日本の再生と国際化を考える

英才教育、日本語の国際語化、数値の3桁読み、度量衡改革、漢字仕様電脳、やる事は多い。

老老相続の哀れ

老老相続の哀れ。 私は、親の介助・介護を遠隔地から 6年 やってきました。親が死亡し、相続。 何が起こったか。驚きだ。親と我が兄が病気で、金が要るということで、銀行の貸金庫に将来必要な金も含めて全財産を収蔵していた。相続予定額以外の金員には、付箋を付けていた。ここ前は、 親の生前に私が親を介助同行 してやった事。 姪いっ子は、 付箋を付けた金 はお前が盗んだものだと、窃盗裁判を訴えてきた。調停の段階では、私の意見に従って、相続額は 双方が確認 したとの調停が 確定 したのにこうだ。 姪っ子は、 盗んだ事実・証拠も相続財産の証拠 も出さなかった。だけど、裁判所は、家族会議がなかったから、窃盗が成立するとして窃盗を肯定。金庫に金があるのにどうして盗めるのか。 親の末期で 私が負担 した額はすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

法曹界のどろどろ

2016/3/20(日) 午後 4:31

酷い 姪っ子 、その後についている代理人が裁判所と一体化した法曹界 ここでは、黒い馴れ合いを書いてみた。 これは 実話 ですが、名前が出せません。読みにくいとは思いますが想像しながら読んでみてください。 ...すべて表示すべて表示

なぜ、記事が消えたのか

2014/8/19(火) 午後 8:28

皆さん、私が上載していた記事がいくつか消えました。   不思議です。誰かが侵入したのでしょうか。    

第10回炭焼実験

2014/8/15(金) 午後 9:51

第 10 回 炭焼実験    2014 、 8 、 3       第 10 回炭焼実験を行った( 2014.8.3 )。 9 回実験で炭焼収量は満足すべき結果を残したが(収率100%)、復水の回収が悪かったのでその補充実験を行った。 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事