電鉄日記

http://blog.goo.ne.jp/d3-2c1 より移転しました♪

全体表示

[ リスト ]


今回の目的地のために佐土原駅を利用しました。
宮崎駅から普通電車で20分ほど。いまでは宮崎市ですがもともとは佐土原町という別の行政区でした。
ちゃんとお城もあり薩摩島津家の親族がの所領です。


イメージ 1
2番線3番線からみた駅本屋
1番線は出発信号機こそありますが宮方向にしか通じておりませんし、そもそも電化されていません。
ホームも3両分くらいでしょうか。電化の際に使われなくなったようです。。。の割にはちゃんと信号機あるんですよね
もしかして短い折り返しの気動車が使っているのかなー

現役ホームは2番線と3番線 いずれも本屋からは跨線橋を使っての連絡です。

イメージ 2
大分方にはコンテナ置き場があります

イメージ 3
もっとも佐土原駅は現在オフレールステーションなので貨物列車はきません。
貨物ホームにはもともと架線が張られておりませんんでしたので入換機がその昔はいたんでしょう。
3番線より海側には現在はなにもありませんが明らかな側線跡があり、工場もありましたのでその昔は出荷していたと
思われます。
現在はここのオフレールステーションから延岡に持って行っているようです。

イメージ 4

イメージ 5
この駅の白眉はこのアングル+木製の跨線橋につきます。
残念ながらレールを使っているわけではないのですが 外壁もほぼオリジナルの木製です。

イメージ 6

イメージ 7
階段にはシートが貼られておりますが床板は木製ですね
残念ながら入口付近にある手摺子はあんまり凝ったデザインでもなく鉄骨むき出し
もう少し古いものだとこの部分に凝った細工があるんですが

イメージ 8
通路部部もシートこそ貼っておりますが木製です

イメージ 9

屋根はスレート貼り
このやっつけ感満載の鉄骨の組み方はもしかすると当初は屋根がなかったのかもしれません。


イメージ 10
足元はボルトを使っており実はそんなに古くないかもしれません。
電化の時に嵩上げするでしょうから それでいくと電化の昭和49年というのがひとつの答えかも

イメージ 11
下から見上げます

イメージ 12
この角度から見るにが一番よいです。
肥前旭のようにベタッとピンクで塗っているのではなく錆止め+白塗りの控えめな塗装がコクテツな感じです。



イメージ 13










この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

いつも以上に高尚な記事ですな♪
ゆっくりと駅舎をめぐるたびもいいですね〜

2014/3/14(金) 午前 6:32 [ スコッチ ] 返信する

顔アイコン

スコッチさん。
高尚じゃなかとです。
駅舎や鉄道施設は古いものが残りやすくて趣がありますね。

九州NO1は門司港駅次点は坂本駅と思います。
大村、諫早もなかなかよろしいです。

2014/3/15(土) 午後 11:21 電鉄日記 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事