ここから本文です
ARCHITECT DESIGN
ダイエット トレーニング 家庭菜園

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

新元号「令和」。毎日テレビで取り上げられていると違和感があった方でも慣れてきた頃ではないでしょうか

現在は、明治以降から「一世一元の制」と言って天皇一代に一つだけ元号を定めることになっています。
明治の前、慶応までは、元号改元が行われるのは、天皇が即位するときは当然ですが、大地震や火災、天変地異、疫病の流行などがあったとき、改元を行うことで、
災いを断ち切り、新しい世の中を作ることを示すという意味合いがありました。
明治になり一世一元になるまでは一人の天皇が何度も改元を行うのはこのためです。

安政の大地震が起こった頃から明治の前までの直近14年程度でこれだけ改元されています。早い時では1年で…元年で終了ということになりますね。

1854 〜 1860 安政 
1860 〜 1861 万延 
1861 〜 1864 文久
1864 〜 1865 元治
1865 〜 1868 慶応

これだけ頻繁に改元が行われるのは、それだけ日本には地震や天災、
疫病などが多かったということです。
そして、せっかく改元しても天災を止めることはできないので、
また改元が繰り返されることになります。
元号の歴史を知ることは、かつて日本人がどのような苦難に遭わされていたかがわかりますね。

最近は地震や温暖化の影響で地球がおかしくなっている…。。。

という言葉もありますが、大昔から地震や天変地異をずっと繰り返してきたんですね。

自然災害に苦しめられてきた歴史が、元号と改元の歴史!とも考えられそうです。



小さな菜園ネタ

毎年プランター菜園で育てているシリーズを今年も購入してきました
イメージ 1

サントリー本気野菜「こいあじ」

トマト苗ですが、何とも美味しそうな名前でしょう
名前負けしないくらい味が濃く美味しいので今年で4年目の栽培です。

まだまだ寒いので植えませんが、暖かくなるまで室内で大きく育てていきます。


今日は久しぶりに冬に戻った寒さですね
油断して風邪などひかないようにしなければなりませんね


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事