資料関係

すべて表示

KATOのDCコードのコネクタージャック

KATOのパワーパック出力に自作のコントローラーを後付して、
自動加減速コントローラーに改造しようとしています。
 その際、KATO専用のDCジャックにつなげられるよう、
電子部品店のマルツで似たような製品を探して来ました。
 パワーパック→DCコネクタ→自作ユニット→DCコネクタ→線路
とスマートに接続するためのDCコネクタです。

 ジャックの形状は[□○]というタイプで、日本圧着端子製品の
・オスがELP-02V*2(2個入)で115円
・メスがELR-02V*2(2個入)で115円
ジャックの中に入る電極が
・オスがSLM-01T-P1.3E*10(10個入)で273円
・メスがSLF-01T-P1.3E*10(10個入)で273円
でした。但し100%のフィットではなく、削るなどの加工が必要です。
 これをもとに、例えばKATOの24-825延長コード DC用 (90cm)を
作るとすると、115/2×2+273/10×2×2=224.2円(電線含まず)
です。だとすると、製品の標準価格が262円ですから、
工賃や電線分等を考えるとKATO製品を買ってきてちょん
切ったほうが安いということになりました<涙>。

その他の最新記事

すべて表示

4月29日の鉄道模型市用のミニコントローラー、プロトタイプモデルができました。 500円玉くらいの大きさでNゲージの自動加減速ができます。 気になったら当日見物にきて下さい。

久しぶりに再起動(^o^)

2017/2/4(土) 午前 11:30

2017年からまた再開したいと思います。 第1段は超簡単加減速コントローラー。 4月29日の鉄道市でお披露目です。

鉄道模型のデジタル制御

2012/6/19(火) 午後 8:08

車両を作るこのブログですが、制御機器に手を出しています。  鉄道模型のデジタル制御はDCCが最も有名ですが、設備投資がかかるのと、全車両にDCCデコーダーを搭載するコストも結構かかります。  まず、第1弾は、PWM制御で常点灯へ挑 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事