何でも基礎科学の出のブログ

やはり、何をするにも、科学で捏ねることしか能がないのかもしれませんが…A^^;

全体表示

[ リスト ]

氷床の薄化を予測する

グリーンランドと南極の氷河周縁からの質量損失は、海水準上昇に寄与していることが知られていますが、その正確な規模と機構はよくわかっておらず、将来の海水準にどの程度寄与するか予測することは困難です。

表面での質量損失が要因の1つであることは間違いはありません。

速く流れる氷河の氷の減少は「動的薄化」と呼ばれており、その原因を突き止めるのは難しいことでした。

今回、高度を人工衛星で高解像度測定した結果、動的薄化はこれまで考えられてきたよりもずっと重要であり、特に海洋周縁部で広範に生じていることがわかりました(see "Extensive dynamic thinning on the margins of the Greenland and Antarctic ice sheets" H.D.Pritchard et al. British Antarctic Survey, nature 461,837-1018 15 october 2009 / Letter p.971)。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事