ピンクフラミンゴ

カメラを止めるな!観てきました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全128ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

滑稽で美しい朝

守るべき妻子も無いし
貯金も無いけれど
死にたくも無いし

この記事に

開く コメント(0)

天国にいちばん遠い島

生きていれば必ずイイ事があるって?





もう、待ちくたびれたんだけど(笑

この記事に

開く コメント(0)

救済、ときどき殺人

死んだ後、天国や地獄のような場所があると仮定して、生まれ変わるとするとしましょう。自分自身は無宗教ですけれど、仏教の考え方では輪廻転生という概念があります。前にも触れた事あるような気もしますが、死んだ後生まれ変わる世界は天国と地獄の二つだけではありません。天界道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道と分かれていて生まれ変わるそうです。これは六道と呼ばれています。で、生まれ変わる際に良い事すると天国へ行けるということになるんだけれども、つまり生前に良いおこないをたくさんして功徳[くどく]を積むという考え方です。生きている間に良い事をすればするほど上の世界に生まれ変わる事ができます。現在わたしたちの世界は人間道に属しています。それよりも、もっと上の苦しみのない快適な世界に生まれ変わりたいと願うのであれば、来世に向けて、この今ある現実の世界、人間道でたくさん良い事をしておけば死んだ後、より高い次元の世界で生活が出来ることになります。ようするにポイント制みたいな所があってポイントを多く獲得してポイントを貯めれば貯めるほどいい世界へ生まれ変われるし、逆に悪い事をすれば減点されます。減点されればされるほど死んだ後にもっとひどい報いを受けることになります。ウィキペディアによると人間道も決して良い場所ではなく四苦八苦悩まされる世界であるとされています。たしかに生きづらい世の中だと痛感しています。
で、ここから本題に入りますが、何か悪い事を企てる人、悪い事をしようとする人がいたとします。なんでもいいですが、人の持ち物を盗もうする人がいたします。ここではコンビニで万引きをしようとした人がいたとしましょう。その人物を仮にAとします。Aにそんな悪い事をすれば生まれ変わった時、人間道より下の世界へ生まれ変わることになるからと説明して諭すわけですがAは聞く耳を持たず実行しようとします。この場合どうすればAを止める事ができるのでしょうか?答えはこのAを殺してしまえばいいわけです。包丁でAの首を刺して、万引きを阻止して、メデタシメデタシとなります。なにが、おめでたいのかというと、このAは悪行を積もうとしたわけだから持っているポイントが減ります。そしてそういうことを積み重ねるともっと悪い世界へ落ちていきます。Aが悪い世界へ行ってしまったらトータルでこのAのデメリットになります。だから直ちにこのAの人生を終了させてあげたわけです。そうするとどうなるのかというと、さっきも言ったように悪行をするとポイントが減ってしまいます。それを止めたわけだから減点されずに、次に生まれ変わる時に人間道や天界道、つまり、いい世界へ生まれることができる可能性があります。そのまま悪い事を続けて地獄道へ落ちていくのを見過ごす事が出来ないという考え方です。じゃあ、Aを殺したわたしはいかがなものかというと、人を殺したわけだから日本の法律によって警察に逮捕され懲罰を受けることになるでしょう、ですがそんな事は問題でありません。なぜなら、ひとりの人間をより高い世界の次元に導くことがわたしのおかげでできたわけですから。もちろん今の人間の世界、人間界では罪を受けることになり犯罪者、悪人ということになりますが、もっと輪廻転生の流れを考えればわたしのやったことは間違いなく正しい事になります。まず悪行という行為自体を止めさせたによってコンビニを守ったことになるし、また、やろうとしたその人、Aを救ったにもなって二重の意味でいい功徳を積んだことになります。さらに、わたしのポイントも加算され、カルマと呼ばれてますが、良いカルマを積んでわたし自身も天界道とかそういったより高い世界に生まれ変われるに違いないというわけです。そうするとわたしは良い行いをして将来高い世界に生まれ変わる事が出来るし、Aも死んで高い世界へ生まれ変われるようになり、コンビニもまた、被害から救われることが出来たという事になり、みんながみんなハッピーになることができて、こんなに素晴らしい事はない!!!という結果になります。


で、こういう考え方は何かというと「ポア」言います。今、そこにいる人をより高い世界へ導いてあげる行為をポアすると言うようです。ある年代以上のみなんさんなら聞いた事がある言葉だと思いますが、ある宗教団体が使っていたアレはこういう事だったのです。
つまり、より良い世界へ導いてあげるのだから、ポアは良い事なんだ、人を殺す事は良い事なんだ、という論理です。

この記事に

開く コメント(6)

実家に帰省したので今回は18歳まで過ごした地元の風景の紹介です。





イメージ 19
■静岡駅北口の風景、元日の17時頃。地面がウッドデッキ仕様です。
イメージ 1
■駅前にいつのまにできたのかSUBWAYがありました。横には世界で2番目においしいメロンパンの移動販売車が止まってました。
イメージ 2
■静岡駅コンコースです。改装したのか?キレイになった気がする。
イメージ 3
■駅構内のASTEYに一風堂もありました。いつから?って感じです。
イメージ 4
■ルイ・ヴィトンです。一応、静岡にもあります。
イメージ 5
■紺屋町のパルコ前です。(パルコ内にロフトも入っています、名古屋みたいに単体で建てて欲しい所です)手前は地下街へ降りる階段があります。
イメージ 6
■駿河屋、静岡本店です。本社は静岡にあったんですね、実店舗が出来たとネットニュースで知りました。本をよく買うのでネット通販で何度かお世話になってます。間口が狭いですが3階まであって中はけっこう広いです。
イメージ 7
■伝馬町です。マルイ、モディ、東急スクエア(名古屋にはひとつもありませんが東京の方はわかるとおもいます)の立ち並ぶ一角ですが、元日で営業してませんでした。人もいません。普段なら若者が多い場所です。
イメージ 8
■新静岡セノバ(地元のデパートで東急ハンズが入ってます、一応、私鉄になります)へ抜ける小道。こちらは営業していて人通りがありました。
イメージ 9
■新静岡セノバを抜けて、静岡の代官山と言うふれこみの鷹匠地区(かつて家康に仕えた鷹狩りをする人たちが多く居住した場所のようです。駿府城跡が300m先にあります。)おしゃれなカフェや美容室、雑貨屋さんなどが10件ほど集まっています。
イメージ 10
■両替町です。歩いているうちに日が落ちました。両替町のドンキホーテ(都心タイプ)です。
イメージ 11
■こちらも両替町で、シダックスです。これも高校生の頃はなかったです。
イメージ 12
■美味そうな宇都宮餃子のお店がありました。
イメージ 13
■静岡を代表するメインストリートの呉服町です。(照明があるので明るいですが完全に日没です)ところで猿カフェバーって何?猿がいるの?元日で営業してませんでした。
イメージ 14
■呉服町です。知らぬ間にLUSHが出来ていて、横にドトールも。どこの地方都市もそうなんだけどメインストリートは全国展開のチェーン店が軒を連ねていて、たいして面白くありません。ワンブロック離れた裏通りの方にオシャレなスポットが点在したりしてます。
イメージ 15
■旧市庁舎越しの月(スーパームーン)です。趣のある建築物です。
イメージ 16
■キルフェボン静岡本店です。若い女性たちが色めき立つフルーツタルトの店です。銀座ではなく静岡発祥なんです。営業はしてませんでしたが営業中は長蛇の列ができます。そして銀座という地名も実は静岡が発祥です。現在はその地名が残っていませんが、江戸後期に静岡の両替町あたりと銀座にだけに銭の製造が許されていたようです。
イメージ 17
■七間町です。伊勢丹も営業してませんでした。(写真はANNEXの方ですが本館も休みです)呉服町と並ぶ代表的なストリートの七間町も衰退してきて、さびしい通りになりつつあります。老人が多く静岡の発展も打ち止めの感じです。
イメージ 18
車で10分移動すると実家に到着です。こちらは完全に地元の風景です。家は交差点を曲がってすぐです。3年ほど前、近所にメガドンキ(郊外タイプ)が出来て驚きました。






以上、地元の風景の紹介でした。

この記事に

開く コメント(8)

全128ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事