アレキサンドライトS】ゴールデンチケット 直線叩き合い制しV

21日の中山11R「アレキサンドライトステークス」(4歳上1600万下・ダ1800メートル・稍重)は、横山典騎手騎乗の1番人気、ゴールデンチケット(牡6=畠山吉厩舎、父キングカメハメハ、母アグネスショコラ)がマイネルオベリスクとの叩き合いを制し優勝した。勝ち時計は1分51秒8。  キレイに揃ったスタートからマイネルオベリスクがハナを奪うと、差のない2番手にゴールデンチケット、そこから3〜4馬身後方をウインマリアベール、コスタパルメーラ、スエズらが続きレースが進む。  4コーナーから直線に入り、更に後続との差を広げた2頭の叩き合いとなる。ゴール前で前を行くマイネルオベリスクをクビ差かわしたゴールデンチケットがJRAのレースでは初勝利を上げた。  クビ差の2着にマイネルオベリスク、そこから3馬身差の3着にグリッターすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事