです。

そのため、自ら間取りを考えることも可能ですが、法律の基準に沿った建蔽率や容積率にするというのは素人では難しいことなので、メーカーの担当者にアドバイスを受けるというのも必要ですし、建築士でなければ正しい図面を描くことは難しいので最終的には作成を依頼することになる場合が多いです。

しかしメーカーが提案する間取りというのは、ある程度コンセプトが決まっていたりデザインがウェブサイトに掲載されているものと一緒だったりしますので、こだわりの注文住宅を建築するのであれば、メーカーではなく一般住宅のデザインを幅広く手がける建築事務所に依頼をするというのも一つの手になります。

プロが仕上げた間取りにそって建築をしてもらうことになりますので、他には見られないような独創的な間取りにすることも可能です。

また、メーカー側は契約をするまでに何度も間取りの案を提案してくれますし、吹き抜けリビングや子ども一人ひとりに独立した部屋といった要望を伝えることで図面を書き直してくれます。

廊下のスペースがイメージよりも広くとられすぎているということであれば、率直に意見していかなければなりませんが、プロが仕上げた間取りですので何らかの意図があるケースが多く、納得がいくまでその理由をしっかりと確認していくことが大切です。


その他の最新記事

すべて表示

家を建てるときに、まず決めなければならないのが、ハウスメーカーですよね。 ちゃんと納得してから決めたいけれど、メーカー側からは、早めの決断を促されます。では、どのくらいの期間でハウスメーカーを決めればよいのでしょうか。 ...すべて表示すべて表示

木造の家に憧れたことはありませんか? 庭に木や花を植えて自然と調和した家に住めたらとても気持ちの良い毎日を送れることだと思います。 いま流行っている太陽電池の屋根への積載も欠かせません。 地球温暖化 ...すべて表示すべて表示

注文住宅には様々な種類があります。 木造や鉄筋、2×4などそれぞれに異なった特徴があり、状況に応じた選び方をすることでより快適な住まいを実現することができます。 そこで平屋120平米、4〜5部屋(ダイニング含む)という住 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事