ふぇるあーとのブログ

1日1更新を目標に。残念な子の日常を・・・

全体表示

[ リスト ]

筆記試験Wヘッダー

地方民が効率よく就職する活動する方法、その1つにビジネスホテルに泊まって同じ都市圏の企業を複数受けることがあります。。
私もこの間、大阪でそれをやり、2泊3日淀屋橋あたりに滞在していました。
2日目のみ9時からと13時半から共に筆記試験があり、それぞれの企業まで受けに行きました。
9時からの会社の筆記試験は、一般常識(45分)、休憩後小論文(60分)、更に休憩後クレペリン(60分)の約3時間の長丁場・・・。確か、クレペリンって集中力のムラとか見る試験だよね。既に受験前から集中力なんかあるかぁ(怒)手首が痛いです・・・
地下鉄で移動後、13時半からの会社。SPI(60分、120問型。完答狙いでなく、多分分かるのを急いでといた方が良いタイプ)のあと、更に本日2度目のクレペリン。だ・か・ら腕が痛くなるだろうが
クレペリンは金融では多いとは聞きますが、その日の会社2つとも医薬品関係企業(製薬と医療機器)なんですけど・・・
 
結論:クレペリンは1日1個まで。(集中力と腱鞘炎的な意味で)
 
補足:クレペリン
一桁の数字が大量にかかれている独特の試験用紙をまず渡される。数字と数字の間にこの両者の数字の和の下一桁のみひたすら書いていく。細かい時間で次の行に移り、回答量の変化を見る。
そして30分試験後5分休憩し、再度30分試験する。
一般的な筆記試験と違い試験中は、ぶっ続けで単純計算をして書き続けるため集中力と手首を酷使するテストである。そのため、受験後疲れている人が多い。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事