全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

以前、コチラの地方番組で
大分県の耶馬溪町に景観スポット青の洞門があります。
そこにある古道の競秀峰が紹介されていました。

簡単にそれぞれを紹介しますと
青の洞門とは、1700年台に旅の途中に立ち寄った禅海和尚が
当時危険な山越えだった競秀峰を避けるため、和尚が中心となり
トンネルを人力で掘った場所で
その競秀峰は今も古道として残っているのを
テレビで紹介されていましたので行ってみました。

青の洞門の詳細はこちら
競秀峰の詳細はこちら


詳しい地図で見る

洞門のそばにある観光案内所にクルマを止め
案内所脇にある、競秀峰登り口を進みます。
イメージ 1

全体的な勾配はさほどではありませんが、落ち葉で滑りやすいので注意です。
所々にコースの案内板が立ててあり、道に迷うことは無いでしょう。
イメージ 2

途中には、幾つもの展望スポットは現れますので、良い足休めとなりますw
イメージ 3

イメージ 4

進み続けると、山肌を削って通された所や鎖場など
当時、道を通す苦労を伺えます。
イメージ 5

ですが、見晴は最高w
イメージ 6

途中には、幾つものお堂があります。
イメージ 7

苔むした階段には、これまでの時間を感じます。
イメージ 8

岩の下のは、お不動さんが
イメージ 9

当時は滑落で命を落とした方もおられるようで
その慰めのように、お地蔵さんが所々に祀られています。
イメージ 10

鎖が張ってある所の下はをのぞき込むと、
途方も無い高さで腰が引けてしまいますw
イメージ 11

やはり見晴は最高。
イメージ 12

同じ場所から反対方角を
イメージ 13

ココが最後の景観スポットとなり
道は一気に下り、弘法寺へと降りてきました。
イメージ 14

道路から、競秀峰を眺めると、岩肌の中腹に今通って来た道筋が見えます。
イメージ 15

ちなみに、現在の青の洞門は明治に拡張工事が行われ
ほとんどを当時の洞門は失われていますが
その道のそばには、少しだけ当時の姿を残してあります。
イメージ 16

実際に手掘りされた洞門
イメージ 17

最後に、GPSログから
工程の距離は約2.4km、私の脚で1時間強のでしたが
高所恐怖症のオイラだけかも知れませんが
幾つか、高所にビビってしまうところがあります。
(恐怖のあまり、写真を撮る余裕はありませんでしたw)
そして、滑りやすい雨上がりなどは避け、
靴はトレッキングシューズをおすすめします。

ちなみに、GPSログはこちら

開く コメント(4)

地元ネタをひとつ紹介させてもらいます。
来る3月1日に「第7回 小郡・基山歴史散歩」が開催されます。
福岡県小郡市から佐賀県基山町を、水と人の交流の歴史をテーマとし
地点ごとに説明を交えつつウォーキングで巡ります。
-------------------------------------------------------------------
日時:3月1日(土) 午前8時30分(受付開始)
集合場所:西鉄小郡駅前広場
解散場所:JR基山駅(お昼12時30分到着予定)
※雨天時3月2日に順延、参加無料、申込み不要
詳細は、下記を参照下さい。
イメージ 1

工程の距離、6.3kmのルートはコチラで
イメージ 2

何故に、こんな告知をアップした理由は・・・
私、今年から地元の「歴史の会」なるものに参加しており
先週末に、この歴史散歩のリハーサルが行われましたので
その時の写真をネタバレしない程度にアップさせてもらいますw
イメージ 3

現時点での当日の天気予報では、曇りで降水確率40%・・・
翌日は雨マークがありますので、なんとか当日降らないでもらいたいです(^^ゞ

ちなみに当日、私も案内役として一緒に歩きますので
お時間がある方の参加をお待ちしております(^_^)/~

開く コメント(0)

昨日アップした旧伊藤伝右衛門邸に向かう前に
食べたものがありまして・・・w

場所は福岡県嘉麻市にある「よもぎうどん」へ
イメージ 1

生地に、よもぎを練り込んだうどんを食べられるお店として
幾度と無くテレビで紹介され、気になっていたお店でした。
お店の場所やメニューは食べログからどうぞ

メニューを見ると、普通のうどんもあるようですが
おすすめの、ごぼう天のよもぎうどん450円を
イメージ 2

長くスライスされた、ごぼう天が天を向いて見参。
福岡県内でも北九州地域はうどんに生姜の薬味が多く、
こちらは別添でついてきました。
(テーブルには一味、七味の薬味もあります)

それでは、麺をリフトアップ!
イメージ 3

エッジが効いた麺が緑色なんでインパクトありです。
それでは、早速。。。うん、いいね(^^)v
福岡のうどんでは珍しい、コシの強い讃岐風の麺で
噛むたびによもぎの香りが広がりうまい。
ごぼう天の厚みもちょうど良く
出汁を吸ったところと、そうでないところと食感を楽しめます。

他のメニューの牛すじうどんや、鶏の唐揚げも気になりますので再訪決定!

続いて、飯塚市内へ移動し「千鳥屋本家 飯塚本店」へ
千鳥屋といえば、福岡銘菓の千鳥饅頭やチロリアンを販売する老舗
お菓子ももちろんですが、
店舗の二階には現大河ドラマの黒田官兵衛の甲冑が展示中と聞きつけ訪問。

お店外観を撮り忘れましたので、ネットから拝借(^_^;)
イメージ 4

店内から、奥に通してもらい二階のギャラリーへ
イメージ 5

ありました!甲冑は室町時代からの本物とのこと(驚)
ギャラリーでは
黒田官兵衛黒田節(武士)のモデルと言われる母里太兵衛友信の説明があります
(ドラマ中では、太兵衛役を速水もこみちが演じていますね)
こちらは5月12日までの展示とのこと。
詳細は、コチラの記事を参照

ちなみにギャラリー内の、ふすまの引き手は千鳥になっていました(^^)
イメージ 6

開く コメント(4)

2月初めからから4月初めまでの間
家庭で保管されていた、雛人形を展示して
観光の題材にした「ひなの国九州」が九州各地で開催されています。

その開催地の一つの飯塚市の旧伊藤伝右衛門邸に行ってみました。

詳しい地図で見る

詳細な説明はリンクに任せるとして
この邸宅は、明治に伊藤伝右衛門の本邸として建てられ
現在もその姿をたたえています。

大きな正門をくぐります。
イメージ 1

正門の右向いには車寄せが
そこからが、邸宅への入り口となります。
イメージ 2

外観は和風ですが、いくつかの部屋は洋風で
和洋折衷の先駆けといったところでしょうか。

応接室
イメージ 3

茶室
イメージ 4

タイル床の洗面台
イメージ 5

九州初と言われる、水洗トイレ
残念ながら、便器までは立ち入れませんでした。
イメージ 6

ひのきの湯船のお風呂
イメージ 7

浴室の脱衣場にある洗面台の鏡
イメージ 8

食堂
イメージ 9

私自身、旧家屋には興味があり、
今まで見た家屋はもっと古い江戸や明治初期が多く
明治、大正と、こんな大きく贅沢な家屋を見たのは初めてで
トイレや、お風呂などは現在の家と繋がるところがあり、見ていておもしろいです。

えっと、雛人形を忘れていました(^_^;)
人形は、各家庭に保存されていた
江戸後期からのものを各部屋にて展示されております。
イメージ 10

家屋もさながら、お庭が立派で。。。
あ、いや。コチラ国指定名勝の庭園とのことです。
なるほど、どうりでw

イメージ 11

イメージ 12

そして、庭からの家屋の眺めも威風堂々で、かっこいいw
イメージ 13

この角度がいい感じ(^^)
イメージ 14

無料駐車場が隣にあり、係の方が案内して頂きました、施設入園料300円
今の時期、屋内でも寒く、靴を脱ぎ拝館しますので足先が寒くなります。
スリッパ持参をおすすめします。

飯塚市内には、ホルモンや銘菓などを楽しめ
長崎街道の道筋がアーケード商店街になっていたりと
歩いて見て回れる楽しい町並みですので、オススメです。

飯塚観光ポータルサイトはコチラ

開く コメント(2)

先日の阿蘇ツーリングの帰りに、寄り道したところがあります。

場所は、大分県日田市にある
日田天領水の里 元気の駅」の敷地そばに
ブルートレインが保存されています。

元気の駅に場所はコチラ

詳しい地図で見る

保存されているブルートレインは「富士
2009年3月で廃止されるまで、東京、大分間を走っていた車両とのこと。
オイラ、鉄ちゃんでは無いので、詳しくはwikiのリンクを参照w
イメージ 1

展示してある車両は、電気機関車1両、寝台車2両の計3両
いずれも無料で見学可能です。

まずは、機関車を見学
イメージ 2

運転台は、ブレーキレバーこそありませんが
前後とも、そのままに残されていますが
車両内の機関部は撤去され、この富士の説明資料などを展示されていました。

続いて、寝台車へ
イメージ 3

寝台車はA寝台とB寝台と一両づつで
まずはA寝台
イメージ 4

A寝台はいわゆる個室ですな
イメージ 5

座面を手前に20cmほどスライドすると、ソファーベットの状態に
そして、テーブル天板の下は、洗面台が。
イメージ 6

懐かしい灰皿が
イメージ 7

続いてB寝台のトイレや洗面台
イメージ 8

冷水機の水ってキンキンに冷えてたよな。って
オイラの知っているのは0系の新幹線だけどw

残念ながら、トイレは鍵が掛かっており、中を見れませんでした。

そして、寝台車へ
イメージ 9

実はオイラ、ブルートレイン車両を見るのは初めて
オイラの知るのは、子供の頃見た図鑑の記憶で
なんだか、デジャブな世界。。。
しっかし、想像よりベットが狭いな(驚)
イメージ 10

そして、車両内も意外と狭く
手持ちもコンデジでは全体が撮れなく、ワイコンが欲しくなるw

最後部には車掌室もありましたが、コチラも施錠してあり中を見れませんでした。
イメージ 11

最後に、連結好きの方にパチリ
動いていないので、魅力半減でしょうけどw
イメージ 12

開く コメント(0)

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事