ここから本文です
derbingleのブログ
ビング・クロスビーのCDコレクションを整理を兼ねてアップしています

書庫日記

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

ケアンズに来ました
ここでは2枚

イメージ 1

値札のとおり、BRASHS にて、11.95ドル(約985円)
1993年3月1日

録音は1930年代初頭のモノ
Regal とあるレーベルは、オーストラリアのEMI
記念になるね

イメージ 2

続いても同じ BRASHS にて購入
こちらは、レーベル・オリジナルの値段が貼ってあるからか店の値札はなし
値札通りで約820円

RAINBOW レーベルもオーストラリア

リッキー・ネルソンといえば、映画リオ・ブラボーで
ディーン・マーティンと歌ってなと言う程度の認識
だけど、オーストラリア盤だから記念に・・・

彼のCDは後にも先にもこの1枚
これからも増えないかな・・・

開くトラックバック(0)

復習は、順調に行くかなと12月の初めには思ってたのに寄り道し過ぎ
うかうかしてると出発になってしまう


さて、今回はダーウィンへ
ここでは、1枚しか買っていない
しかも、コンピレーション
1都市1枚は必ずなんて思いもなかったはずだけど
まあ、買っとこう!くらいかな

で、買ったCDは
THE MUSIC OF IRVING BERLIN

タイトル通り、アービング・バーリンのソングブック
だが、肝心のブツが見当たらない
フラッシュ・ディスク・ランチのソフトケースに入れ替えた記憶はあるのだけれど
何処に・・・
何年か前にフリマで何枚かのCDを売ったけど、その時に売れたのかな〜

記録しているデータだけで起こしてみると
1993年2月26日 ダーウィンのスーパー WOOLWORTH にて購入
3.99豪ドル(約330円)

スーパーで売ってたからか、これはファクトリーシールドだったはず
もし、値札がプラケースに直貼りしてあったら
ソフトケースに入れ替えることはしないはずなので


開くトラックバック(0)


メルボルンへ移動します

イメージ 1

1993年2月14日 メルボルンの BRASHS で購入 11.95豪ドル(約985円)

前回のサッチモ&ロージーに続いて
見たこともないCD(値札は控えめ)
入ってる音も他では聞けない
旅はまだまだ長いけど
少々荷物になっても
買いでしょう!

ヴォリューム2ってなってるので、その後1を散々探すも発見できず

というようなことも含めて、以前にまとめてました
その時の記事はコレ・・・ 


4日後には
荷物のことを考えなくなったのか4枚買ってます

イメージ 2

1993年2月18日
THE MUSES にて、13.95豪ドルで購入(約1,150円)
CDは Made in France、レーベルはイギリスと
他でも買えそうだけど、見た事ないのは「買い」

試しに "melbourne muses cd" で検索したら
ネット販売もしているショップがヒット
この店かしら?
店内写真が無いのが残念


イメージ 3

同日、CC RECORDS にて、7.95豪ドルで購入(約660円)

小さいショップだった記憶があるなあ
当時、スティングとU2も良く聴いていて
シングルもがんばって集めていました

オーストリア盤だから記念に買ったと思ってたけど
UKナンバー
シングル・ケースで薄いから買ってる?
安いからかな〜?

イメージ 4

これも同日、SEEING GARS にて、9.99豪ドルで購入(約825円)

Manufactured in the EEC なので、オーストリア盤にはこだわらず
「見つけたら買い!」

ところで、EECって懐かしい
社会の教科書で覚えたレベルなので
ちょこっと調べてみると
1993年11月1日にEUが発足とあるので、それまでかな
このCDには製造年が出てないんだけど、EECってことならそれ以前ということだ
と、言うより買ってるのがそれ以前だ

イメージ 5

同日、5.95豪ドルで購入(500円)
このCDだけ、店名を控えていない
というのも買ったのは、CDショップとかではなくスーパー
食料品目的で入ったスーパーのワゴンセール
一体、どこまで探すのか

とはいえ、当時はなんじゃこりゃ?CDだったけど
今となっては、超希少種かも
オーストラリア製造の誰よこれ?との抱き合わせ
ほとんど聴かずにほったらかし
今回、改めて聴いてみると、もう一人 VAL DOONICAN (あ〜未だに知らない)
なんだか、クルーナー・スタイルで
一緒に入ってても結構しっくりきているではないか
Little Green Apples を歌ってるところでは
油断してると、ビング・ン・ベイシーの別テイクかと思っちゃう

当時はインターネットなんて便利なツールが無かったので
オーストラリア人かな〜なんて適当に思ってましたが
今回調べると、アイリッシュ・シンガーとな
アルバムも多く出してて、有名なのかも
ただ、日本語のサイトには出てこない


地域性なのか、たまたまなのか
値札の表示が控えめなメルボルンでした

開くトラックバック(0)

来年の2月にオーストラリア旅行が決定
卒業旅行で行ったきり
なので、25年ぶり!
こりゃあ、初めての国に行くみたいなもんだなあ

当時のアルバム見返してみると大自然の写真ばっかり
そりゃあ、そういう国だ

次にCDの購入記録を見てみると
いっぱい買ってました
リュックサック1つのバックパッカーなのに

記録見てると行った先々で買っている
どんな小さなショップでも、欠かさず入ってたからなあ

となると、これらのCDを掘り出してくると
街の記憶も一緒に甦ってくるのでは!

結果は分かりませんが、少しでも旅行の予習になればというつもりで
記憶をひも解きます

イメージ 1

1993年2月12日 シドニーの Virgin 店で購入 
値下げされて12.95オーストラリアドル

当時、クレジットカードも持っていなくて
トラベラーズチェックのみ
1ドル80円で常に計算してたはず

と、思っていましたが調べてみると
90円台後半ではないか
あれ〜?じゃあ1ドル100円で考えてたのか

とすると、このCDは1,300円
日本に比べると、なんだかすごく安かった気がしてたけど・・・

と、当時の購入記録を見てみると
輸入盤だと、軒並み2,000円超えてるな〜
これで、安く思ったわけか

閑話休題、オーストラリアではプラケースに直接値札が貼ってある
ファクトリーシールドの綺麗な状態が当たりまえのジャパニーズには衝撃!

この、マイ・ファースト・オーストラリアCDは特に激しい
サッチモの顔は隠れて、ビングも4分の1だけ
アタック25状態で
もう1枚、値下げシールでも貼ろうものなら
誰のCDか分からん状態になるのは必至

当時の日程は、シドニー・イン、シドニー・アウトで
東半分をぐるっと回ってくるコース
荷物になるから、最後の出国時に買おうかとも思案したけど
このシール・ペタペタ状態を見せられて
しかも、中身はロージーとサッチモのフルアルバム2枚分
当時は、どちらもCDでは見た事ない!
絶対逃せない!と厳選してこの1枚だけを購入


うん、なんだか記憶が甦ってきたぞ
というところで、次の地、メルボルンへ向かいます


※ 改めて為替レートを確認すると、1オーストラリアドルは82.5円でした
  このCDだと1,070円
  お得です

開くトラックバック(0)

今日で3周年

ちょうど3年前の今日
箱詰めされちゃってるCDコレクションのサルベージ目的でブログスタート
週に1枚まとめたら1年に50枚くらいは整理できるかな〜
なんて、ゆる〜い気分でスタートしたはずなのに
てんで進まず

前回のを見ると6月
しかも、購入覚え書きみたいなもんなので
整理が進むどころか貯まる一方

そもそも
最近聴いてないな〜コレ
そういうCDを引っ張り出して聴いてたら
新たに増えなくていいよね
というはずだったのに

引っ張り出す ⇒ 聴く ⇒ 深く調べる
 ⇒ 持っていないもの発見 ⇒ 欲しくなる
 ⇒ 買う ⇒ たいして聞かない

なんて変なスパイラルにオチイリ・・・


ン〜
今日時点で一体どれだけ書いてるんだろう?
「すべての記事」は90件
1年に30件か

あ、でも
CD聴いて、調べて、ってしてるうちに
「映画プログラム用」のブログを別建てにしちゃったな
その時は、ごちゃごちゃするのイヤだなと思ったけど
最近知った「書庫機能」でそんなことにもならなかったみたい

ついでに最近は大滝詠一が今さらながらにツボ
タイトルと全然つながらないから更に別建ての「アザーズ」まで開設
そっちを更新してるのかというとそうでもない


今日は区切りだからどれだけのCDについてアップできたのかを検証
天気いいのにヒマな感じだけど
まあ、今日はそういう日にしよう

1年目・・・17枚のCDについてアップ
      ※ 律儀に購入順、同一タイトル比較でアップしている
       (ひたすら、同じ音聴いてるの 苦行っぽいな)
2年目・・・6枚のCD、4枚のDVDについてアップ
      ※ 同じ曲を違うアーティストがカバーしているモノを
        関連CDとしてアップしている
       (さすがに、ビングばっかりだとなあって気分が発生)
       年明け辺りから到着記事増える
       この辺から、映画のプログラム(といってもビングの)に興味移行
3年目・・・7枚のCDについてアップ
      ※ 冬場は到着記事ばかり(完全に趣旨から外れてる)

この3年間で増えたビングのCD
ざっと数えて91枚(クロノロジカルのシリーズが50枚弱あるとはいえ・・・)

これじゃあ、ネバーエンディング
もやもや〜としてたのがはっきりしたので
気分一新、背景を変更してみました(今まで、やり方が分からんかった・・・)
イメージ 1
    
やり方、分かったので
瓶具黒墨の映画プログラムの方も変更しよう!
イメージ 2


開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事