何でも基礎科学の出のブログ

やはり、何をするにも、科学で捏ねることしか能がないのかもしれませんが…A^^;

おそらく、これが実際の現実なんだろうな…。 (2)

永久凍土の融解で莫大な量の二酸化炭素が放出されます。(参照:"Arctic thaw could prompt huge release of carbon dioxde" Anjail Nayar, / Nature, news.2009.513/27 May 2009 ) アラスカでの3年間の実験で、永久凍土の融解による二酸化炭素の収支が報告されました。 北極地方の永久凍土の融解によって大気中に放出される二酸化炭素は、今世紀までに年間10億トン(炭素換算)に増加するかもしれないことが、米国アラスカ州の実験区画で行われた調査でわかりました(see. Schuur,E. A. G. et al. Nature 459,556-559/2009)。 これまでの研究は、実験室で凍土を融解して二酸化炭素が放出される速すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

コペンハーゲン会議の行方

2009/11/26(木) 午後 8:24

国連気候変動会議を目前に控えて、Natureの10月22日号では、News と Opinion では、各国の折衝のカギとなる問題を論じています。 さて。気候関連条約ではどのようにして作られるのでしょう? --------------------------------------------------- ### 参考文献 ## ...すべて表示すべて表示

変わりつつあるエルニーニョ

2009/10/25(日) 午後 3:29

最近の数十年間に、明らかに従来とは異なる種類のエルニーニョが出現するようになりました。 「通常」のエルニーニョは東太平洋の異常な水温上昇を伴う気候現象で、洪水から干ばつに至るまで、さまざまな影響を他の地域の気候に及ぼします。 時には「エルニーニョもどき」と呼ばれることもあります。 これとは別の型のエルニーニョでは、暖水域が西へ移 ...すべて表示すべて表示

氷床の薄化を予測する

2009/10/23(金) 午後 7:46

グリーンランドと南極の氷河周縁からの質量損失は、海水準上昇に寄与していることが知られていますが、その正確な規模と機構はよくわかっておらず、将来の海水準にどの程度寄与するか予測することは困難です。 表面での質量損失が要因の1つであることは間違いはありません。 速く流れる氷河の氷の減少は「動的薄化」と呼ばれており、その原因を突き止めるのは難し ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事