ここから本文です
kedorin 旅行大好き
次は、タスマニアへ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2008年9月18日 7日目
 
モスクワからまた、サンクトペテルブルグに戻る。
 
今日は、11時出発。
 
時間があるならツアーの皆さんと(11人)、
 
血の上の教会(スパース・ナ・クラヴィー教会)へ行き、
 
入場しようということになった。
 
早く朝食をとり、ホテル玄関に集合。
 
地下鉄の駅まで、かなりあるようだ。
 
なんとか聞きながら、駅に着いた。
 
地下鉄の駅も、朝のラッシュで混雑している。
 
たった、100円くらいだったと記憶している。
 
イメージ 1
 
 
正面からみた教会
 
イメージ 2
 
 
この教会は新しく、1907年完成である。1881年、皇帝アレクサンドル2世が
 
暗殺された場所に建っている。
 
息子のアレクサンドル3世が、父の死を惜しみ、殺された場所に
 
教会を建てさせた。内部の美しさは世界一と言われている。
 
また、ここの入場料が高い! 300R(約1500円) 
 
現地の人とは、二重価格である。
 
中の壁画やモザイクが見たかった。
 
ミサをしているらしく、10時からの開館のはずが、
 
11時からという。
 
せかっく来たのに、仕方ない。
 
写真だけ撮って帰ろう。
 
ガイドブックを勧められる。
 
いらないと断っても、かなりしつこい。
 
 
地下鉄駅近く、カザン聖堂へ 
ロシア正教では、珍しくカトリック風の列柱の回廊をもつ聖堂
 
イメージ 3
 
 
ホテルに戻らなければならない。
 
地下鉄の切符を買おうと思ったら、
 
このバックに入れていたヴィトンの財布がない!!
 
そうだ、あの時の3人の男性に囲まれて、
 
ガイドブックを勧められた時、すられたに違いない。
 
あぁ〜、どうしようもない。
 
カ−ドはどうする?  現金は?
 
後悔しても、どうしようもなかった・・・・・
 
悔しい!!
 
ツアーの方にお金を借りて、地下鉄に乗る。
 
海外旅行は、何度も行っているが、始めての事件である。
 
ショックで、とても悲しかった。
 
でも、多額の現金は、お腹に巻いていた。
 
財布の中には、ルーブルとユーロで、一万円くらいと、
 
国際キャッシュカードとVISAカ−ドも入っていた。
 
それより、ヴィトンの財布の方が高い。
 
消沈して、ホテルに戻る。
 
ホテルから、日本にいるダンナに国際電話をかけ、
 
カ−ドを止めてもらう。
 
ダンナの会社に電話をする。
 
kedorin   “私”
ダンナ  “どこや?”
kedorin   “ロシア。 カ−ド、止めて!”
ダンナ  “なんで?”
kedorin  “スリにあった。”
 
 
幸い、あまり被害が少なかったように思う。
 
力が抜け、呆然としたが、あきらめた。
 
こんなことになるなんて・・・・・
 
ツアー最終日で、よかった。
 
 
 
ロシアは、どこでもトイレチップが必要である。
 
どうしようと思案したが、幸いツアーの方々に、
 
恵んで頂いた。 だいたい一回20R(約100円)くらいである。
 
 
 
ビョートル大帝 夏の宮殿へ
世界遺産である。第二次世界大戦で、ドイツ軍によって
破壊され、現在はドイツ60% ロシア40%の割合で、
修復された。1714年ビョートル大帝が館を建て始めたことに始まる。
建設には、フランス、イタリアをはじめとして、優秀な技術者が集められた。
 
 
 
大滝と宮殿
 
イメージ 4
 
 
下の公園には、150もの噴水がある。
王様は、噴水がお好き?!
 
ピラミッドの噴水
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 
続く

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事