ここから本文です
すべては自己実現のために! @hancelara
明治神宮外苑クリテリウム マスターズ

昨年に引き続き2回目の参戦

東京のど真ん中で強豪おっさん選手達と戦えるとあってモチベーションは高め

【リザルト】4位

昨年はナルシマ小畑さん、ロッポンギ高岡さんの2名の逃げを見逃してしまい、ラストラップ前にブリッジに行くも、優勝したナルシマ小川さんに付かれてしまい、2人に追いついてからスプリントする足が残っておらず、、、
なんとも悔しい思いをしてしまったのでその雪辱戦で、同じ失敗だけは繰り返さないようにと望んだ

とはいえ例年出場している冬場のクリテや高強度のロード練習をしていなかったのでどこまで通用するか

レース前にロッポンギまこっちさんにナルシマの連覇だけは阻止しようとロビー活動される笑
単騎参戦の自分にとってこれは渡りに船
なるべくロッポンギと同調する動きをして自分の脚を使わないように、ナルシマに足を使わせるように

とはいえ前述したナルシマ小畑さん、小川さん、ロッポンギ高岡さん等有力選手が複数名で逃げた場合は、距離も短いので逃げ切られる可能性もある為、他力では無く自力で行く所存

受付の9時からスタートの12時まで時間があるので、アップがてら10年前くらいまで住んでた池袋、大塚周辺までサイクリング
ロードバイクに乗り始めた時期でいろんな所に行くのが楽しかった頃だとノスタルジー


【レース】
スタートして人数の揃えているロッポンギがアタック応酬でレースの主導権を握る

個々の役割を考えた流石の動き
自転車レースはこういう追いかけっこが無いと走っている方も見ている方もつまらないからね
数を揃えてても何もしない、できないチームは見習うべき

王者ナルシマが足を使って追うというのが理想だったけど、なかなかそう上手く行かなかったように感じた

序盤に小川さんと高岡さんが抜け出した時、ある程度距離が離れたところで一気にブリッジをかけたがこれは集団が追ってきて失敗

ラスト2周くらいで再度、小川さんと高岡さんが先行していたところにブリッジをかけて集団からエスケープ成功

3人で回して逃げ切れるかなと思ったけど、最終周に小川さんが少し緩めた、、、ように感じた(後方にスプリンターの小畑さんが控えているしね)

自分は逃げ切るべく足をがっつり使うか、スプリントの為に足を貯めるか、どっちつかずのままラスト500m

ここで小川さんがスパート

これは自分が事前に想定していた位置と同じ掛け所、、、違うのは脚力

まさか追いついてくるとは思わなかった小畑さん、高岡さんの後、4番手で最終コーナーを抜ける

全開ターボを2回使用していたこともあり、スプリントが伸びずそのままの順でゴール



【終わって】
去年同様にナルシマが強かった

去年は小畑さんが先に動き、今年は小川さんが先に動く
勝てる選手が複数いるチームは作戦のバリエーションも豊富
またオレがダメだったとしてもあいつがいるから、、、という心理が働いておもいきった走りができる
正光コーチと一緒に走ると気が楽なのはこういうことか!
チームメートの大きさを再認識

レース後にロッポンギ福田さんに最近ペダリングで気にしていたことをズバリ指摘される
レース中にもかかわらず人のペダリング見て分析してんだこの人笑
おかげでまたペダリングが良い方向に行く「気付き」を得られた、ラッキー

来年こそリベンジ!





開くトラックバック(0)

【リザルト】

エキスパート 6位


たしか正月のもてぎは5,6年前に年代別で出場して以来

例年だと1月に地元で開催されるハーフマラソンに挑戦するの為にランに切り替えてたが、今年はマラソンが前倒しの12月になったので久々にエントリー

何か目標を持ってないと年末年始の不摂生に拍車がかかるので


正月は田舎に帰省しておりノーライド

年明け4日から乗り始めたらいきなり筋肉痛

そんな状態だったので目標は無理せず怪我せず完走



【レース】

極寒の予報だったが蓋を開けてみれば常識的?な寒さで助かった

暖かさと空気抵抗の両天秤での落としどころはシューズカバー、レッグウォーマー、夏用インナー+裏起毛ロングスリーブ、厚手グローブ、フェイスマスク

ワンピースはお世話になっているEVERFIT

スタート3分前までギリギリトイレで用を足してから最後尾に整列

内蔵系の問題かもしれないけど寒い時の尿意は人一倍。。。


3周目くらいに前方に行くと逃げと1分半とのアナウンスが聞こえる

いつのまに、、、

ただまだ序盤だったのでこの時は静観

その後なかなか差が縮まらず逃げているのが紺野選手、銀山選手、石原くんと分かり納得

数を揃えているロッポンギが集団コントロールしている訳ではないけど差は開く一方

アーティ武井くんやなるしま小畑さんなんかが前方で追う動きをするが、上手くローテが回らない
ホビーレースあるある

自分は数回加勢する程度で、その後は別の戦いが、、、

スタート前で出し切ったはずの尿意を催す、、、いったいどこに貯蔵されていた?

レースどころじゃなくなり降りようかとも思ったけど、それ以上に久々のレースだし勝負したい気持ちが上回る




そしてとった行動が、、、




意外とイケるもんだ

汗と同じ成分?だし、乾燥しているので乾きも早いしね




レース終盤、3人の逃げ切りが確定的になり、あとは6位までの表彰台争い

まだ50人はいる大集団のままラストラップへ

上りで強烈なアタックはなく、下ってからの裏ストレートでの位置取り合戦

ゴール前がカオスだという人はゴール勝負の脚をためようと脚を使わずにポジショニングしようとするから

位置取りで積極的に脚を使わずタテではなくヨコの動きしかしないから自分自身がカオスな状況を作り出していると思う





最終コーナーを武井くん→高岡さん→福田くん→自分の順で通過

ホームストレート追い風気味だったので曲がりきる前にイン側から先行スプリント開始

、、、だが伸びが無く上記3人に捲られる


やっちまった7位だと思っていたら逃げグループから石原くんが落ちていたと

ゴールして速攻で洗ったジャージを着直してブルブル震えながら表彰式に行ったら武井待ち




ラッキーだったけど新年1発目に表彰台に乗れたから2019年は良い年になりそう

開くトラックバック(0)

ジャパンカップの前日に行われるオープンレースを走るため宇都宮へ

【リザルト】49位(トップ+'6"34)

インハイ、インカレ、プロツアーの選手が混ざったまさに異種格闘技戦
自分が出るレースの中で選手レベルやオーガナイズが最も高いレースの1つ
ここ数年、毎年参加しているけど完走がやっとの結果にしばらく落ち込むレースでもある


トラック競技メインにしようと決める前にエントリーしてた
例年だと沖縄対策も始まっているので体重も3〜4キロ絞れた状態で臨んでいたが今年は練習不足だし
今後はおそらくエントリーすることはないだろうなー
今回は日光家族旅行も兼ねていたので落車だけには気をつけて気楽な気持ちで


【レース】
今年も人数が多く最初の古賀志の上りで後方に居ると、その後のテクニカルな下りもあり、中切れの嵐によりレース終了となる
なので後方のスタート位置から惜しみなく無酸素系の筋肉を使いポジションを上げていく

1周目はなんとかなるも2周目で下って平地に出ると先頭集団とギャップが出来てしまっている
ここが勝負どころと思い、乗鞍チャンプの中村選手とエカーズ津田くんと前を追う
セブン曲がってやっと追いついた頃にはすでにオールアウト気味
その後、後ろからも小集団が追いついて来たので無理せずこれに便乗すれば良かったと思うも結果論

その後も展開に絡むとかはなく、ただただ古賀志の上りを遅れないように付いていくのみ
それでも4周目あたりでペースが上がった集団に付けず、7−8人の小グループで最後まで


【終わって】
例年だと、「なぜダメなのか?」とか「次回はどうすればもっと上位でゴールできるか?」
とか考えるところだけれど、前述したようにロードのモチベーションが低く今回は練習もしていなかったので反省とかは特になし

むしろカラダの使い方、ペダリングの意識を変えたことで、体重は重くなったけど上りは楽に上れるようになったかも
というポジティブシンキング


レース直後はもういいやってなるけど、しばらくするとあの興奮をもう一度ってなるのはやっぱ中毒だな

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事