ここから本文です
余命が延びた(^^)

書庫全体表示

記事検索
検索
函館の宿から見えた巡視船を求め、「緑の島」
という人工島までお散歩♪距離は1.5kmくらいかな。

居ました♥とから型PMの『おくしり』。
イメージ 1

背景がコチャコチャしてるのは、函館どつく があるから(^^)
イメージ 2

背景が造船所だったり、遠くの山に雪が見えたり、
他管区の巡視船を現地で眺めるのはスゴク楽しぃ♥
イメージ 3

函館・朝市側から見た左舷側。
イメージ 4

元町公園から見下ろすと『さんふらわあ だいせつ』が
航行中でした。
イメージ 5

官民様々な船が見られるのは、港町のお楽しみポイント
でしょうか。


PM39 OKUSHIRI
IMO:9598505/MMSI:/呼出符号:
船籍:Japan/総トン数:335t/全長×幅:56.0×8.5m
建造:JMU(2013年)

2017/02/13 函館市大町15 緑の島(1〜3枚目)
       函館市若松町11-5 函館朝市駐車場付近(4枚目)
       函館市元町12-18 旧函館区公会堂付近(5枚目)
気づけば、1管区から戻ってきてそろそろ約1ヵ月経ちますyo。

この1ヶ月間は羽田沖撮影(記事化は未定)、ナッチャン&ブルハピ、
らべんだぁ来航でフェリー祭り開催の大桟橋へ週3通ったり、
インフルエンザ罹患したり、仕事休んだり、回復したり(←今ココ)、
カナーリ濃いぃ日々を送って参りましたyo(^ー^;

そんなこんなで、下手したらこのままお蔵入りになりそうなので、
1管区のお船達UPをボチボチ再開しますne〜。

CL120 やぐるま(平成14年3月竣工・墨田川造船)
イメージ 1

イメージ 2

CL143 すずかぜ(平成20年3月竣工・墨田川造船)
イメージ 3

イメージ 4

仲良く2艇並んでました。どうやら、此方では灰色CLは絶滅
してしまった様で、何方もイマドキの白塗装CLでした。
イメージ 5

以前はこの型は『すずかぜ型』呼ばわりしてましたっけ。
ネームシップだった 『CL11 すずかぜ』が、平成19年に姫路へ
転籍し『CL11 ひめぎく』と成って以降は、『ひめぎく型』と
呼ばれとります〜。ネームシップが転籍して船名変わると
面倒やね。(^ー^;

何方も産れはお江戸の墨造さんですが、6歳違いですからねぇ。
イメージ 6

イメージ 7

操舵室窓のビスとか、アッパーの照明やレーダー等々、随分と
雰囲気違いますね。同じ幅広型でも、古い方が1トン重かったり
して、興味深いデスyo(^^)


2017/02/11 小樽市港町4
ナッチャンworldと津軽海峡フェリーの「ブルードルフィン2」♥
イメージ 1

こういうコラボを見るには、やっぱり函館だよねぇ〜(^∀^)
はるばる来た甲斐あったわぁ〜!

・・・なーんて函館で思ったのが、2017/02/13。

ハイ、約2週間後の本日、そんな他管区コラボを、はるばる行かなくとも
横浜で見られました(゜д゜)ガーン
イメージ 2

2017年3月11日に青森〜函館航路に就航する新造船「ブルーハピネス」。
瀬戸内海にある内海造船・瀬戸田工場で生まれたてのホヤホヤですyo。
イメージ 3

函館に回航するついで?に横浜へ寄るとのことで、通勤時にカメラを
持参し、少々早めに職場を出て駆けつけました(笑)
イメージ 4

しかしまぁ、久々の大桟橋は寒いっ。1630に横浜航路に入航予定
だったのですが、ベイ橋をくぐってる辺りで1703ですからね〜。
イメージ 5

大桟橋の赤れんが側バースに右舷づけする様で、ここで回頭します。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

新造船をイキナリ傷物にする訳にはいきませんからねー
イメージ 11

大桟橋には大勢の見物客も居るわ、先に着岸済みのナッチャンからも
ガン見されてるわで、クルーも非常に緊張されたかと・・・(^−^;
イメージ 12

横浜で「函館〜青森」表示プレートを見ると、なんだかうれしくなります。
イメージ 13

ここで、バウスラスタが勢いよく始動!
イメージ 14

タグのお手伝いもありましたが、流石に新造船。
スムーズに寄せて後進していきました。
イメージ 15

赤レンガ倉庫側からも撮ってみますne。
イメージ 16

三脚までは流石に通勤時には持てなくて、、、手持ち撮影の限界。
イメージ 17

やはり初入港とか聞くと、撮りたい衝動に駆られるのは皆同じなのか?
大桟橋は結構な人出でした。

あ〜良い船見られて、良かった!(^▽^)ノ

3/1に船内一般公開もありますよん♪

BLUE HAPPINESS
IMO:9773820/MMSI:431009216/Call Sign:JD4092
Flag:Japan/総トン数:8,800t/全長×幅:144.12×23.00m
旅客定員:583名/乗組員:33名/車両搭載数:トラック71台or乗用車230台
建造:内海造船瀬戸田工場(2017年)

2017/02/28 横浜・大桟橋

開くトラックバック(2)

最近のPMクラスと言えば、ほぼJMU製で占められたとから型(PM20〜40)
最大勢力ですが、今年度中にはニューカマーの新PMが、これまたJMUから
デビュー予定となっております。

既にトライアルに出てるらしい PM52 いしかり さんが近々引き渡し
なのでPM50番台なのか?あ!そういえば、ニューかとりーぬが
『PM51 かとり』らしいので、かとり型になるのかねぇ。
因みに、まだ見ぬニューかとりーぬ、3/20に一般公開するそうです🖤
PMの勢力図も大分、変遷しておりますyo。(゚ー゚;Aアセアセ

たかとり型PMも絶滅し、なつい型PMもそろそろ・・・?
なんてお年頃なので、あまみ型も見られるチャンスはそう多くはない
今日この頃ですyo。(。´Д⊂)

急ぎ記事化したPM95 あまみは就役から25年目の古参PMでしたが、
今回1管区でお逢い出来たのは就役から19年目のほろべつ。
こちらも、あまみ型。
イメージ 1

就役当初は5管田辺海保で『みなべ』を名乗ってましたが、
2010年2月先代ほろべつ(PM82 びほろ型)解役に伴い、
遠く5管区から『ほろべつ』を名乗る為に転籍してきました。
イメージ 2

こうして拝見すると、船橋部分が低く見えますne。
イメージ 3

ファンネルも手が届きそうな高さです。
イメージ 4

船尾の警救艇用のスリップウェイは、なかなか3管区のお船には
見られない装備・形状なのですんごく興味深いです。
イメージ 5

『ほろ』と『べつ』の間の線でパッカーン!て割れて開くのかしらne?(゜ー゜?

見たーいよぉー♪!ヽ( ´ ▽ ` )ノ


PM98 HOROBETSU
IMO:9178795/MMSI:/呼出符号:JLWC
船籍:Japan/総トン数:249t/全長×幅:56.0×7.5m
建造:三菱重工・下関(1998年)

2017/02/11 小樽・色内埠頭
さて1管区記事途中ですが、7管区の船の記事を!

賢明な方は察してるカモしれませんが(^−^;

1管でGETした船を記事化するにあたり、確か同型船を
撮っていたハズ・・・とblog内記事検索したら単品記事化
していなかったので、急ぎ単品化しました〜(爆)

2012年の撮影当時、たまたま居合わせた保安官さんに
お願いして、この場所から撮影させてもらった記憶がアリマス。
あの時の保安官さん、アリガトウ♥
イメージ 1

2001年12月22日に発生した九州南西海域不審船事案の対応時、
名瀬保安部所属だった本船は船橋や主機にまで被弾。
当時の様子が記録された生々しい画像は、横浜の工作船展示館
でも流れていて、何度見ても緊張してしまいます。
イメージ 2

被弾した部分は呉の海上保安大学校に展示してあるそうなので、
いつかは見学に行きたいと思ってます。
イメージ 3

対岸からオチリも撮りました。
イメージ 4

本船はこの事案に関して海上保安庁長官表彰されており、
その『長官表彰記念プレート』を探しましたが、撮影した写真
にはうまく撮れてなかったのが悔やまれます(涙)今更ね。

PM95 AMAMI
IMO:9042673/MMSI:/呼出符号:JFQA
船籍:Japan/総トン数:249t/全長×幅:56.0×7.5m
建造:日立造船・神奈川(1992年)

2012/07/25 長崎県・佐世保

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事