中年BMマン FIOLA

移転しました 移転先 http://satoboueki.com/fiola/

全体表示

[ リスト ]

さて、今日はスラム AVIDのブレーキオイル 交換の 作業手順です。

AVIDはプロショップ以外の自転車屋ではメンテを断られることもあるかと思います。

MTB乗りは ブレーキオイルくらい自分で交換できなければ話になりませんね。

さて、英語でのHOW TO SRAM AVID BLEEDING はYOU TUBEとかでも紹介されていますね、
しかし、日本語での作業手順のやり方を教えてくれるものは、見かけません。

ここでは、わかりやすく、日本語で紹介しましょう。

まず、AVIDのブレーキは 専用工具がないとできません。 
イメージ 1
さっそく取り寄せました。
口金が特殊なので、これは必要です。 手袋までついて親切です。 マニュアルは中国語のみ?だった
ブレーキオイルは 本田のDOT4です。  自転車用 グリコール系フルードは高いので、これで十分です。
ちなみに、シマノ、TEKTRO、はミネラルオイルです。 SRAM AVIDは車、バイクと同じフルード DOT4かDOT5.1
です。  本田 ウルトラDOT4 980円  これで十分  

①まずは注射器にホースをつけ、 フルードを注射器の6部目くらいまで吸い込んでいれます。
②注射器を上むきにして、泡を上にだします。 タオルを口金にあてて、注射器を押し、 空気を出します。
③気泡がでたら留め具でおさえて準備完了 
④まず、レバー側に注射器をとりつけます。
⑤ブレーキキャリパー側に注射器を取り付けます。
ここからがポイント
⑥ブレーキレバーを握った状態に縛ります。
⑦キャリパー側の注射器を先が下向きに立て、ピストンを引っ張り ブレーキ内部の気泡を吸い上げます。
⑧何度も引っ張り 空気をだします。 注射器の上部に空気がたまります。 強く引っ張りすぎないように
とりっつ と 抜けてしまうと作業 やりなおしになります。
⑨レバーの縛りを解き、レバー開放  キャリパー側の注射器のピストンを押し込みます!!? あれっつ


まったく オイルが入りません   なんと私のSRAM AVID  調子が悪いとおもったらライン詰まり
しかたなく、 原因をさぐるため、分解  キャリパー レバー リザーブタンク
なんと、リザーブタンクないにゴミがそうとう浮遊してました。 どこからはいったのか?

結局レバーのリザーブタンクからのラインが詰まってました。
詰まりを高圧で直し、さて 締めようとしたところ パッキンが二度と戻りません。  SRAM AVID
巨大なパッキンが収まっており、一度あけて びよーーーん となると もう戻りません。
THE END  

何度も、もがき苦しんで、オイル注入のねじ山も死亡
イメージ 3

無理やりおしこんだパッキンがはみ出ているのがわかります


イメージ 2
リザーブタンク上部に 小さな穴が構造的にあいていて、そこから オイルが噴出します。
パッキンが死亡したせいでしょう。 鯨の背中みたいです  フルードでペイントも禿げ禿げ
こちらのねじ山も死亡しかけています。  もがいた苦しみが現れています。




イメージ 4



もう MTB ベトベトです   本当はタイヤはずして キャリパーに専用クリップをはめて作業が基本ですが、
そんな クリップもってません。 しかたなく、ディスクプレートがついたまま作業のため、タイヤもはずせませんでした。

イメージ 5




くそ スラム AVID  こんな ブレーキつくりやがて、 もう二度と使わん 


もう MTB 辞めたい・・・

と悔しさと情けなさと怒りで、涙をこらえ、テクトロの ブレーキセット新品をオーダーしたのであった。





みなさん こちら参考に


きれいな作業場 そろった工具  これがあれば、自分も成功したであろう  



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事