いろいろ 日記

2014年もよろしくお願いします

全体表示

[ リスト ]

■はじめに http://feed.minpos.com/logo/minposlogo.php?get=8014-225-001


このレビューは、WillVii株式会社が運営する、
国内最大級家電・ゲームレビューサイトみんぽすから
商品を無償でお借りして掲載しています。
本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。
レビューの内容につきましては、みんぽすやメーカーからの関与なく
完全に中立な立場で書いています。
(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います) 
商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら


本日4/26(日)は、みんぽすのモノフェローズセミナーに参加してきました。

今回の商品は、Nikonさんのデジタル一眼レフの新商品「D5000」です。


実は昨日4/25(土)、雨の中新宿までヤボ用で出かけたのですが、ついでにNikon新宿センターに

寄って来ました。

D700の調子をみてもらおうと思ったのですが、ブロアーで取れないごみがファインダーに

入り込んでしまっているとのこと。ついでに、ローパスフィルターを清掃してもらいました。

(保証期間内なので無料)

D5000が展示してあったので触ってきたので、今日のセミナーは実質2回目の「おさわり」です^^


都内某レストランのパーティールームを使ってのセミナー。

なんと開始時間を勘違いしてしまい、25分も遅刻してしまいました。失礼しました・・・


セミナー参加者は私を含め9人、男性のみ。

Nikonさんからは、

D5000プロダクトチームリーダーの山本さん(であってますでしょうか?遅刻したので・・・)、

注:4/27 21:20PM修正

お名前を間違えました。山本さんでなく、正しくは田澤さんでした。
 
  みんぽすを通じ、Nikonさんから連絡があったのでしょう。

  みんぽす主催の「Willvii」から指摘がありましたので修正いたします。

  ご迷惑をおかけしました。

  

商品企画の渡辺さん、技術系の大貫さん、そして販売系のかたやサポートの方、

7人近くの社員さんが参加するという意気込み。

注:4/28 22:50PM修正

  またNikonさんの社員の方のお名前や所属を間違えました。

  正しくは、「メカ系の渡部さん、エレキ系の大貫さん」です。

  特に渡部さんは漢字も間違えました。すいませんでした。
 
  みんぽす主催の「Willvii」から指摘がありましたので修正いたします。



今回のD5000は、発売が5/1と先の為、いつものような商品貸し出しはありませんでした。

前回のCASIOさんのセミナーの後、モノフェローズ側から「商品を貸し出して欲しい」旨、

みんぽすさんサイドにお願いをしたのですが、発売前の商品の「個人」への貸し出しは難しいようです。

私としては、発売日以降で構わないので貸してもらえれば、撮影会に持参したり

カメラ仲間に試しててもらえたり出来たので、この点がとても残念です。

私はD700にシグマ50mmF1.4(他社製レンズとは大胆)・オリンパスE-620(これも大胆^^)を

持参しました。バリアングルライブビュー対決ってところでしょうか?

セミナー中もE-620でメインに撮影しました、Nikonさんごめんなさい。


着席すると、D5000が各自一台ずつ置かれていました。(シリアル番号なしのサンプル品)

なおレンズは、各々違うものが装着されているようでした。

◇1枚目
イメージ 1

私のD5000には、5/1に同時発売になる「AF-S DX NIKKOR 10-24mmF3.5-4.5G ED」が装着されていました。

またカタログと一緒にお持ち帰り用紙袋の中に、新品のSanDisk製SDHCカードが一枚入っていました。

機材の貸し出しがないかわり、SanDiskさんのご好意だったようです。

でも、Extreme掘30MB/sの8G・・・太っ腹です。アリガトウ!!

<注>

帰宅してCapture NX2で撮った写真をみたら、カメラもレンズもちゃんと型番認識して表示されました。


さて、セミナーの開始。(遅刻したので始まっていたのですが)

コの字型に座ってプロジェクターを使った説明聞く、いつものスタイル。

Nikonさんから、Nikonの企業姿勢や取り組みのお話。

このあたりは、他のモノフェローズの方もアップされるでしょうから、私は後回しにします^^

一点だけ!
◇2枚目
イメージ 2

プロジェクターを使って説明してくださった、プロジェクトリーダーの山本さん。

注:4/27 21:20PM修正、山本さんではなく、田澤さんでした。失礼しました。


「D5000の中身は、実はD90?!」

そのとおりです。

D3の技術がD700へ、D300の技術がD90へ、惜しみもなくワングレード下の機種に織り込まれて

いるように、D90の技術が惜しみなく注ぎこまれているカメラです。


一通りNikonさんサイドから説明があったあと、質問タイムがあったので、

2つ質問してきました!


その1 Q:なぜD5000という、4桁番号にしたのか?

    A:「バリアンブルを初採用したり、新しい試みの商品なので、番号体系を一新した」そうです。

     5000 なのは、上にも下にも行けるように、と、すこし笑いを取った説明でしたが、

     今後のエントリー機は4桁台で行くようです。

その2 Q:何故3月のPIE2009では全く商品に触れず、今の発売なのか?

    A:「PIEは国内のカメラショーの意味合いが大きく、全世界マーケティングから

     この時期になった」そうです。

     こちらは、まあ、大人の事情がかなりあるようです。

    いずれも、あまり応えたくない質問をしてしまったようで、Nikonさんサイドは苦笑いでした

   (すいません)


D5000,すごく良いです。

サブ機としても、本来のエントリー機としても、とても楽しめると思います。

特に報道やカタログであまり語られていない機能に、「すごい!」と感じました。

というか、他機能過ぎて多くを語れないのでしょうね。


やっとホームグランドのセミナー参加だったので、何回かに分けてレポートしたいと思います。

その,呂海諒佞如亜

◇3枚目
イメージ 3


私の愛機D700と一緒に。D5000はすんごく、軽いです。

この記事に

閉じる コメント(2)

10-24ですかぁ、貸し出しで無いとすると、これくらいの焦点距離でないと辛そうですものね。Nikon側もそこいらへん、よくわかっていますね。

しかし、Extreme靴8Gがプレゼントとは太っ腹すぎますよぉ。僕は4GBが一番大きなカードです (^_^;。

これからの記事が楽しみです。

2009/4/26(日) 午後 7:16 製剤屋 返信する

顔アイコン

>製剤屋さん、キットレンズが何なのか調べていかなかったので^^
はじめは安いレンズかと思っていました。

上海問屋でしらべたら、この8G・・・6,399円もするんですね。
私今、SDカード使うのGR-D兇靴ないんです・・・

2009/4/26(日) 午後 9:26 20160309 D 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事