昔の大工

すべて表示

折置で重ホゾ、渡り。

イメージ 1

まともに荷重のかかるところは、「渡り」を採用してる。
角材でなければ「渡り」の刻みは難しい。
だからプレカットには採用されないのだろう。

先日、京都のとある古民家(大正期)の調査を依頼され
出向いた。

施主が自慢する建具や天井板、縁側の板は見事だった。
ただ小屋組は、平凡な造りで、ただ材が大きいだけ。
大相撲でいえば、曙関の様だった。

ただ古ければいいような、風潮は確かにある。
昔だって、出来の悪い大工は居たし
その比率は今ほどでは無いにせよ高かったろう。

手放しで古民家を売る業者も、買う客も、双方に
建築に軸足を置けと、怒りたくなる。

写真は先日来、アップし続けてる網代組の家の納まり

「構造」に「意匠」はついてくる。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事