愛媛の古城

中世の山城めぐりをしています。幾多の戦火をくぐりぬけ、今はひっそりと山中に眠る古城に魅力を感じます。

記事がありません。

その他の最新記事

すべて表示

戦国時代の刀

2017/4/1(土) 午後 9:41

備州長舩祐定  戦国時代に備前長舩で量産されたいわゆる数打ちものといわれる刀です。 足軽雑兵が登場し、戦乱が続きで増大した刀剣需要を満たすため 工房に職人を集めて分業体制をとり、流れ作業で刀剣を量産していました。 銘はその工房名みたいなものです。注文主の注文に応じて入念に製作された刀とは違います。 いわば実用の ...すべて表示すべて表示

高知県某鉱山

2012/4/9(月) 午後 5:00

少々不安を感じる木製橋を渡ります。 急斜面に石垣が連なっており集落が形成されていたようです。 上へ登っていくと視界が開け鉱山跡が見渡せます。 集落跡を抜けさらに上へ 道はしっかり残っています。 ズリの上部に来ました。 さらに上へ行くと広場になっています。 機械室とか発電所とか? ...すべて表示すべて表示

横河原飛行場燃料格納壕

2012/1/8(日) 午後 2:39

詳しい地図で見る 太平洋戦争末期、見奈良駅のあたりには陸軍の飛行場が建設されていました。 その燃料格納壕が大興寺裏山に残っています。 農道沿いにいくつかの壕があったようです。 壕1 ゴミ捨て場と化しています。 壕2 入り口を埋めてあります。 壕3 こちらは大きく開口しています。 入り口 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事