難読地名・珍しい地名の由来

地名は貴重な無形の文化遺産,由来や発生の背景を知ろう

魹ケ崎(とどがさき)灯台

 平成21年4月27日(月)の朝日新聞によると,岩手県宮古市の姉吉漁港に,本州最東端(東経142度3分11秒)の水道施設となる「金の蛇口」が設置されたと報じている。  姉吉漁港は,昭和32年,映画「喜びも悲しみも幾歳月,木下恵介監督」の舞台となり,歌謡曲(作詞 / 作曲 木下忠司 ,唄 若山 彰)で知られる「魹(とど)ケ崎燈台(東経142度4分34秒)」への玄関口。  灯台へは漁港から車では行けず,歩くと2時間かかるという。濃霧と激浪の発生しやすい三陸沖を航行する船舶にとって重要な当灯台は,今は無人となっている。  魹の付いた地名には北海道増毛郡増毛町雄冬 魹島(とどしま・自然地名) · 青森県上北郡六ヶ所村大字泊 魹島(とどしま・自然地名)すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

●袖ケ浦市 1991年(平成3)4月1日,市制。袖ケ浦の由来は,『古事記』によれば,日本武尊が相模国から東国遠征の折,走水(はしりみず,東京湾)を渡る際,暴風雨にあい,その時,同行した妃の弟橘媛(おとたちばなひめ)が海中に身を投じ,海神も怒りを鎮め,その妃の袖が当地方の海岸に流れついたという伝説からつけられたという。また,当地の海岸が羽を拡げた蝶の形をし ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事