ここから本文です
名人にシンキングペンシルを引いて勝つ!

書庫全体表示

記事検索
検索

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


いよいよ、正式に開催を告知いたします、
いよいよです皆様

大会HPは↓↓…↑↑コッからもとびますヨ(´∀`*)ウフフ



風来望で一足早く、本日の午前から告知させて頂いたんですが、もう既に申込者さんが2桁に達しておりますっ!!

そして今回の楽しみは釣り大会と言うだけでなく、懇親会での濃密なカヤッカートークや、カレー大会なんかも用意してるし、大会参加者さんだけでなく、応援にお越し頂ける、彼女様、ご婦人様、子供たちへの応援大会的な催しも用意してるので、今回は単なる釣り大会と言う枠を超えた、超楽しい催しになる事間違いなしですっ!!

沢山の皆さんのご参加を心よりお待ち申し上げております


この記事に

イメージ 1


北海道に行ってきました!

ココは富良野にある、富良野スキー場です

イメージ 2

そして、コレが旅行中に宿泊した、新富良野プリンスホテル

…だがしかし

スキーもスノボもして居りません…

スキー場併設のホテルに泊まり、スキーもスノボもしなかったのは、人生初

そして、マイスイートハニーのお目当ては…



マイサン、カイル君も富良野のパウダースノーにご満悦のご様子でした



そして一夜明けた翌日に行ってきたのは…

イメージ 3


第70回札幌雪祭り(´∀`*)ウフフ

今回は記念すべき第70回記念大会だと言うのに、なぜか初音ミク押しと言う、初音ファンではない自分にとっては…微妙な感じになっておりました。

…とはいえ、全世界から集まる国際的なイベント(?)とあっては、日本の新文化である『 OTAKU 』も大切な集客材料ですから、仕方ないか…。


イメージ 4

個人的にはこういうんを想像しててんけど、そんなこと言ってる自分が古い人間なんでしょうね(;´Д`)

















北海道グルメも堪能して熊本へ帰ると、コレマタ素晴らしいものが出来上がっておりました!






イメージ 5


今迄の、風来望cup、OCEANADVENTUREcupから一新しました新しいイベント。

『 九州カヤックフィッシングフェスタ 』

今迄開催してきました” 単なる釣り大会 "と言う感覚のイベントから一新した、フィッシングカヤックを主体とした様々な催しを2日間かけて楽しんで頂くと言う、新規格になっております!

そしてこのイベントを開催するにあたり、実行委員一同が考えるテーマは、

” フィッシングカヤックの今後 ”

フィッシングカヤックに関する知識の向上、技術の取得、そしてカヤッカー個人の在り方等を今一度考えて頂ける場に出来ればと、取り組んでおります。

ま、難しい事はあまり考えないで、大いに楽しんで頂くのが一番なんですが、その中で、少しでも皆さんの今後に役立つ何かを持ち帰ってもらえればと言うのが、今イベントの趣旨でございます。

なので、今回は(も?)?九州のカヤッカーに限らず、全国のカヤッカーの皆さんにも多くご参加して頂いて、大いに楽しんでもらえればと考えております。

皆さんよろしくお願いいたしますm(__)m

詳細につきましては随時お知らせいたします!


この記事に

イメージ 1


荷物はキャンプ道具一式に釣り具少々、クーラーは無し。

この装備でどこに行くかと言いますと…


イメージ 2

南海の孤島、宇治群島

大小様々な島と瀬で構成された魚影豊かな無人島です。

行きがけの荒波で、吐いた回数も数えられなくなる程頭が真っ白になりながらも、何とか島に到着し、揺れる頭と体で一日中野山を歩き倒しました。

イメージ 3

正面に見えるのはお正月特番でナスDが0円生活をしていたと言う鮫島と言う無人島。

イメージ 4

あの島でサメを釣り上げたらしい…。

宇治群島に付いての構想を練りだしたのは、3~4年前位から。そして、本格的に調べ始めたのは、一昨年の秋頃から。

どういった島なのか…水深は…環境は…天候は…。

自分では色々調べたと思っていたのに、全国放送の番組で取り上げられていたなんて、これっぽっちも知らなんで…まだまだ調べ方が足りなかったようです。


今回の調査では、平地は有るのか、水は有るのか、薪用の木材は有るのか、どのあたりまで歩きで進む事が出来るのか…等の、キャンプに必要な調査は出来ました。

イメージ 5


そしてここは、無人島でありながら、ほぼ無人にはならないという事も漁師さん達から教えてもらいました。
何故なら、船の停泊場所がここしかなく、時化で船を出さない時以外は大体、漁と漁の合間には、ここで船を停泊させ、漁具の整理や、休憩、宿泊などをするとの事でした。

無人島感を感じる事は難しいかも知れない…と言う一面もあるんだけど、携帯が通じない遥か沖の離島で、ほぼほぼ誰かしらが訪れるという事は、海況の情報もそれだけ手に入りやすいし、万が一トラブルが発生した時の対処も比較的安定して行えると言う絶対的に良い一面も発見する事が出来ました。

イメージ 6

今回は1泊だけなので、港でキャンプ。で、夜は漁師さんと宴会と言う運びに…
特にこういう隔離された処では、人と人との関係も築き易いのかも知れません。

魚釣り自体は2日間で2時間位しかやる時間はなかったけど、それでも結構良型のヒラスズキが顔出したり、スジアラもルアーを引っ手繰って行きましたんで、良い季節に行けば、相当ハイレベルなドラマが繰り広げられそうです




…で、じゃあココに、何をしに来たのかと言いますと。















それは、追々

こうご期待

この記事に

イメージ 1


みなさま、明けましておめでとうございます!!

最近YouTubeを始めたもんですから、そっちで新年のご挨拶でもしようかとも思ったんですが…やっぱし、古くから投稿させて頂いている、かやチンブログからご挨拶が真っ当だろ!と思いまして、こちらからのご挨拶をいたします。

…ばいざうえい

昨日のお話

イメージ 2

昨日は朝っぱらからバイクの配達…

一度エンジンが温まると再びかけ直すのに1時間はかかると言う奇病に侵されている風来望の風来號1号機(しかもミッション…
こんな危なっかしい車でどこへ行くかと申しますと…



毎年お世話になっている恒例のヒラ釣り現場…

イメージ 3

…の入り口、串木野港
なんとか無事に着いた

毎年お世話になっている甑島で、これまた毎年お世話になっているKazuki Mizogamiのお父さん、Matashi Mizogamiが始めるゲストハウス” にしん浜 ” に納品するレンタルバイク2台。

甑島はポイントがそこそこ広く、移動手段がないと中々思う様なポイントに行けない事が多い。しかし、1~2泊程度の離島遠征では往復2万円も支払って車を持って行くのは結構お財布に厳しい。

そこで考えたのが、レンタルバイクプラン!

一日500円位??で、上甑、中甑の全てのポイントが網羅できるって…これって、お得じゃない!?

ま、金額に関してはにしん浜の又志おじちゃんに聞いてください。





イメージ 4

そしてから荷になった風来號での一番の難関…   それは…

イメージ 5

フェリーでの牛深渡船

強制的にエンジンを切られる…

船なんだけど、危ない橋を渡ります。

イメージ 6

前の晩もエンジンのかかり調査をしてんけど、切って直ぐは掛かりました。5分経って掛かりました。けど、30分経つと掛からなくなった…。そして、1時間後又掛かった。

フェリーの待ち時間は35分。


イメージ 7

緊張の一瞬…

カラカラカラ…


ガラガラガラ…















ブルンッ!!!!



エンジン掛かりました〜〜


イメージ 8

その後も何のトラブルなく、風来號を親元に返す事が出来ました


イメージ 9

そして翌日は、焼酎棚の制作…

イメージ 10

OCEAN ADVENTUREはカヤック屋です!!




イメージ 11

こんな色塗り作業も同時進行

イメージ 12

ま、そこそこキレイに出来たんじゃないでしょうか??
自分的には満足



イメージ 13

そしてさっきの色塗った板は、家の角にアクセントちょこっと




イメージ 14

カヤック置いたらこんな感じ


やっぱしカヤック屋だったでしょ!?











そして、YouTubeのおはなし。


とまぁ、結構投稿しました

他のYouTube職人の皆さんと比べると、遥かに低評価が多いんですが、これは何故なのか…??

かお…?

いやいやそれはないっ(`・ω・´)キリッ!!


今迄に振った女性たち…??

…にしては少なすぎる(`・ω・´)キリッッ!!!

まぁ、良くも悪くも評価を頂いているっていう事は感謝感謝です。


良識の感覚は人それぞれ、コレが良いと思う人もいればコレはダメだって思う人も当然の様に居ります。

最近の流行りモノで言えば、例えばSUP。
これなんかライジャケの有無が団体によって異なっている。
しかも同じ安全上の理由から。

ライジャケ繋がりで言えば、海や淡水ルアーなんかだったら着用が強く勧められ、フライやフナ釣りなんかだとそんなこと言う人ほとんどいない。
フナ釣りは置いておいても、フライフィッシングを渓流でやってる人とかの危険度は、海上での船釣りよりも遥かに危険じゃないんかなって思う事も有るけど、これは風習と言うか、慣習と言うか、流儀と言うか…。

同じマリンスポーツにおいても、divingなんかだったら、ライジャケどころか重しを付けて遊ぶスポーツなんかもあるし。

コレが良いとか悪いとかいう事でもないし、ライジャケ否定派では決して無い。
モノの考え方は人それぞれ、世界的に見たらもっと多角的な視点から見る事が出来ると言うほんの一例を上げただけなんで、ライジャケ要らんのか…なんて事にはならないでくださいね。

まぁ、コレからも大体同じような動画を投稿する事になるのかなって思ってます。
凪いだ時にはお仕事あるし、凪の釣りは…苦手やし…。

コレからもどうぞ一つよろしくお願いいたします(^^)/


この記事に

西郷どんの里へ

イメージ 1


…こんな光景を見ながら釣り出来るってだけで、鹿児島の釣り師はうらやましいデス



という事でですね、今回は鹿児島へやってきました
ま、ラーメンを食べに来たって事も有りますし、黒豚とんかつを食べに来たって言うのもあります…が、一番の目的はもちろん、フィッシングカヤックでございます!

イメージ 2


因みに数年前までは、足しげく通っていました鹿児島ですが、愛しの我が子誕生後、マイワイフが鹿児島でのお仕事を中断した事によるものでございます。
間違っても『 鹿児島の魚は釣りつくしたぜっ!! 』 とか考えているわけではございません


イメージ 3

今回の進水式は人気沸騰中のフィッシングカヤック ” コリンアスリート ”
鹿児島ではまだ2艇しか出回っていないフィッシングカヤックという事で、鹿児島カヤックアングラーの注目を誘う事間違いなしのプレミアムカヤックです。

オーナーのJさんも、初カヤックの購入がこのコリンアスリートという事なんですが、もちろん購入前に、OCEANADVENTUREJapanの店舗まで足を運んでいただき、江津湖でコリンアスリートを納得いくまで試乗して頂き、自分がしっかりと漕げること、このカヤックとの相性などを見極めてからの購入です。

近年ではネット通販が主流になりつつあるカヤックの販売なんですが、家電や雑貨などとは違い、” 命を乗せる ” 本当に大切な乗りもなので、購入する時には安易に、値段や、YouTubeで見た!…なんかで判断するんではなく、しっかりと考え、乗り、決心を固めて購入してもらいたいと切に願うばかりです。


イメージ 4


で、今回は初乗りと言う事も有り、先ずはパドリング練習から
…とのJさんのお話だったのですが、練習の日程が翌日もあるという事や、今回は自分も同道させて頂いていると言う事も有り、桜島までの往復約7キロほどの錦江湾の海況を横断してみました

それに実際、パドリングは漕がなければ上手になりませんから!
何はさておき、カヤックが上手くなりたければしっかり漕ぐこと!これが一番です

イメージ 5

自分で誘っておきながらこんな言うのもなんですが…
カヤック初心者で3.5キロ漕げる人、初めて見た…

筋が良いのか、カヤックが良いのか…   両方ですね

イメージ 6

無論魚釣りもやりましたヨ

イメージ 7

1投目で釣れるとは…錦江湾恐るべしっ!!!



都会派フィッシングカヤック、コリンアスリートが、巨大魚ひしめく鹿児島の海でコレからどんなドラマを繰り広げて行くのか興味は尽きませんが、鹿児島の観光にも興味がある私は、カヤック以外の事にも挑戦して参りました




以前鹿児島に来ていた時によく通ったラーメン屋 『 花一 』
鹿児島ラーメンという事ではないんだけど、濃厚鳥白湯スープがおいしいラーメン屋さんです


イメージ 8

休みっ!!

…ま、ま、しかたない。

つ、次は、これまたよく通っていた、とんかつ屋『 川久 』
厚切りブタの真ん中がほんのりピンクに揚げられた、超絶おいしいとんかつ屋さんです

休みっ!!
写真撮るのも忘れたっ

…し…し…しか…た…な…い

前から行ってみたかった、郷土料理のお店

閉店っ!!

う…っ…。。。…(;´Д`)

駐車場近くのてんぷらや

休みっ!!

こんな事って…あんの!?


イメージ 9

しかし、お風呂はそんな僕を優しく迎えてくれました

鹿児島の温泉はどこじんまりしていて、独特の情緒があります。
ここ、みやこ温泉も町からすぐ近くにある都会の温泉なんだけど、390円(…だったと思います)と言うべらぼうに安いお値段で入る事の出来る温泉。

中も一見は銭湯の様なんだけど、入ると判る泉質の違い。

身も心もすっかりと温められて、閉店続きの悪夢もこれまたすっかりと、どっかに行ってしまいました。

イメージ 10

今宵はむじゃきで大人の夜でも過ごしましょうか…
コーヒーシロクマで



イメージ 11

翌朝も、以前よく通っていた梅ヶ淵温泉に入りました。
高速道路入口のすぐ近くという事で、ここも大変便利な温泉です。
泉質も弱アルカリ性、無味無臭の単純泉という事で、何回入っても、何日続けて入っても体が臭くなる事もないし、スッキリ感だけが残るすんばあらすぃ温泉です。


イメージ 12

自分も身も心もお肌もスッキリ!!
画像はイメージです






この記事に

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事