難読地名・珍しい地名の由来

地名は貴重な無形の文化遺産,由来や発生の背景を知ろう

全体表示

[ リスト ]

流山市
かつて「ながるやま」とも称したという。地名は,地内にある独立丘(標高15m,周囲約350m)が,上州(現・群馬県)赤城山から洪水によって流されてきたという伝承に由来するといわれる。藩政村。明治22年町制。1967年(昭和42)1月1日市制。流山6丁目には上州赤城山の二の宮の赤城神社の分霊を祀る,通称赤城山と呼ばれる赤城神社がある。

市野谷 いちのや
市の中央部。江戸川中流左岸,下総台地の地辺部に位置し,台地と少数の谷がある。藩政村。かつては一乃野,市の谷とも書いた。地名は慶長期(1596〜1614)の頃,馬の鑑定の名人といわれた市野惣太夫の管理する牧があったことにちなむとも,真言宗円東寺,あるいは,天神社付近に市がたったことによるともいわれる。当地の中央を「つくばエクスプレス(TX)」が走る。市野谷市民農園。

大畔 おおぐろ
大黒とも書いた。市の中央部やや西寄り。江戸川中流左岸の台地上に位置。戦国期には大黒と見える。藩政村。畔は小高い地形の意といわれるが,南方のスンダ語などの「囲い,囲う」の意もあり,日本語のクルムなどと関係があるともいわれる。縄文・古墳時代の住居跡の大畔台遺跡がある。

思井 おもい
市の南部。江戸川中流左岸に位置。藩政村。地名の由来は「オモムロ」の「オモ」が語源で,穏やかな地形,あるいはゆるやかな川によるのではないかともいう。通称「鷹の見」と呼ばれる台地からは,県内でも数少ない,古墳時代の「はそう(胴部に小孔をうがった坩堝形の土器)」が発見されている。旧家伊原家には,明応7年(1498)4月14日の年紀をもつ板碑が保存されている。

加 か
市の南部,西寄り,江戸川中流左岸に位置。加村は室町時代から見える村名。藩政村。江戸川沿いには川岸場があり,船問屋や舟運業者がいた。1889年(明治22)加村,流山村,木村など6ヵ村が合併し,流山町大字加となり,全国でも極めて珍しい一音地名の出現となる。地名の起源には諸説がある。
 仝鼎は桑原郷に属していたので,クハハラが桑村になり,加村となった。
◆.ハのクは古語の「クユ,崩れ,潰」の語幹で,ハは端で,崩れた端を意味し,崩壊地を示す。
 川(かわ)の転訛説。
ぁ〜ゲ戮寮儿澆靴鵬戮魏佑靴燭海箸僕獲茵

木 き
市の南端。江戸川中流左岸に位置する一字地名。地名の由来には3説があるという。旧村名は木村で藩政村。1889年(明治22)木村,流山村,加村など6ヵ村が合併し,流山町大字木となる。
地名の起源には諸説がある。
々掌融代,紀州から来た人々が出生地 の「紀」を「木」と変えた。
江戸川の「キワ」の村であることから, 短縮して「木村」となった。
L畋舎燭開拓した。
県内の同名の地名に白井市木がある。

北 きた
市の北部,西寄り,江戸川中流左岸に位置。上野牧の一部を開発したもの。藩政村。地名は親村(小屋)の北側に位置することによるという。1968年(昭和43)一部が西初石1丁目となる。県内には「中」という地名は,ほかに印旛郡栄町北がある。

小屋 こや
市の中央部西端,江戸川中流左岸の台地上に位置。地名は根小屋に由来するとも,荒谷から起こったともいわれる。鎮守の香取神社には応安2年(1369)の板碑が確認されている。藩政村。1968年(昭和43)一部が西初石2丁目となる。

十太夫 じゅうだゆう
市の中央部,東寄り,江戸川中流左岸に位置。かつての藩政村名は十太夫新田村。地名は新田開発者名にちなむという。1971年(昭和46)から大字十太夫。史跡にオランダ観音(オランダ馬の秘話の碑)がある。上野牧の遺跡である野馬土手が残存している。


中 なか
市の南部やや西寄り。江戸川中流左岸,同川支流坂川上流右岸に位置。大部分が台地。藩政村名は中村。明治22年以降,村がとれて大字中となる。西側を「つくばエクスプレス(TX)」が通る。県内には「中」という地名は,流山市のほかに,市原市中,白井市中,富津市中,南房総市中(旧・三芳村),印旛郡本埜村中など,都合6箇所ある。

名都借 なづかり
名都狩とも書いた。市の南東部。江戸川中流左岸,支流坂川上流右岸の台地上に位置する。室町期・戦国期には名都狩と見える。藩政村。「ナズ」は「ナズキタ」(水に使っている田)の意,「カリ」は「カリ」に通じ,切り取られたような崖を意味し,「泥田」や「崖地」を有する地形からきた地名といわれる。また,かつて「名都狩」とも書かれたことから,「狩場への入口」あるいは「主君の狩場口」を意味するともいわれる。中世の名都借城址がある。当地の南方を常磐線に平行して水戸街道(国道6号線)が通る。

平方 ひらかた,平方村新田
市の北部西端。江戸川中流左岸,下総台地西端部に位置。藩政村。平方村新田は平方村が享保年間に開いた新田。平方のヒラは平らの意だけではなく,傾斜地や崖にも使われ,江戸川に向かって傾斜した台地の肩の意ともいう。“ヒラカタ”と読む地名には,江戸川対岸にある埼玉県吉川市平方新田,滋賀県長浜市平方町などがある。

鰭ヶ崎 ひれがさき
市の南部,江戸川中流左岸の台地上に位置。室町期には“ヒレカサキ”と見える。藩政村(鰭ヶ崎村)。地名は弘法大師伝説の神竜が残した“ひれ”に由来するとも,台地の地形が魚の背びれに似ていることによるとも伝えられている。弘法大師の創建と伝えられる市内屈指の巨刹東福寺(真言宗)がある。雷神社の鰭ヶ崎おびしゃ行事は無形文化財となっている。
鰭ヶ崎駅(総武流山電鉄),鰭ヶ崎小学校,鰭ヶ崎郵便局

古間木 ふるまぎ
市の南部中央,江戸川中流左岸に位置。藩政村。古牧の転訛ともいわれる。県道柏流山線の北側は樹木が多い地域で,旧家吉野家には長屋門が残る。

前ケ崎 まえがさき
市の東寄り南端。江戸川中流左岸,支流坂川上流右岸の舌状台地上に位置。戦国期には,“マヱカサキ”と見える。藩政村(前ケ崎村)。台地の先端部に小金城主高城氏の前ケ崎城跡がある。前ケ崎宝蔵院。

美田 みた 
市の中央部,西寄りに位置。1972年(昭和47)谷津を埋め立てて造成された住宅地。
もとは十太夫新田・駒木新田・駒木の各一部。

南 みなみ
市の中央部,西寄り,江戸川中流左岸に位置し,室町時代から見える藩政村。地名は親村である小屋の南側に位置することによるという。1968年(昭和43)一部が西初石2〜3丁目・若葉台となる。

閉じる コメント(1)

勉強させいただいております。よろしくお願いします!TB!

2011/3/26(土) 午前 9:04 甚七 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事